2017-06-15 12:00 | カテゴリ:料理食品
■こんなにウレシイ「お酢」の効果。その秘密と取り入れ方とは?

2017.06.14 MAG2NEWS

体によいイメージがあるお酢。

 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由と、簡単な取り入れ方をご紹介したいと思います。

◆お酢って一体どんなもの?

 お酢は米など糖質を含む食品をアルコール発酵させ、そのアルコールを更に発酵をさせたものです。この発酵を酢酸(さくさん)発酵と呼び、酢酸(さくさん)はお酢の酸味の成分になっています。

 主な原材料は米や麦などの穀物、りんごやブドウなどの果物です。

 使用する原材料により「穀物酢」「米酢」「果実酢」に分類されます。穀物酢はすっきりとした味わい、米酢はまろやかな旨み、果実酢はフルーティーな味わいが特徴です。また、玄米を発酵させたものが黒酢で、独自のコクがあることが特徴です。

◆お酢に期待できる効果とは?

1.食欲増進効果

 人間の体は酸っぱいものを見ると唾液の分泌が活発になる反射が起こります。これはかつて自然の植物を食べていた時代に酸っぱいものが毒であったことから、毒に抵抗する為に消化液である唾液を分泌した名残と言われています。

 唾液の分泌が活発になると、食べ物が入ってくると認識される為に胃液などの分泌も活発になり、消化・吸収がスムーズに行われます。すると、消化器官に空きができるので食欲増進効果もあるとされています。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

スポンサーサイト
2017-05-17 12:00 | カテゴリ:料理食品
■今話題の「干し野菜」。魚や肉も「干す」だけで何がどう変わる?

2017.05.12 MAG2NEWS

干し物(470x289)

 最近話題の「干し野菜」。野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。

 そこで今回は、食材を干すことでどういう変化が起こるのか、解説したいと思います。

◆干すことでどうかわる? ~野菜・きのこ編~

保存性アップ

 水分が多い状態だと、カビや細菌が繁殖しやすく傷みの原因になってしまいます。干すことで水分が蒸発し、カビなどの繁殖がしにくくなるので保存性がアップします。

おいしさアップ

 干すことで水分が蒸発する分、野菜やきのこの糖分や旨み成分が濃縮されます。その結果甘みなどを感じやすくなり、おいしく感じることがあります。

栄養価アップ

 干し野菜やきのこは水分が抜けており、その分栄養素も濃縮されます。その為多くの干し野菜やきのこは生よりも多くのビタミンやミネラルを含んでいます。

 また、きのこは日光にあたることでビタミンDの素がビタミンDに変化します。その為干したものの方がビタミンDの含有量が多くなります。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-04-27 16:42 | カテゴリ:料理食品
■知らぬ間に台湾に「分店」が…有名うどん店が巻き込まれた〝パクリ騒動〟 元常連客が無断で開店

2017.4.27 産経WEST

麺闘庵偽台湾店(470x616)
奈良の麺闘庵(上)と、台湾の麺闘庵の外観。文字のデザインまでそっくりだ(Facebookなどから合成)

 外国人観光客らが行列を作る奈良市の名物うどん店「麺闘庵(めんとうあん)」が、台湾に「分店」と称する店を無断で出店される“パクリ騒動”に巻き込まれた。店は、揚げの中にうどんを入れた「巾着きつね」が人気メニューだが、昨年7月にオープンした台中市の店も同様のメニューを売り物にし、近年の日本食ブームもあって話題を呼んだ。ところが偽物の存在を知った本家が自分の店に張り紙をして“パクリの事実”を指摘したところ、ネットを通じて台湾の店への批判が起こり、フェイスブックも大炎上。台湾側のオーナーはもともと奈良の店の常連客で、店主と撮った写真などを「のれん分け」の証拠として使っていた。現在はそうした虚偽の説明を削除したようだが、本家の怒りは収まらない。騒動の顛末(てんまつ)は-。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-04-27 12:00 | カテゴリ:料理食品
■たこ焼きは「日本国粋の一品料理」だ! 中国で流行している理由

2017-04-21 Searchhina

たこ焼き(470x313)

 「たこ焼き」を絶賛する中国人は多い。見た目が美味しそうだと感じる人が多いようで、自分でたこ焼きを作り、そのレシピや写真をブログに掲載する中国人も多い。「たこ焼きを熱愛している」、「たこ焼きを連想するだけでよだれが出る」など、中国のネット上では、たこ焼きへの熱い気持ちを表現しているブログは少なくない。

