-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-12-19 00:00 | カテゴリ:韓国
■「韓国は日米の信頼を失い、中国は韓国民の心を失った」

2017年12月18日 中央日報

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の今回の中国訪問は歴史にどのように記録されるだろうか。欠礼だらけの儀典と日程、核心が抜けた合意、中国警護員の韓国記者暴行まで。国賓訪問の外交現場とは信じられないようなことが立て続けに起こり、論争も収まる兆しが見えない。「中国学の開拓者」として50年以上にわたって中国を見つめてきた高麗(コリョ)大学の徐鎭英(ソ・ジニョン)名誉教授(75)は「文在寅政府は『戦争を防いだ』という成果を前に出すだろうが、日本と米国の信頼と韓国民の自尊心を失った」とし「中国も韓国を屈服させる姿を全世界に確認させたと同時に、韓国民の心を失った」と批判した。

--今回の会談は成功した会談なのか、失敗した会談なのか。

「文在寅政府は会談の準備過程から戦略的に中国にアプローチした。中国との戦略的協力強化を通じて韓半島(朝鮮半島)問題を解決するというメッセージを送りながらだ。いわゆる『3不』の立場〔THAAD(高高度ミサイル防衛)追加配備をしない、米国のMD(ミサイル防衛)体制に編入しない、韓日米軍事同盟に発展しない〕を中国と性急に公約し、文大統領は日本の安倍晋三首相と米国のドナルド・トランプ米大統領の面前で『日本は我々の同盟ではない』と言い放った。日米のインド太平洋戦略に対しても青瓦台(チョンワデ、大統領府)がわざわざ出て『編入の必要はない』と明らかにしたことが代表的だ。さらに一歩進んで、今回の首脳会談を通じて、韓日米の3国安保協力に立脚した20世紀の冷戦的東アジア秩序の代わりに、21世紀を中国と共に切り開いていくというメッセージを明確に出した」

--政府は「4大原則」(韓半島での戦争不可、非核化堅持、対話と交渉による北核問題の解決、南北関係改善の支持)合意を成果として前面に出しているが。

「戦争はダメだとして米国の対北朝鮮軍事オプションに反対したが、これは当事者である韓国政府と最も影響力のある利害当事者である中国が北朝鮮を圧迫できる強力なオプションを手放して自ら武装解除したものだ。『北朝鮮をどのように交渉の場に引き込むか』という核心事項も抜けた。北核を対応無策の状態にした」

徐教授は、文大統領の今回の訪中で最も大きな損失は「日本と米国の信頼を失った点」と述べた。「米国は、文在寅政府の今後4年間またはその後の韓国政府とどこまで安保協力をしていくべきか、北朝鮮問題を扱うにあたり、韓国政府が果たして助けになるのかどうか疑わざるを得ない状況だ。韓国が中国に傾斜したと批判してきた安倍晋三政権も、韓国が日米との価値を共有して協力するような国ではないことが確実になったと判断するだろう。今後、米国が韓国を排除して独自の北朝鮮措置を取ったり、決定的な瞬間に日米が韓国の味方についてくれなくなったりする可能性がある。20年前、外国為替危機の時が最も恐ろしい事例ではないか。その時は経済的破産だったが、今後は軍事・安保的破産を迎えることになるかもしれない」

徐教授は文大統領が南京大虐殺に3回も言及したことも問題に挙げた。

「文在寅政府は南京を媒介に中国と日本に対する歴史同盟を結ぶ方向にいくかもしれず、これを通じてTHAAD体系問題を迂回して戦略的協力を引き出すことができると考えているようだ。だが、これは日本をあきらめる危険な行為だ。中国のパワーが強くなるといっても、今後20年は日本や米国とも協力して生きていかなければならない。日本をそんなに追い詰めて何を得ようというのか。日本を追い詰めたからと言って中国から何かを得ただろうか」

--初日の日程から論争が起きた。

「南京大虐殺80年記念日を知らずに日程を組んだとすれば無知な行為で、知っていて組んだとすれば日米との関係のどちらも打ちやって中国の懐に入ると決意したものだ。日程を、誰がどんなつもりでこのように組んだのか本当に気になる」

