-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-11-22 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■赤ちゃん泣き止ませ装置

2013/05/19公開 4:30



スポンサーサイト
2017-11-19 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■ジブリに嫉妬? ディズニーが海外へ日本アニメを広めない理由

2017.08.19 MAG2NEWS

ジブリ宮崎アニメ(470x290)

 海外で人気があると言われている日本のアニメ。「ジャパニメーション」という呼び名も浸透しつつありますが、世界的プログラマーの中島聡さんは自身のメルマガ『週刊 Life is beautiful』で、「ディズニーが宮崎アニメの独占的な配信権を持ちながら本気で売り出さないのは、ディズニーやピクサーを超えて欲しくないから」と推察。さらに、Netflixが今後日本のアニメの立場を大きく変える可能性についても指摘しています。

◆私の目に止まった記事

● Netflixは日本のアニメをどう変えるのか?作品とクリエイターのグローバル化の行方

 2015年に日本に上陸した Netflix は、当初から日本のアニメのグローバル配信に興味を示していましたが、今年の8月の「Netflix アニメスレート2017」というイベントで、数多くのオリジナルタイトルを一気に発表した、という報道です。

 日本のアニメは、ドラゴンボールやアキラを筆頭に海外に根強いファンを持ちますが、ディズニー・アニメなどとと比べると売上で一桁以上の違いがありました。

 例えば、ディズニーの Frozen の総売上は $1.2 billion ですが、千と千尋の神隠しは $0.25 billion です。どちらも米国での配信はウォルト・ディズニー社が行ないましたが、公開日の上映スクリーンの数に圧倒的な差があり、その段階で勝負は付いていた、とも言えます。

 ディズニーが宮崎アニメの配信の米国における独占的な配信の権利を持ちながらも、本気で売り出さないのは、ディズニーやピクサーのオリジナルコンテンツ以上に成功して欲しくないからであり、あえて「飼い殺し」にしていると私は解釈しています。Toy Story のピクサーに関して、映画配信で育てた後に高い値段で買収することになりましたが、その失敗を繰り返したくない、というのもあったと思います。

◆Netflixは日本アニメの宝庫になる?

 その意味では、今回の Netflix のケースは非常に魅力的です。製作は、日本の制作委員会が行ない、Netflix がグローバルな配信権利を購入してオリジナル・コンテンツとして配信するという、なかなか良いディール(=座組み、契約形態)のように思えます。

 Netflix 自身は映画製作はしない会社だし、Netflix としては日本のアニメを使って世界中のアニメファンを Netflix の会員にすることを狙っているので、ディズニーのように飼い殺しにすることはありません。

 たまたまタイミングが重なりましたが、ディズニーが2019年からは Netflix へのコンテンツの提供を辞め、独自の配信サービスを行うと宣言したことも、追い風になると思います。

◆『週刊 Life is beautiful』著者/中島聡(ブロガー/起業家/ソフトウェア・エンジニア)
マイクロソフト本社勤務後、ソフトウェアベンチャーUIEvolution Inc.を米国シアトルで起業。IT業界から日本の原発問題まで、感情論を排した冷静な筆致で綴られるメルマガは必読。

引用:MAG2NEWS


2017-11-07 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■東芝が「サザエさん」を降板 CM提供48年、来年3月末にも

2017.11.1 産経ニュース

サザエさん一家(470x312)

 東芝が国民的アニメ「サザエさん」の番組スポンサーを降板する方向で調整に入ったことが31日、分かった。昭和44年10月の放送開始から約48年間CMを提供してきたが、綱渡りが続く経営状況から合理化が避けられないと判断し広告大手の電通に申し入れた。

 サザエさんは日曜夜に家族がそろって視聴する人気番組で宣伝効果は大きい。後継のスポンサーが見つかれば、平成30年3月末にも切り替わる可能性がある。

 サザエさんへのCM提供は、もともと冷蔵庫や洗濯機といった東芝ブランドの家電製品をお茶の間に広く浸透させるのが狙いだったが、27年に不正会計問題が発覚し、白物家電事業は経営再建の一環で中国企業に売却。スポンサーを続ける意味合いが薄れていた。

 東芝は米原発事業の巨額損失で負債が資産を上回る債務超過に陥っており、半導体子会社を米ファンドが率いる企業連合に売却し債務超過を解消する計画だ。ただ売却完了が30年3月末に間に合わなければ、2年連続の債務超過となり、東京証券取引所のルールで上場が廃止される。

引用:産経ニュース


2017-10-29 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■『わろてんか』のモデルたち、実際にあったホンマにおもろい話 ドラマが10倍面白くなる

2017/10/28 週刊現代

朝ドラ「わろてんか」(470x354)

◆放蕩夫と結婚

 NHK朝ドラ『わろてんか』が絶好調だ。10月4日の第3話で視聴率22.3%を記録。第1週はヒロインを子役が演じたが、いよいよ主要キャストが出揃った。

 ヒロインは若手女優・葵わかなが演じる、京都の老舗薬種問屋の長女・藤岡てん。相手役は、大阪の米問屋の長男でありながら芸人に憧れる北村藤吉(松坂桃李)である。やがて結婚し、寄席を経営するこの二人を軸に物語は進んでいく。

 このヒロインは、吉本興業の創業者・吉本せいがモデルである。

 せいの人生はまさしく波乱万丈だった。劇中、てんは3人兄妹の長女だが、実際のせいの生家は大阪の米穀商で、1889年(明治22年)に12人兄弟の三女として生まれる。

 弟や妹たちの世話に追われる日々のなかでも、学問が好きで成績優秀だったと言われる。だが、進学の希望は叶わず、尋常小学校を卒業すると、大阪・船場の商家に奉公に出された。そして、18歳のときに、大阪の荒物問屋の次男・吉本泰三の妻となる。泰三は当時21歳。彼が、松坂桃李が演じる藤吉のモデルである。

 せいは子だくさんだった。彼女自身は後年のインタビューで「20歳から33歳までに10人の子を産んだ」と語っているが、戸籍上では8人の子どもをもうけたとされる。だが、そのうち4人が成人する前に夭逝している。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-10-23 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■実際のシーンがカメラにキャッチします10選

2017/09/18公開 11:51



2017-10-15 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■これは本物? 実際のシーンがカメラにキャッチ!これが真実を信じてあえて 10

2017/10/05公開 11:31



2017-10-13 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■【ホラー動画】人が乗ってないバイクが道路を激走…なぜ?