 北京や上海などの都市部では、たこ焼きを販売する店も存在し、また、よく売れているようだが、中国メディアの今日頭条が18日付で掲載した記事は、たこ焼きについて「日本国粋の一品料理」であるとしたうえで、中国人の間でたこ焼きが流行している原因について説明している。

 記事は、日本発の料理としては、寿司、ラーメンなどに続いて「たこ焼き」が中国で新たに歓迎されていると紹介。「このような簡単な一品料理が中国において巨大なビジネスとなっている」と驚きを示した。では、たこ焼きが中国人に歓迎されているのはなぜだろうか。

 この理由について、まず第一にたこ焼きはその場で作る料理であるゆえに「新鮮」であり、「作りたてを味わえるため美味しい」という点を指摘。また、さまざまなトッピングがたこ焼きが持つ本来の味を引き立て、「何度食べても食べ飽きない」と感じさせるのだと称賛した。

 また第二に、たこ焼きの出店を開店させるうえでは極めて少額の投資で事業を始めることができるとし、投資額が少なく、リスクが小さいというメリットは多くの中国人がたこ焼き店で起業する大きな助けになっているという見方を示した。

 たこ焼き以外にも、中国人にも意外と好まれる一品料理としては「焼き餃子」が挙げられる。餃子は中国の料理だが、中国では餃子は茹でるか、蒸すかして食べるのが一般的であり、日本料理店などで焼き餃子を食べ、その美味しさに改めて気づくという中国人も少なくない。たこ焼き以外にも、日本には「中国人にまだ知られていないが、中国で大きなビジネスになる可能性を秘めた一品料理」が眠っているかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

引用:Searchhina

2017-04-05 12:00 | カテゴリ:料理食品
■高血圧に血糖値上昇、メタボ要素を抑える酢の力 調味料の名脇役「お酢」の歴史と科学(後篇) 1日約15ミリリットルの食酢

2017.03.31 JB PRESS

ミツカン高橋幹雄博士(工学)

 調味料の名脇役ともいえる「お酢」について、歴史と現代科学の視点で追っている。前篇では、日本でのお酢の歩みをたどった。握りずしの誕生や普及に貢献するなど、お酢の果たしてきた役割は計り知れない。

 近代以降では、「お酢は健康によい」と言われるようになった。そして現在では“科学の目”で、その健康機能を確かめようとする研究が行われている。中でも2000年以降、血圧、食後血糖値、内臓脂肪といったメタボリック症候群と関わる各要素に対するお酢の作用が明らかになっている。愛知県半田市に本社のある大手食品メーカー「ミツカン」で、お酢の健康機能について話を聞いた。

◆1日大さじ1杯で、高めの血圧が低下

 ミツカングループの創業は1804(文化元)年。前篇で紹介した初代中野又左衛門の粕酢造りが端緒となる。研究面では、1942(昭和17)年に「中埜生化学研究所」(のちの中央研究所)を設立し、商品の開発や健康機能の解明などにつながる研究を進めており、歴史は長い。

 メタボリック症候群の各要素に関わる研究を本格化させたのは2000年以降だ。「それまで、民間では『お酢は体によい』という情報はありました。メーカーとして科学的根拠に基づいて情報発信するため、健康機能を科学的に検証しようとなったのです」と、食酢の健康機能の研究に携わってきた、開発技術担当者の高橋幹雄氏は話す。

「お酢はあくまで食品。治療が必要な方は医者による治療が必要と思いますが、症状の境界域にあるような人が健康を得て保つ上での機能を証明してきた点に意義があると思います」

 まず、血圧について。同社は高めの血圧を低下させる作用を見いだした。血圧が高めの被験者に1日約15ミリリットルの食酢を摂ってもらったところ、摂取期間中に食酢を摂らなかった対照群にくらべて最高血圧・最低血圧ともに低下が見られたという。

食酢を毎日15ml摂った人グラフ(470x406)20170405
食酢の摂取と血圧の変化。 (ミツカン「高めの血圧の低下」掲載グラフをもとに作成)

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-03-20 00:00 | カテゴリ:料理食品
■無印良品が中国中央テレビに反論する声明、「汚染地域の食品は輸入も販売もしていない」=中国ネットは「MUJIの品質管理は衛生局より上」と援護