--韓国は年内の首脳会談を強く希望した。

「中国は初めから『まだ会談する準備ができていない』と誠意のない態度を示した。反面、韓国政府は平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)を通じて対中関係を復元し、北朝鮮の参加も引き出そうとした。『3不』を中国に譲ればTHAAD問題が解決でき、北朝鮮も平昌に引っ張ってきて、それによって南北関係が改善されれば文在寅政府の国際的地位も上昇するという一連の構想の中で年内に習近平国家主席に会おうとしたようだ。平昌の2年後には東京五輪、その2年後には北京冬季五輪が開かれる。韓日中に集まったオリンピック3つを通じて東アジアを平和と祝祭の場にできるという絵を描いて中国がこれに引き寄せられると考えたかもしれない。問題は中国を読み誤ったところにある。今回の首脳会談の儀典や日程などは最悪だったし、これによって韓国民の自尊心も傷つけられた」(中央SUNDAY第562号)

徐教授は韓国政府が戦略的観点からアプローチしたのとは違い、中国は力を土台とした目に見える国益を確保する現実主義的アプローチをしたと分析した。

--中国が得たものは何か。

「韓国が不名誉に甘んじながら『強大国・中国』に汲々(きゅうきゅう)としている姿を全世界に、特に米国に見せつけた。『それ見ろ。お前が大好きな韓国が私のところに来ている』と。強大国の政治で相手の貴重なカードの一つを、それも引っ張って奪い取ってくるのは大きな意味があることだ。

--中国はなぜ戦略的にアプローチしなかったのだろうか。

「中国の国内政治の側面があるとみている。習近平が絶対権力を握っていきつつあると言っても対外政策面では確実な業績がない。一帯一路(陸・海上シルクロード)政策などを推進はしているものの、米国・日本はもちろん、周辺国との関係も刺々しい。特に中国は北朝鮮に度重なる屈辱に遭っている。自国民に強大国の自負心と自尊心を持たせるために韓国というイシューを利用したのではないかと思う」

徐教授はそれと共に「文在寅政府が向こう20年、国際社会の大きな流れを読んで対応しようとする姿勢は間違っていないが、現実主義的な力と段階別の緻密(ちみつ)さもなく本音を国際社会にそのままさらけ出している」と批判した。教授は「戦略的目標と現実的外交政策の足並みが揃っていない。一歩一歩渡っていかなくては、激流に巻きこまれてしまうのは必至」としながら「強大国に囲まれた韓国の外交は『ブリッジング・ディプロマシー(BridgingDiplomacy)』でなければならない」と強調した。「橋梁外交・仲介外交という言葉が使割れているが、私は『不動産紹介所外交』とも言っている。家を売買する双方の信頼を得なければならない。言葉に気を付けながら、行動は慎重にして正直でなければならない」

徐教授は「現政権の臨機応変式外交と言動の不一致が国内外にあまりにも知られすぎた」とし「中国が今回の韓国政府の戦略的アプローチを受け入れないのも不信という側面がある」と解釈した。「思い切って言えば、韓国は米国の立場では裏切り者、中国の立場では日和見主義者に映る。このような形なら、決定的瞬間に強大国数カ国が韓国を排除して韓半島を料理する可能性もある」

--北核をどのように解決することができるだろうか。

「このまま行けば北朝鮮の核保有を黙認したり認めざるを得なくなる。核も持ち、強力な在来式武器も持つことになるだろう。『北東アジアのイスラエル』になる。中東におけるイスラエルのように、彼らが何をしてもどの国も何もできない。言いなりにならなければならない。韓国と日本の立場では自らの核武装を話さなければならなくなる。米国も、韓国と日本に対する核武装許容カードで中国を圧迫する、そういうゲームになっていくだろう」

--このオプションすら通じない場合は。

「韓日の核武装と北朝鮮への軍事的オプションを除けば、金正恩(キム・ジョンウン)レジームチェンジをテーブルに上げるだろう。ある日、ある方法で交替させられた北朝鮮の新たな指導者が核をあきらめたり、管理権を米中や国際社会に託したりする状況になるだろう。そうなるようにするには強力な北朝鮮への圧迫が必要だ。米中が協力しなければならない。最近、レックス・ティラーソン米国務長官が中国と急変事態について議論したと明らかにした点に注目しなければならない」

