2017-08-11 16:56 | カテゴリ:法律時事犯罪悪徳商法
■【平成30年史 変容する犯罪(2)】地下鉄サリン事件 謎解明阻んだキーマンの死 オウムの呪縛まだ解けず

2017.8.11 産経ニュース

オウム真理教による主な事件(470x341)

 「断る理由もなく、つい入ったという感じ」

 オウムの後継団体「アレフ」の元信者の女性(44)はこう振り返った。

 平成3年、高校卒業を間近に控えた18歳でオウムの在家信者となり、2年後に出家。事件後もアレフと改称された教団に残った。

 先に入信していた姉の誘いがきっかけだった。埼玉県内にあった教団の関連施設に遊びに行くようになり、「自然な流れ」で入信を決めた。

 他の信者と寝食を共にする山梨・旧上九一色村の教団施設での修行生活は「サークルのような雰囲気」。そんな生活が突然、終わりを告げる。

 7年3月22日-。地下鉄サリン事件からわずか2日後、警視庁の強制捜査が始まり、警察とマスコミが大挙してやってきた。

 「宗教弾圧を受けている」。テレビも新聞もない情報から隔絶された生活のなかで、女性は幹部から聞かされた言葉を信じた。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

スポンサーサイト
2017-08-01 00:00 | カテゴリ:法律時事犯罪悪徳商法
■東京・銀座の7千万円強盗 容疑で千葉の県立高校2年生ら3人を逮捕 警視庁

2017.7.31 産経ニュース

東京・銀座の7千万円強盗(470x298)
現金数千万円入りのバッグを奪われたとの通報を受け、現場付近を調べる警視庁の捜査員=4月21日午後3時1分、東京都中央区銀座

 東京都中央区の路上で今年4月、金塊を換金した直後に男性が現金を奪われた強盗事件で、警視庁捜査1課は強盗容疑で、東京都府中市是政の職業不詳、小笠原興人(20)と八王子市暁町の職業不詳、倉田祐太(23)の両容疑者と、千葉県に住む県立高校2年の少年(16)の3人を逮捕した

 少年は容疑を認め、残る2人は「今は話せない」などと供述している。

 逮捕容疑は4月21日午後1時半ごろ、中央区銀座の路上で、自営業の男性(45)に後ろから体当たりして転倒させ、現金約7257万円が入ったトートバッグを奪ったとしている。

 3人は逃げる途中札束を幾つか落とし、計約4千万円を持ち去った。

 同課によると、男性は近くの貴金属店で金塊15キロを換金した直後で、少年が体当たりした後に小笠原容疑者がバッグを奪い、倉田容疑者の運転するバイクで逃走。

 3人は3月に現場を下見しており、同課は金塊の取引情報を事前に得ていた可能性もあるとして慎重に捜査している。

引用:産経ニュース

2017-07-13 16:55 | カテゴリ:法律時事犯罪悪徳商法
■女性経営者ら4人殺害事件など2人の死刑執行 第2次安倍政権以降19人 金田勝年法相「いずれも極めて残忍な事件」

2017.7.13 産経ニュース

 死刑制度をなくしてはいけない 絶対に!

西川正勝死刑囚(200x298) 法務省は13日、平成3~4年にスナックの女性経営者ら4人が殺害されるなどした警察庁指定119号事件の西川正勝死刑囚(61)=大阪拘置所=と、23年に元同僚の女性を殺害した住田紘一死刑囚(34)=広島拘置所=の死刑を同日午前、執行したと発表した。

 金田勝年法相は13日午後、会見で「いずれの事件も、誠に身勝手な理由から被害者の尊い人命を奪うなどして極めて残忍。被害者や遺族にとって無念この上ない事件だ」と指摘。「慎重な検討を踏まえたうえで死刑執行命令を発した」と述べた。