2017年3月16日 Record China

無印良品ロゴ(470x377)
中国中央テレビが「政府が輸入を禁止している日本の放射能汚染地域の食品が中国に入ってきている」と報じ、その中で無印良品の商品が例として挙げられていた問題で、同社は16日に中国版ツイッター・微博で声明を発表した。写真は無印良品。

 中国中央テレビ(CCTV)が「政府が輸入を禁止している日本の放射能汚染地域の食品が中国に入ってきている」と報じ、その中で無印良品の商品が例として挙げられていた問題で、同社は16日に中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で反論する声明を発表した。

 CCTVは15日に放送した世界消費者権利デーの特別番組で、「中国政府が輸入を禁止している日本の放射能汚染地域(10都県)の食品が、表示などを偽って中国で販売されている」と報じた。この中で、無印良品のとうもろこし茶や菓子類などが他の製品と共に例として挙げられていた。番組では、商品に貼られた中国語の商品表示では「原産国:日本」としか書かれていないが、シールをはがしたところ(輸入が禁止されている)「東京都」の住所が出てきたなどとしている。

 この問題について、無印良品(上海)商業有限公司は微博の公式アカウントで「中国政府が輸入を禁止している地域の食品は輸入も販売もしていない」とする声明を発表。CCTVが指摘した東京都の住所は、「産地」ではなく「販売者」であり、住所は本社の所在地であると説明した。また、番組で指摘された個別の商品についても、「とうもろこし茶の産地は福井県、菓子の産地は大阪府」と紹介。さらに、中国国家質量監督検験検疫総局の規定を順守していることや、輸入や販売に際して原産地証明書や検疫証明書を取得していることを強調した。

 この問題は中国のネット上でも注目を集めている。ユーザー数6億人以上と言われる微博の検索ワードランキングでは、16日午前に「無印良品」が2位に上昇し、上記の声明を発表した後には「無印良品 回答」が5位に入った。ちなみに、先日日本で大きく報じられたアパホテル関連のワードはトップ20にもほとんど入らなかった。ユーザーは身近な話題により注目するということだろう。

 無印良品の微博は、午前11時45分(現地時間)の発表から3時間余りで1万5000回以上シェアされ、1万件以上のコメントが付いている。他のユーザーから評価の高いコメントは、「MUJIを支持する」「MUJIの品質管理は衛生局より上だと信じている」「ホント、MUJIはとばっちりを受けたと思うよ」「検査職員は日本語もわからず、『東京都』の3文字を見ただけで頭に血が上ったんだな」「産地だけを取り上げて、検査結果については言及なし。CCTVもまったくだな」など、無印良品を支持する声が多数を占めている。(編集/北田)

引用:Record China


2017-03-14 12:00 | カテゴリ:料理食品
■【海外の反応】ハワイに進出した日本の丸亀製麺が大人気!アメリカ人によるレビューが熱い! 讃岐うどんにハマる外国人続出! 【外国人と日本食】

2017/03/07公開 24:23



2017-02-18 12:00 | カテゴリ:料理食品
■台湾発ニッポン再発見 あり得ない!日本の冷たいお弁当がおいしいなんて…

2017年2月16日 Record China

20170218_日本のお弁当(470x312)
10日、台湾にも日本のお弁当文化は浸透している。しかし、お弁当そのものは、日本スタイルのそれとは少し勝手が違う。とくに、台湾人にとっては冷えたお弁当を食べる日本の習慣は解せないようだ。資料写真。

 台湾には、日本語を由来とするたくさんの語彙がある。「便當(ビエンダン)」というのもそのひとつ。「弁当」のことだ。そのくらいお弁当が浸透している台湾文化だが、日本スタイルのそれとは少し勝手が違う。特に、台湾人にとっては冷えたお弁当を食べる日本の習慣は解せないようだ。台湾のニュースメディア・ETtoday(東森新聞雲)が先日、次のように報じている。

 学生時代のお弁当で台湾人が思い出す光景は、1~2時限目の授業が終わると、各々が家から持ってきたお弁当を続々と“蒸し器”に入れに行くというものだ。そうすればお昼休みまでには、お弁当はしっかり温まっている。社会人だって同じ。オフィスの電子レンジはランチ前の必需品となる。そう、お弁当は温めなおさなければならないものなのだ。

 中華料理を食する彼らは、冷めた料理を口に入れることをとても嫌う。油を多用するために、冷めると固まってしまうものもあるし、汁気の多い料理も多いために、著しく味が落ちてしまう。また、台湾では蒸し暑い季節が長く続くので、できあがったお弁当は冷蔵庫で保管することも多い。当然、温めなおさないと食べられなくなる。