--韓国人記者暴行事件はどのように見るか。

「中国で外国人記者の暴行はよく起きている。英国BBCはもちろん、米国やドイツの記者たちも暴行を受けた。ただし、国賓訪問中にこのような事件が起きたのは次元の違う問題だ。今回の文大統領の中国訪問は、家の主人が忙しそうに外出しなければならないと言っているのに、訪ねてきて『大丈夫、待っているから』というやり方で日程が進められた。中国政府が意図したことではないと考えるが、中国が韓国を無視する全般的な情緒が暴行事件を通じて現れたものとみている。習近平がもてなすゲストなら到底起きるはずのないことだ」

徐教授は「文在寅政府は、市井のごろつきの股をくぐって屈辱に耐えた韓の武将・韓信や丙子胡乱(丙子の乱)の時の朝鮮の学者・崔鳴吉(チェ・ミョンキル)の心情、すなわち少しの屈辱は甘んじても韓半島の戦争を防いで韓半島の平和構築に向けて中国との戦略的協力枠組みを構築していくという考えで今回の会談に臨んだかもしれない」とし「このような情緒を基に誤った外交を継続していくのではないか懸念される」と話した。

「国内政治はこちらの道を進んでいて『こちらの道ではなかった』と思えばいつでも方向転換できるが、外交は試行錯誤ができる余地はない。いつも真剣勝負で臨まなければならないのが外交だ」(中央SUNDAY第562号)

◆徐鎭英=高麗(コリョ)大名誉教授兼社会科学院長。ワシントン州立大博士、韓中専門家共同研究委員会韓国側委員長。著書に『中国革命史』『21世紀中国外交政策:富強な中国と韓半島』など。

引用:中央日報


スポンサーサイト
2017-12-17 14:35 | カテゴリ:中国
■中国周辺諸国の「一帯一路」プロジェクトが次々中止

2017.12.16 NEWSポストセブン

 中国の習近平国家主席の肝いりで始まったユーラシア大陸全土や南シナ海、インド洋からアフリカ沿岸までを結ぶ巨大経済圏構想「一帯一路」プロジェクトで、パキスタンやネパール、ミャンマーといった親中国家で進められていたダムや道路などの大型建設計画が次々と工事中止に追い込まれていることが明らかになった。

 その総額は分かっているだけで760億ドル(9兆2800億円)にも達している。米国の海外向け放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が伝えた。

 パキスタンの水利電力省はインダス川上流のディアマーバシャダム建設計画で、中国が申し出ていた140億ドルの資金援助を断ることを決定したと発表した。

 この理由について、同省は「ディアマーバシャダム建設の資金援助と引き換えに、既存のダムを担保として、ディアマーバシャダムの所有権や運営、維持管理などの諸々の権利を中国に譲渡するとの融資条件が出されたためだ。この条件を受け入れれば、我が国の国益を著しく損なうことになる」とコメントしている。

 これに加えて、パキスタン側は中国側が560億ドルもの資金を投じて中パ間を鉄道や高速道路、光ファイバーやパイプラインで結ぶ「中国パキスタン経済回廊」の建設プロジェクトについても、高速道路建設現場の数カ所で工事が中断していることを明らかにしている。現段階では、原因は不明だが、中パ両国間で利害の対立が起きたもようだという。

 ネパールでも中国企業と合意した総建設費25億ドル規模で、発電量1200メガワットの水力発電所建設計画が中止に追い込まれていたという。中国側の「財務規則違反」などが原因で、ネパール政府は中国企業の代わりに国営ネパール電力公社(NEA)に委託し直している。

 ミャンマーでも中国主導で建設する同国北部の水力発電用巨大ダムの建設計画が現在、中断している。このプロジェクトは総事業費36億ドルで、発電電力の9割を中国に供給する計画だったことから、ミャンマーで批判が続出し、中断に追い込まれたという。

 これについて、VOAは経済専門家の話として、「一帯一路に参加した国々は当初、中国のよるインフラ建設投資に非常に積極的だったが、それらのプロジェクトが実は中国を利するものであることが分かり、失望に変わっていき、中断のやむなきに至ったようだ」と報じている。

引用:NEWSポストセブン


2017-12-17 00:00 | カテゴリ:北朝鮮
■朝鮮学校への補助金中止求める請願を採択 群馬県議会が閉会

2017.12.16 産経ニュース

 朝鮮学校への補助金中止は当たり前だよね!

