2017-10-23 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■実際のシーンがカメラにキャッチします10選

2017/09/18公開 11:51



スポンサーサイト
2017-10-15 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■これは本物? 実際のシーンがカメラにキャッチ!これが真実を信じてあえて 10

2017/10/05公開 11:31



2017-10-13 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■【ホラー動画】人が乗ってないバイクが道路を激走…なぜ?

 誰も乗ってないのに、走ってる!?

 フランスの首都パリ周辺の幹線道路にて先日、ライダーなしに走行する“無人バイク”とでも呼べる存在が目撃された。そのあまりの異様さに、海外の一部では「幽霊か?」といった声もでるほど。

 今回ご紹介するのは、問題のバイクに遭遇した目撃者が、現場で撮影した映像である。

2017/06/12公開 1:27



 結論を言うと、実際にこのバイクを操っていたのは幽霊ではない。

 実はこの映像が撮影された手前の場所で、車と二輪車の接触事故が発生していたのだ。

 その際、運転をしていた男性は道路に投げ出されたが、バイクはそのまま道路を“走り去って”しまったとのこと。

 今回目撃されたのは、そのバイクであると見られている。


2017-10-03 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■【動画】豪雨で水没中の駅に「弾丸列車」が突っ込んだ結果…

 9月20日ごろ、大都市ムンバイを中心に同国を“サイクロン”が襲った。この暴風の影響によって街は水浸しの状態に。

 ムンバイの駅『チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅』も、線路部分は完全に水没してしまうという被害を受けた。

 今回ご紹介する映像は、そんな水没中の線路脇に位置するプラットフォームから撮影されたものである。

2017/09/20公開 0:31


列車がやってきたと思ったら、減速ゼロでそのまま通過!

ここは停車駅ではなかった。

普段ならば別段おかしい話でもないのだが、今回はその進路上に水が溜まっていたのだから、トンデモないことになってしまった。

勢いも相まって、最早津波か鉄砲水といった感じである。

インドの列車は、どんな時も通常運行ということか・・・。


2017-10-01 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■らくのうマザーズCM らくのう牛乳 牛乳ビーム編

子供たちが持ったコップに、UFOから直接牛乳が注がれる!? おいしさ直送を表現しています。

熊本県酪農業協同組合連合会、通称「らくのうマザーズ」。
「らくのう牛乳 牛乳ビーム編」
2017/07/14公開 0:31


 海外で度々「WTF(何だこれ)」と話題になる日本のCM。本当に拾いきれないくらい頻繁に取り上げられるのですが、今回も、そんな「WTF」なCMからになります。

 現在海外ネットをざわつかせているコマーシャルを製作したのは、熊本県酪農業協同組合連合会、通称「らくのうマザーズ」。「らくのう牛乳 牛乳ビーム編」というタイトルからして、どこか普通ではない雰囲気がそこはかとなく漂っていますが、内容も案の定、掛け値無しに普通じゃないものになっています。

 投稿には、1日ちょっとで1万5000件以上のコメントが。寄せられた反応をまとめましたので、ごらんください。

◆コメント

・ゴクリ…。これがかの有名な日本のテレビCMか…。+1 オランダ
・突然俺の脳が目から送られた信号を拒絶した。+3 アメリカ
・日本はいつも奇抜なアイデアで世界に感銘を与えてくれるw +1 ブラジル
・もし日本という国が存在していなかったとしたら、この世界はどれだけ退屈なものだったか……。 +1062 国籍不明
・こんな恐ろしい映像を紹介するサイトにはもう二度と来ない。アメリカ
・日本は絶対に俺たちの期待を裏切らないよな。+2 オランダ
・どうして?????? あらゆる観点から考えても、これはおかしいわよ。オランダ
・何で変なCMの大部分は日本からやってくるんだ +301 ベトナム
・これもう、何かのプロパガンダだろ。ブラジル
・なっ? 日本が世界中から愛されてるわけだろ? アメリカ

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-09-27 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■あったかい、冬カナダ

2017/09/24公開 0:31


 カナダ観光局は今月20日から、冬のカナダの魅力を伝えるために、「あったかい、冬カナダキャンペーン」をスタートさせました。このキャンペーンは今後3年間にわたり継続されていく予定で、第一弾として、アニメ映画「君の名は」の制作スタッフによる、オリジナルの観光プロモーションアニメを配信

 冬の絶景、街歩き、自然アクティビティ、人々との触れ合いをテーマに、30秒の映像の中で、カナダ各地が紹介されています。

 このPR動画は現地メディアにも取り上げられ、大きな反響を呼んでいます。コメントも多く寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