 しかし、日本のお弁当用に作られたお惣菜というのは、冷えた状態で食べることを前提に作られているか、ある程度冷えても味が落ちないものが選ばれる。グシャグシャにならないように汁気が少ないおかずが好まれ、炒め物などの油ものは避けられる。一つひとつのおかずはきちんと仕切って詰められ、味が混ざらない。基本的にご飯に炒め物をぶっかけたスタイルのお弁当しか知らない台湾人が、冷たいお弁当をおいしく食べる日本人の味覚に疑いを持つのも致し方ないだろう。

 実際に日本のお弁当を経験したことのある台湾人からは、「冷えても味が落ちていない卵焼きにビックリした。冷たくておいしいってどういうこと?」「台湾のお弁当なら冷たいのは『あり得ない!』と思うけれど、フシギなことに日本のお弁当は冷たくてもおいしいと感じられた」とのコメントも寄せられている。(翻訳・編集/愛玉)

引用:Record China

2017-01-08 12:00 | カテゴリ:料理食品
■どうしてこうなった。海外のトンデモ「和食」に日本政府が喝

MAG2NEWS

 2013年、ユネスコ無形文化遺産に「和食」が登録されました。しかし、世界で広まりつつある日本食の中にはクオリティに問題があるものも多いとの声も。海外の日本レストランの料理のクオリティを保証するため、日本政府が新しいプログラムを導入したことに、イギリスのメディアが注目しています。

◆日本政府が海外和食レストランに喝!

 寿司、ラーメン、やきとりに天ぷら。いま世界的に日本食がブームです。

 ジャパン・タイムスによると、2015年7月時点で世界では8万8千以上のお店が日本食レストランとして登録されており、2013年が5万件だったのに対して、2年間で3万件以上も増加しているそうです。

 でも、旅行や出張などで、海外の日本食レストランへ行くと、味も見た目も日本食とはちょっと違うことってありませんか?

 そんな状況に喝を入れるべく、日本政府は“ 間違った和食”を取り締まるために、あるプログラムを実施すると発表しました。

 英テレグラフによると、「外国人が日本の料理を台無しにすることにうんざりして、日本政府が和食の評判を守るために和食を専門とする海外のシェフ向けの新しい認定システムを導入することを計画している」と報じています。

 この新プログラムは、海外の日本食レストランにおける料理の質や衛生を保証するためのもので、海外のシェフが日本へ行きトレーニングを受けなければいけないようです。

 認定のレベルは、金、銀、銅の3つ

 今年にも新プログラムがスタートする予定です。

 同紙はロンドンで12年間以上日本食シェフやフードライターとして活躍し、料理教室「Yuki’s Kitchen」の代表を務めるYuki Gomiさんのエピソードを紹介。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2016-12-25 12:00 | カテゴリ:料理食品
■驚きの手法で金魚を生み出す日本人に世界が注目!

2016.10.27 MAG2NEWS

 浅草の飴細工師の手塚新理さんが作った飴細工がすごいと話題です。
 飴に息を吹き込んだような技術はまさに神業! これを手がけた手塚さんはまだ弱冠27歳。しかも、すべて独学で学んだというから驚きです。
 飴細工職人自体が減少し、教わる学校もない中、自分で学ぶしかなかったそうです。

 現代の飴細工の始まり江戸時代1600年頃と、古くからの歴史がありますが、現在、飴職人の数は減る一方。そんな中、手塚さんは「日本の文化の中で飴細工を重要なものにしていくのが私の仕事だと思っています」という強い想いを動画の中で語っています。

 「これが本当に飴なの?」と思ってしまうほど、息を吹き込んだかのような見事な芸術作品に仕上がっています。まるで泳いでいるかのようなイカ。

 柔らかくなった飴が固まる前に、急いで形を整えなきゃいけないので、スピードが大事だそう。固まったら、色をつけていく。

この職人技に、海外の人たちも賞賛の声が。
・「すごい好き!」
・「今まで1番クールな仕事だよ!」
・「素晴らしい!」
・「なんで日本はこんなにいつもクールなの!」
・「まるで生きてるみたい!」

手塚さんのお店「浅草 飴細工 アメシン

引用:MAG2NEWS

■Keeping the Japanese Art of Candy Sculpting Alive
2016/10/26公開 2:36