 群馬県議会は15日、本会議を開き、11月補正予算案(11億7910万円)などが可決されたほか、群馬朝鮮初中級学校(前橋市)への補助金中止を求める請願などが採択され、閉会した。

 請願は、8日の総務企画常任委員会で採択され、この日の本会議では、採択への賛否について意見が出された。

 自民党の臂泰雄県議が、北朝鮮の核実験やミサイル発射に触れ、「多くの国が制裁を強化。地方自治体でも、北と関係を持つ者に融和策をとってはならない」と賛成した。

 これに対し、共産党の酒井宏明県議は反対討論で、「核開発やミサイルの発射は断じで許せないが、そうした問題と朝鮮学校への補助金支出を関連づけること自体、全くのお門違い」などと主張。

 リベラル群馬の黒沢孝行県議も「(学校は)県の交付条件をクリアするための方策について協議中と認識している。採択ではなく継続審査すべき」と述べた。

 その後行われた請願採決では、公明党やリベラル群馬、共産党が反対したが、自民党などの賛成多数で採択された。

引用:産経ニュース


2017-12-16 00:00 | カテゴリ:韓国
■【在日】日本統治下朝鮮から「内地密航」した人々は戦後何をしたか

あじあにゅーす2ちゃんねる

 韓国で、慰安婦問題同様に広がりを見せつつある強制連行問題。 しかし、その実態は、朝鮮から日本への密航の歴史だった。

 日中戦争に突入し、1939年7月に施行された『国民徴用令』は、朝鮮人のみに限らず、日本国民全般を対象としたものであった。しかし、朝鮮への適用はできる限り差し控えられ、1944年9月にようやく、朝鮮から内地へ送り出される労務員について実施されている。

 いわゆる朝鮮人徴用労務員が日本へ導入されたのは、1944年9月から1945年3月までの短期間だ。これは1945年3月以後、アメリカ軍の攻勢により下関―釜山間の通常運航が杜絶したため、実施が事実上困難となったためだ。

 終戦後、在日朝鮮人の約75%が朝鮮に引き揚げたが、その帰還状況を段階的に見ると次の通りだ。1945年8月から1946年3月までのあいだに、帰国を希望する朝鮮人は、日本政府の配船によって、約90万人、個別的引き揚げで約50万人の合計約140万人が朝鮮へ引き揚げた。

 引き揚げに当たっては、復員軍人、軍属および動員労務員などは特に優先的便宜が与えられている。日本政府は、連合国最高司令官の指令に基づき、1946年3月には残留朝鮮人全員約65万人について帰還希望者の有無を調査し、その結果、帰還希望者は約50万人ということになったが、実際の引き揚げ者はその約16%、約8万人にすぎず、残りは自ら日本に残る道を選んだ。

 1946年3月の米ソ協定に基づき、1947年3月、連合国最高司令官の指令により、北朝鮮引き揚げ計画が立てられ、約1万人が申し込んだが、実際に北朝鮮へ帰還した人は350人にすぎなかった。こうして韓国や北朝鮮へ帰国せず、自からの意思で日本に残った人の大部分は、早くから来日して生活基盤を築いていた人々だ。

 つまり成功者である。戦時中に渡来した労務員や復員軍人、軍属などは日本内地になじみが少ないだけに、終戦後日本に残ったものは極めて少数派だった。ちなみに終戦後の1947年に密航船で入国した『ソフトバンク』孫正義氏の祖父や父の孫一族や、パチンコ最大手『マルハン』の韓昌祐会長は、「韓国にいても稼げないので密航した」と2005年のテレビ番組で発言しているし、作家のキム・ギルホ氏は「1973年、食べていくために日本行きの密航船に乗った」と証言している。

 1970年代に入ってキム氏のような才能のある人さえ「食えなかった」のは“日帝支配”の責任というのだろうか?