 死刑執行は昨年11月以来で、昨年8月に金田法相が就任してから計3人目。第2次安倍政権下で死刑が執行されたのは計19人となった。法務省によると、未執行の確定死刑囚は、刑の執行が停止された袴田巌さん(81)を除き124人となった。うち91人が再審請求中。

 西川死刑囚は3年12月、兵庫県姫路市、松江市、京都市でスナックの女性経営者ら計4人を殺害して売上金を奪うなどした。1、2審とも死刑判決を受け、「死刑は重すぎる」などと主張して上告したが、最高裁は17年6月に上告を棄却し、死刑が確定した。関係者によると、西川死刑囚は再審請求中だった。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-07-07 12:00 | カテゴリ:法律時事犯罪悪徳商法
■バイク窃盗犯の仕業

2017/07/04 Gigazine

バイク窃盗犯の仕業(470x629)

引用:Gigazine

2017-06-24 14:32 | カテゴリ:法律時事犯罪悪徳商法
■「慰安婦事件を彷彿」 激怒の裁判長が量刑引き上げ=ソウル高裁 「性的暴行しようと行列…人のすることではない」

2017/06/23 朝鮮日報

 「捜査記録を見ていて怒りが込み上げてきた。これが果たして人のすることだろうか」

 22日午後、ソウル高裁第404号法廷。判決文を読み上げていたハム・サンフン裁判長が長いため息をついて被告を見た。裁判長はハン被告(22)ら11人の被告に「13歳の少女にどんな力があるというのか。人にはできることとできないことがあるが、私は被告が人としてやってはならないことをしたと思う」としかりつけた

 ハン被告らは高校生だった2011年、ソウル市道峰区の山で、女子中学生2人に酒を飲ませて集団で性的暴行を振るったとして起訴された。はじめは4人が入れ替わり女子中学生2人を暴行し、あとの7人は女子中学生が抵抗して未遂に終わった。残酷な仕打ちだった。8日後の夜遅く、ハン被告らは再び女子中学生を呼び出した。11人だった加害者は22人に増えた。この日は6人が「悪事」を働いた。残りは横で見守った

 この事件が明らかになったのは5年後のことだった。親にも話せずに胸を痛めていた被害者の少女たちがカウンセリング・センターや警察の助けで昨年3月に告訴状を提出したのだ。

 裁判長は、主犯のハン被告とチョン被告(21)にそれぞれ懲役7年を、共犯2人には懲役6年を言い渡した。ハン被告を除く3人は一審よりも量刑が1年ずつ増えた。また、一審で執行猶予付きの判決が出た共犯には懲役2年6月を言い渡して法廷拘束した。ハン被告らは犯行時未成年だったため、成人だった場合よりも量刑が軽い。

 さらに、「ハン被告らは列を作って性的暴行を振るおうと待っていたという捜査記録を見て、『慰安婦事件』を思い出した。被害者たちにとっては何十年過ぎても忘れられない犯罪だ」「ハン被告らが楽しく笑い、食べ、にぎやかに過ごしている最中も、被害者たちは怖がって家から出られずに退学にまでになった」と語った。

 裁判長は「ハン被告らに有利な情状は、犯行当時に少年だったということだけだ」「成人だったとしたら、はるかに重い刑を言い渡さなければならない」と述べた。そして、「見ていただけで、犯罪に加担したという証拠が不足している」として無罪を言い渡した5人に対しては「どれだけ自由でいられるかは分からない。(ハン被告らが)そのように悪事を働いている間、誰も通報しなかったし、止めもしなかった」と言った。

 一部の被告の親たちは判決直後、傍聴席で「なぜ一審より量刑が増えるんだ」「裁判長はひどすぎる。若い子どもたちに何の過ちがあるというのか」と抗議した。(シン・スジ記者)

「裁判長はひどすぎる。若い子どもたちに何の過ちがあるというのか」と抗議した。
 被告の親のことばとして信じられない。この子にしてこの親あり。親としての責任感は全くなし。
 これは今でも「近親相姦」「試し腹」「強姦」がごく普通に行われている社会だから、こういう言葉が出るのでしょうか?
そうでないと裁判所内の法廷でこんな言葉は出てこないでしょう。