 誰も乗ってないのに、走ってる!?

 フランスの首都パリ周辺の幹線道路にて先日、ライダーなしに走行する“無人バイク”とでも呼べる存在が目撃された。そのあまりの異様さに、海外の一部では「幽霊か?」といった声もでるほど。

 今回ご紹介するのは、問題のバイクに遭遇した目撃者が、現場で撮影した映像である。

2017/06/12公開 1:27



 結論を言うと、実際にこのバイクを操っていたのは幽霊ではない。

 実はこの映像が撮影された手前の場所で、車と二輪車の接触事故が発生していたのだ。

 その際、運転をしていた男性は道路に投げ出されたが、バイクはそのまま道路を“走り去って”しまったとのこと。

 今回目撃されたのは、そのバイクであると見られている。


2017-10-03 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■【動画】豪雨で水没中の駅に「弾丸列車」が突っ込んだ結果…

 9月20日ごろ、大都市ムンバイを中心に同国を“サイクロン”が襲った。この暴風の影響によって街は水浸しの状態に。

 ムンバイの駅『チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅』も、線路部分は完全に水没してしまうという被害を受けた。

 今回ご紹介する映像は、そんな水没中の線路脇に位置するプラットフォームから撮影されたものである。

2017/09/20公開 0:31


列車がやってきたと思ったら、減速ゼロでそのまま通過!

ここは停車駅ではなかった。

普段ならば別段おかしい話でもないのだが、今回はその進路上に水が溜まっていたのだから、トンデモないことになってしまった。

勢いも相まって、最早津波か鉄砲水といった感じである。

インドの列車は、どんな時も通常運行ということか・・・。


2017-10-01 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■らくのうマザーズCM らくのう牛乳 牛乳ビーム編

子供たちが持ったコップに、UFOから直接牛乳が注がれる!? おいしさ直送を表現しています。

熊本県酪農業協同組合連合会、通称「らくのうマザーズ」。
「らくのう牛乳 牛乳ビーム編」
2017/07/14公開 0:31


 海外で度々「WTF(何だこれ)」と話題になる日本のCM。本当に拾いきれないくらい頻繁に取り上げられるのですが、今回も、そんな「WTF」なCMからになります。

 現在海外ネットをざわつかせているコマーシャルを製作したのは、熊本県酪農業協同組合連合会、通称「らくのうマザーズ」。「らくのう牛乳 牛乳ビーム編」というタイトルからして、どこか普通ではない雰囲気がそこはかとなく漂っていますが、内容も案の定、掛け値無しに普通じゃないものになっています。

 投稿には、1日ちょっとで1万5000件以上のコメントが。寄せられた反応をまとめましたので、ごらんください。

◆コメント

・ゴクリ…。これがかの有名な日本のテレビCMか…。+1 オランダ
・突然俺の脳が目から送られた信号を拒絶した。+3 アメリカ
・日本はいつも奇抜なアイデアで世界に感銘を与えてくれるw +1 ブラジル
・もし日本という国が存在していなかったとしたら、この世界はどれだけ退屈なものだったか……。 +1062 国籍不明
・こんな恐ろしい映像を紹介するサイトにはもう二度と来ない。アメリカ
・日本は絶対に俺たちの期待を裏切らないよな。+2 オランダ
・どうして?????? あらゆる観点から考えても、これはおかしいわよ。オランダ
・何で変なCMの大部分は日本からやってくるんだ +301 ベトナム
・これもう、何かのプロパガンダだろ。ブラジル
・なっ? 日本が世界中から愛されてるわけだろ? アメリカ

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-09-27 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■あったかい、冬カナダ

2017/09/24公開 0:31


 カナダ観光局は今月20日から、冬のカナダの魅力を伝えるために、「あったかい、冬カナダキャンペーン」をスタートさせました。このキャンペーンは今後3年間にわたり継続されていく予定で、第一弾として、アニメ映画「君の名は」の制作スタッフによる、オリジナルの観光プロモーションアニメを配信

 冬の絶景、街歩き、自然アクティビティ、人々との触れ合いをテーマに、30秒の映像の中で、カナダ各地が紹介されています。

 このPR動画は現地メディアにも取り上げられ、大きな反響を呼んでいます。コメントも多く寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

 『君の名は。』を製作したコミックス・ウェーブ・フィルムがオリジナルアニメ動画を作成。 「冬の絶景」「街歩き」「自然アクティビティ」「人々との触れ合い」など、笑顔があふれ、人々の心を思わず温かくする、カナダの冬の素晴らしさを紹介。

◆ストーリー
 社会人5年目の宮城ユウヤは、落ち着いていて物静かだが、バックパッカー旅を好むなどアクティブな一面を持ち合わせている。彼女の香味サツキは、社会人2年目、ユウヤの大学の後輩。多忙な毎日を過ごしている。そんなサツキのリフレッシュのため、今回ユウヤは初めてサツキを誘って、お気に入りの国、カナダへ旅に出る。二人が冬のカナダで出会ったもの。それは、楽しくて、何もかも想像以上で、きれいで、あったかかった。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。