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-12-15 15:28 | カテゴリ:北朝鮮
■北朝鮮へ食品不正輸出か、朝鮮商工会館捜索 5府県警

2017年12月14日 朝日新聞

朝鮮商工連合会が入るビル(200x270) 食料品を北朝鮮に不正に輸出した疑いがあるとして、京都府警など5府県警の合同捜査本部は14日、外為法違反(無承認輸出)の疑いで、東京都台東区の朝鮮商工会館や同港区の環境設備関連会社などを家宅捜索した。捜査関係者が明らかにした。捜査本部は関係者の男数人に事情を聴いており、容疑が固まれば逮捕する方針。

 捜査関係者によると、男数人は共謀し、シンガポール経由で北朝鮮に食料品を不正に輸出した疑いがある。捜査本部は昨年12月、ぜいたく品を不正に輸出したとして、貿易関連会社などを捜索していた。

 京都府警などは2015年3月、北朝鮮産マツタケを不正に輸入したとして、外為法違反の疑いで貿易業者を逮捕。この捜査を進める中で、今回の容疑を確認したという。政府は核実験などへの制裁措置として、北朝鮮に対する輸出入を原則禁止している。

引用:朝日新聞


2017-12-15 00:00 | カテゴリ:韓国
■韓国人の父親に捨てられたフィリピンの子ども「コピノ」、3万人とも―韓国メディア

2017年12月14日 Record China

 2017年12月13日、環球網によると、韓国人の父親から捨てられた子どもがフィリピンに多数存在するとの記事を韓国のサイトが掲載した。

 記事によると、仕事や留学などでフィリピンを訪れ、現地女性と関係を持ち、子どもをつくりながら、母子ともに置き去りにし帰国してしまう韓国人男性は少なくない。ある統計では、そうして捨てられた子どもは少なくとも3万人はいるという。

 こうした子どもは、現地では「コピノ」(コリアンとフィリピノの合成語)と呼ばれ、増加の一途をたどっているという。養育費や国籍を手に入れるにはさまざまな障害があり、多くは貧しい生活を強いられているようだ。

 コピノが増加する背景について、記事は1990年代からフィリピンを中心とした東南アジア向けの貿易や投資が韓国で急増し、出張や駐在するビジネスマンが増えたことを指摘。また、フィリピンは英語学習や大学の学費が割安なことから、留学する韓国人も多いという。

 フィリピンのある非営利団体(NPO)はこうした母子の生活支援や、父親から養育費が得られるように支援したり、情報提供に力を貸したりしている。成長した子どもが父親探しをするケースもあるという。(翻訳・編集/岡田)

引用:Record China


2017-12-12 17:14 | カテゴリ:韓国
■韓国男の強姦は普通の強姦じゃないからね…生々しい事実を知ってください

2012-06-29 写楽

韓国男子の印象、たくましい(470x264)

 せっかくの機会ですので、セブ島の韓国人(朝鮮人)による日本人女性強姦暴行事件に絡んで、生々しい表現のブログを原文で転載します。

 日本人の皆さん
男性の皆さん・・・自分の奥さん、娘さんに
女性の皆さん・・・自分は勿論、友人にも
朝鮮人(韓国人)の卑劣さ、悪行、残虐さなど
朝鮮人(韓国人)を見たら強姦魔と思え

できるだけ多く人に教えてあげて下さい。

◆韓国男の強姦は、普通の強姦じゃないからね

2012-06-27 | 日記

 フィリピンの某島で韓国人の男二人に輪姦された若い日本女性2人がいますね。犯人の凶行はとりあえず、むろん許されるものではないのだけど、女性2人も感心しませんね。英語の語学研修になんで、わざわざ訛りの強いフィリピンを選ぶのか不明で,リゾート気分のお遊び半分と思われても仕方ないですね。