引用:朝鮮日報

2017-06-01 16:58 | カテゴリ:法律時事犯罪悪徳商法
■入港漁船から密輸金塊か、206キロ分…船長や中国人ら8人逮捕 佐賀・唐津

2017.6.1 産経WEST

 第7管区海上保安本部(北九州市)は1日、漁船を使って佐賀県唐津市の港に金塊とみられる積み荷約206キロを密輸したとして、関税法違反(無許可輸入)の疑いで長崎県壱岐市勝本町、船長斎藤靖昭容疑者(49)や中国人の男ら8人を逮捕したと明らかにした。

 逮捕容疑は、5月31日、金塊とみられる積み荷を積んだ漁船を唐津市の港に入港させ、同日午後3時ごろ陸揚げした疑い。

 7管は、沖合などで金塊を取引した可能性もあるとみて調べている。

引用:産経WEST

■主婦ら女5人、タンクトップ内側に金塊30キロ…韓国から密輸容疑 愛知

2017.6.1 産経WEST

 約1億3千万円相当の金塊約30キロを服の下に隠して韓国から密輸したとして、愛知県警が関税法違反などの疑いで同県岡崎市などに住む40~70代の主婦ら女5人を逮捕したことが1日、捜査関係者への取材で分かった。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-05-28 14:28 | カテゴリ:法律時事犯罪悪徳商法
■「根っからのワル」福岡・金塊強奪犯、主犯格の悪事と豪遊ぶり 山口組直系組織「後ろ盾」に

2017.05.27 zakzak夕刊フジ

送検のため福岡・博多署を出る、野口和樹容疑者を乗せた車=24日午後
野口和樹容疑者を乗せた車(470x313)

 福岡市で昨年7月、警察官を装った男らに約7億5000万円相当の金塊が盗まれた事件で、福岡、愛知両県警に主犯格として逮捕された野口和樹容疑者(42)は、少年時代から犯罪を繰り返してきた根っからのワルだった。数度にわたる服役後も名古屋市を拠点に活動する半グレ集団のリーダー格となり、指定暴力団山口組の直系組織を後ろ盾に悪事と豪遊を繰り返していたという。

 海上のクルーザーやパーティー会場で、仲間たちとポーズを決める入れ墨の男。野口容疑者のものとみられるフェイスブックに公開されている画像はその豪遊ぶりをうかがわせている。

 捜査関係者によると、野口容疑者は名古屋市を拠点にする半グレ集団のリーダー格。山口組の直系組織で、篠田建市6代目組長の出身母体である弘道会に出入りしていたこともあり、昨年7月の事件以降は東京都内などで高級外車を乗り回し、豪遊する姿が目撃されていたという。

 「根っからのワルで、少年時代から事件を起こし、少年刑務所に服役していた。職業訓練所でもリーダー的な存在になり、他の服役囚に声をかけて仲間を増やしていた。制約を受けて動きづらくなるので、組には入らずに後ろ盾にして利用していた。言うことを何でも聞く仲間が数十人はいるのではないか」(暴力団関係者)

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-05-25 11:43 | カテゴリ:法律時事犯罪悪徳商法
■強盗未遂で逮捕の男 外国人装うも…つい日本語が

2017/05/24 HTBニュース(北海道)

【HTBニュース】宝石店で強盗未遂 最新情報
2017/05/23公開 1:40


 23日、札幌の宝石店に日本人の男が押し入り、逮捕された事件で、逮捕された男は外国人を装い、英語で店員を脅したあと、思わず日本語を漏らしていたことがわかりました。
 容疑者の男:「ノースピークジャパニーズ」この事件は23日夕方、札幌市中央区の宝石店に住所・職業不詳の竹田俊介容疑者43歳が押し入り、強盗未遂の疑いで現行犯逮捕されたものです。竹田容疑者は、店員にカッターナイフを突きつけ、「マネーマネージャパニーズマネー」と話し、金を要求しましたがその後、店内で思わず日本語を漏らしていたことがわかりました。また、警察も当初、英語の通訳を交えて取り調べを行い、竹田容疑者も外国人のそぶりを見せていましたが、日本人でした。竹田容疑者は先ほどから日本語で取り調べに応じ始めたということです。