 『君の名は。』を製作したコミックス・ウェーブ・フィルムがオリジナルアニメ動画を作成。 「冬の絶景」「街歩き」「自然アクティビティ」「人々との触れ合い」など、笑顔があふれ、人々の心を思わず温かくする、カナダの冬の素晴らしさを紹介。

◆ストーリー
 社会人5年目の宮城ユウヤは、落ち着いていて物静かだが、バックパッカー旅を好むなどアクティブな一面を持ち合わせている。彼女の香味サツキは、社会人2年目、ユウヤの大学の後輩。多忙な毎日を過ごしている。そんなサツキのリフレッシュのため、今回ユウヤは初めてサツキを誘って、お気に入りの国、カナダへ旅に出る。二人が冬のカナダで出会ったもの。それは、楽しくて、何もかも想像以上で、きれいで、あったかかった。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-08-31 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■Viral Video UK: Driving with no brakes

 ブレーキの壊れた車には乗らないでね

【おそロシア】渋滞の前を走っていたコンパクトカーが狂気だった
2017/08/16公開 1:12



2017-08-27 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■海外の反応 もしも日本が【消滅したら】外国人「日本がこの世から消えた瞬間、一気に・・・」

 これはおもしろい! メシウマしたくなった。
韓国人がよく言ってますよね~ 「日本がなくなればいい」、じゃあ「韓国がなくなれば」世界が気が付かないうちに消滅してくれると良いね!


2017/02/17公開 1:25



2017-08-04 00:00 | カテゴリ:動画TV映画
■中国企業が円谷プロに無断で“中華ウルトラマン”中国国内からさえ「権利侵害だ」

2017.8.3 産経ニュース

写真:中国企業が発表した3Dアニメ「奥特曼(ウルトラマン)」のポスター。中国の短文投稿サイト「微博」における同社公式アカウントから

中国・奥特曼(ウルトラマン)(200x280) 中国企業が、日本の特撮ヒーロー「ウルトラマン」を使ったアニメ作品を、生みの親である円谷(つぶらや)プロダクション(東京都渋谷区)に無断で製作すると発表。円谷が「法的措置を含む断固とした措置をとる」と抗議の声明を発表するなど騒ぎになっている。ウルトラマンは光の国から地球を守るためにやって来た設定だが、“中華ウルトラマン”は、どこから飛んできたのか。

◆警告したにもかかわらず

 この中国企業は「広州藍弧文化伝播有限公司」という映像製作会社で、7月10日に北京で「鋼鐵飛龍之再見奥特曼」という3Dアニメを製作すると発表した。

 ご丁寧にもと言うべきか、7月10日は「ウルトラマンの日」。1966年の同日、「ウルトラマン」テレビ放送第一回(同年7月17日)まで1週間を記念したイベントが行われたのが由来だ。

 「奥特曼」は「ウルトラマン」の簡体字表記。「鋼鐵飛龍」は、「ドラゴンフォース」という既存の3Dアニメのことで、この新作にウルトラマンが客演するようだ。

 なお、「ドラゴンフォース」は、2013年に日本で劇場公開されている。当時中国・広州市を拠点にしていた日本人アニメ監督が総監督を務めた。同監督は7月17日に短文投稿サイト「ツイッター」に「僕が関与していないのは勿論の事、『鋼鉄飛龍』の制作会社、スタッフとも全く関係ありません」と、こんどの中華ウルトラマンおよび「ドラゴンフォース」への関与は否定している。

 関係者によると、円谷プロは昨年から中国側のこの動きを把握。警告書を送るなどしてきた。

 しかし、中国側は、これを無視し、「ウルトラマンの日」にぶつけて製作発表を行った。

 寝耳に水の円谷プロは7月19日に大岡新一社長名義で「中国におけるウルトラマンキャラクターを利用した無許諾映像作品の製作発表について」と題した抗議声明を発表した。

 大岡社長は、「発表会及び映像におけるウルトラマンキャラクターの利用方法、態様等は、ウルトラマンブランドを著しく毀損(きそん)し、断固として非難すべきものであり、到底認められるものではありません」と非難。「本件発表を行った中国企業、および本件映像製作に関与している者に対し法的措置を含む断固とした措置をとってまいる所存です」としている。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-07-13 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■【衝撃】トラックの不思議。大型トレーラーのタイヤが浮いている理由が効率的すぎる。

2017/07/07公開 5:52