 それよりも何よりも、韓国人の男2人と飲んだくれる無防備さ。相手は強姦大国の男だと、これはもはや教養の一つです。それでねえ、警告の意味で敢えてズケズケ書きます。

 英文の報道では被害者の日本女性の顔から年齢から名前からさらされているんです

 訴え出てもそういうふうなんですから。

 そしてですねえ、肛門もやられてるんです。裂傷で血みどろ。日本の報道にそこまではないけど。なんで隠すのかな。ハッキリ書かないと怖さと悪質さが伝わらない。

日本女性2人が強姦に、連行される犯人の韓国男たち。
連行される犯人の韓国男たち。日本女性2人が強姦に(470x373)

◆タイでも同じ事件があったでしょ。

 こちらは中年の日本女性。夜更けまで韓国人男性を交えた酒盛り。その後部屋に侵入されて、肛門に無理矢理挿入されてます。

 おそらく、どちらのケースも最初は性器に、それから肛門に。あられもなく言えば、コンドームもしてないと思うんです。エイズ他の性病と妊娠の危険性もつきまといます。

 2人の若い女性の場合はテキーラにクスリを入れられた。これも日本では報道されてません。なんで、隠すんでしょうね。正確に伝えないから被害者が出る。

 手口からして、常習犯なので被害者は他にもいると思われますが、肛門への強姦ということで訴えづらかったのかもしれません。

 今回、日本の女性2人が駆け込んだのは、年齢からして少なくとも一人は処女だった可能性があると思うのです。それが(おそらく)性器を先にやられ、次に肛門をやられて、それも2人から連続してやられ、裂傷による出血ってことで、錯乱状態で被害届を出したのだと推測します。肛門性交の際にもおそらく、潤滑になるものは使用していず、強引な挿入だったでしょう。治療が必要だったと言いますから。

 あえて、ぼかしながら、しかし、あえてズケズケと書いたのは、「自分だけは大丈夫」と思っている人がいるからです。韓国男の怖さへの関心が薄い、知識がない・・・どころか、あこがれさえ抱くオバカさんがいるから

 警戒していても、一緒にお酒なんか飲んだらクスリ入れられますよ、ってこと

 しかも、性器をやられるだけでなく、潤滑油無しにアヌスに突っ込まれるってこと。激痛でしょうよ。よく心得ておいてください。ハッキリ言っておきますよ。もともと、排泄物だの肛門だのに嗜好がある人種なんですから。

 それから今回の犯人たちは、お金を残しています、強姦した女性たちに。

 韓国では酒を一緒に飲んだ、お金を渡した、だから和姦です、という判決も結構あるのです。知っておきましょう。


 とにかく・・・旅先で、見知らぬ男と酒を飲むのは軽いと思われても仕方ない、まして相手が韓国男なら。注意しなさい。身体だけではなく、心までヘタしたら壊されてしまいますよ。

被害者にはお気の毒だけど、今後似たようなことが起こらぬよう、願いをこめて書きました。

 それと念のため、韓国男が全て肛門性交をするとかいうあほなこと言ってるわけではないので変なコメントつけないでね。沖縄関連と韓国、韓流タレント関連、それから日の丸と国歌関連の記事には、本当に愚かなコメントつける人たちが湧いてうざいので。相手する時間が勿体ないので、即削除しちゃう・・・・か、愚かさ加減をさらす意味でそのまま放置しておきますので。

引用:写楽


2017-12-12 00:00 | カテゴリ:韓国
■慰安婦合意:日本政府、「安倍平昌訪問カード」で韓国に圧力か

2017/12/09 朝鮮日報

 米政府が平昌冬季五輪に参加するかどうか「確答」していない中、日本政府も安倍晋三首相の出席を確定していないと伝えられた。しかも、日本側は韓日慰安婦合意を検証している韓国外交部(省に相当)タスクフォース(作業部会)の結果発表と安倍首相の平昌訪問を結び付けて韓国政府に圧力を加えていることが分かった。

 韓日関係に詳しい消息筋は8日、「もし慰安婦合意検証タスクフォースが慰安婦合意に対して否定的な結論を発表し、日本の世論が悪化すれば、安倍首相が平昌を訪問することは到底無理だと日本側では見ている」と語った。韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官就任後、長官直属で設置された慰安婦合意検証タスクフォースは、早ければ今月末にも結果を発表する予定だ。この発表を前後して韓国政府が慰安婦合意破棄などの措置をとる動きを見せれば、安倍首相が平昌に来る理由がないということだ。