引用:HTBニュース(北海道)

2017-05-23 14:36 | カテゴリ:法律時事犯罪悪徳商法
■金塊窃盗「福岡は都合の良い都市」密輸・現金決済…標的になりやすく

2017.5.23 産経ニュース

福岡市の金塊窃盗事件で、博多署に移送される容疑者(中央)=22日午後10時36分、JR博多駅
福岡市の金塊窃盗事件で移送される容疑者(470x295)

 福岡市博多区で昨年7月に発生した多額金塊窃盗事件で、福岡県警は22日、窃盗容疑などで男6人の逮捕に踏み切った。犯行グループは偽の警察官の制服を用意するなど標的を狙い澄ましていた可能性が高く、県警は十数人を逮捕する方針だ。福岡は金価格の上昇に伴う韓国や香港からの密輸の増加を背景に、「都合の良い都市」として活発な取引の舞台になっている。現金決済という商慣行も標的にされやすく、警察は警戒を強めている。

 「『ある貴金属業者が金塊の取引をする。その金塊を奪わないか』。こういう誘いは一度や二度じゃない」。暴力団関係者は、過去に指定暴力団組員から、こうした誘いがあったと打ち明ける。取引の詳細は標的にする業者の内部にいる協力者から入手する。「密輸された金塊だから被害届が出る心配はない」。関係者はそう付け加えた。

 金には世界共通の国際価格があるが、海外から日本に持ち込む場合、消費税分8%の納付を求められる。国内での売却時も同様に上積みされるため、「税関を通さずに持ち込めば、消費税分がそのまま『利ざや』になる。そのため、密輸をもくろむ者が絶えない」(捜査関係者)という。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-04-23 14:20 | カテゴリ:法律時事犯罪悪徳商法
■【衝撃事件の核心】世界にネットワークか 中国人ニセ僧侶が跋扈している 東京では外国人観光客をターゲトに数珠やお札売りつけ

2017.4.23 産経ニュース

中国人ニセ僧侶(470x273)

 丸刈りに法衣を着こみ、繁華街の雑踏で寄付を募る謎の僧侶…。その正体は人の善意を食い物にする不届き者の外国人だった。警視庁が入管難民法違反(資格外活動)容疑で逮捕したのは中国籍の男(54)。外国人観光客に狙いを定め、二束三文で仕入れたお札や数珠を30倍以上の値段で売りつけていた。“ニセ僧侶”は世界中で確認されており、捜査当局は組織的関与があるとみて調べを進めている。

◆「寺の建立のため」 寄付金を募る謎の僧侶

 「ハロー」

 東京都千代田区のJR秋葉原駅前。今年2月、行き交う外国人観光客に声を掛ける男の姿を警視庁の捜査員は捉えていた。

 法衣のような衣装を身にまとい、頭を丸めたその姿は一見すると「僧侶」。

 足を止めた観光客に男はカードを示した。

 「ブッダのお寺の建立を手伝ってください。ブッダはあなたに平和と幸福、安心をもたらします」

 カードには仏像の写真とともに、英文でこんな文言が記されていた。男は観光客にノートへの記帳を求める。そこには複数の署名が記載され、その横には「1万円」「2万円」などと金額が羅列されていた。

 「寄付を募っているのだろう」-。外国人観光客が財布を取り出すと、男はすかさずカバンから取り出したプラスチック製の数珠とお札を手渡した。

 「僧侶を装って物を売っている中国人がいる」

 こんな内容の複数の110番通報を受けて、現場に駆けつけた捜査員が声を掛けると、その正体はすぐに明らかになった。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_