 これについて、韓国政府消息筋は「日本側から直接『慰安婦合意を破棄すれば平昌冬季五輪に参加しない』とは言われていない。慰安婦合意検証タスクフォースは韓日間で合意がなされた過程を検証する機構であって、この合意そのものに対する政府の立場を定めるものでもない」と言った。(金真明(キム・ジンミョン)記者)

引用:朝鮮日報


2017-12-11 17:24 | カテゴリ:中国
■中国の女空き巣犯「自分は日本人、記憶喪失で日本語忘れた」―中国メディア

2017年10月31日 Record China

 2017年10月30日、中国メディアの看看新聞によると、浙江省連雲港市でこのほど、他人の家に盗みに入ったとして身柄を拘束された女が警察に「自分は日本人だ」と自称し、「20年前に記憶喪失になり日本語を忘れた」などと話す出来事があったという。

 記事によると、容疑者の李(リー)は石橋鎮大路旁村の民家に夜間に侵入し、「タンスなどをひっくり返して疲れた」ためソファーで寝入った後、翌日に洋服やアクセサリーなどを奪って現場を離れた。だが「まだ盗み足りない」として午前9時に現場に戻り、庭に止めてあった電動自転車を奪って逃走しようとしたところを隣人に目撃され、通報を受けた警察官に身柄を拘束された。

 女は警察に「自分の名前は川島芳子で、祖父の名前は端木川本岡本だ。父の日本名は端木岡本だ」などと自称し、それ以上の供述を拒んだ。だが警察が「技術的手段」で女の本名と住所を特定したため、最終的に女は犯行を認めたという。(翻訳・編集/柳川)

 川島芳子は「日本軍に協力した清朝王女です」、日本人名に「端木川本岡本」はありえない。(笑)

引用:Record China


2017-12-11 00:00 | カテゴリ:韓国
■1泊100万ウォン超える平昌の宿泊施設…IOC、大規模予約キャンセル

2017年12月10日 中央日報

 ドーピング問題によるロシア選手団の参加除外決定しているがさらに米国のニッキー・ヘイリー国連大使が米テレビ番組で、北朝鮮情勢をめぐる緊張が高まるなか、米国選手団の参加は「未確定」と述べたのだ。米国が不参加となれば、日本も追随する可能性がある。今後の北朝鮮情勢次第で、大会は事実上の「中止」に追い込まれることもありそうだ。(zakzak夕刊フジ)

平昌(ピョンチャン)冬季五輪期間中に1泊100万ウォン(約10万円)を超える宿泊料金を策定した平昌・江陵(カンルン)地域の宿泊業者が大規模な空室発生を懸念する自体に追い込まれている。

平昌冬季五輪大会組織委員会が事前契約した宿泊業者との客室予約を5500室ほどキャンセルした事実が9日に明らかになった。平昌冬季五輪組織委員会と江原道(カンウォンド)によると、IOCが大会主要関係者と顧客向けに配分を要求した宿泊施設の規模が2万1200室から1万5700室規模に減った。

組織委員会など大会関係企業が相次いで宿泊をキャンセルしたのは平昌冬季五輪に来る主要顧客の人数が減ったためだ。

組織委員会は儀典が必要な人たちとマーケティング関係者らのために競技場から1時間以内の距離にある3~5つ星級ホテル、コンドミニアム、リゾートなどをあらかじめ押さえておいた。だが北朝鮮の挑発など韓半島(朝鮮半島)情勢が不安定になり主要顧客が減った。これを受け組織委員会は先月原州(ウォンジュ)にあるホテルと大型コンドミニアムとの契約を相次いでキャンセルした。

これについて組織委員会関係者はあるメディアに「国家五輪委員会(NOC)など海外から来るお客が平昌組織委員会を経ず独自に宿泊地を探して契約したり、参加団の規模を減らしたことから事前契約した客室数が減った」と話した。

引用:中央日報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。