-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-12-10 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
■ノーベル文学賞のカズオ・イシグロさんが記念講演 日本は色々な意味で私のアイデンティティーで自信の源泉だった

2017.12.8 産経ニュース

英国籍カズオ・イシグロ氏(470x317)
ストックホルムのスウェーデン・アカデミーで記念講演するカズオ・イシグロ氏=7日(ロイター=共同)

 【ストックホルム=岡部伸】今年のノーベル文学賞に選ばれた長崎県出身の英国人作家、カズオ・イシグロさん(63)は7日(日本時間8日未明)、ストックホルムにあるスウェーデン・アカデミーで受賞記念講演を行い、「危険なほどに分断が増大する時代に、良い作品を書き、読むことで壁を打破できる」と述べ、閉塞(へいそく)感漂う世界で文学の重要性を説き、「文学者としてできる全力を尽くす」と誓った。

 「ここにいることがとても光栄」。講演の冒頭で受賞について語ったイシグロさんは、長崎市に生まれ、英国政府の要請で北海油田研究のために渡英した海洋学者の父親に連れられて5歳の時に家族で日本を離れたことを披露。英国籍を取得したが、「日本は色々な意味で私のアイデンティティーで自信の源泉だった」と「祖国」日本との関わりを強調した。

 英国社会で日本人少年として育ち、「祖国」と向き合った創作活動の原点を紹介、記憶の中で薄れゆく「私にとっての日本」を築き直そうとの思いから長崎を舞台にした処女作「遠い山なみの光」が生まれたことを披露した。

 また「渡英して11年間、両親は『来年こそ日本に帰る』と言い続け、長期訪問者の視点で英国社会を観察した」と述べ、「異邦人」としての経験が著作に奏功したとの見方を示した。

 渡英した1960年は大戦からわずか10数年しか経ていなかったが、敵国として戦った日本人家族を移住したサリー州ギルフォードのコミュニティーの普通の英国人たちは「驚くほど寛大に受け入れてくれた」と振り返った。

 その上で、多くの人が不満や不安を抱え、未来が不安定な世界状況下で、作家として「われわれはもっと多様にならなければいけない」と指摘、文学が形式にとらわれず、多くの声を反映して多様性を確保することが重要と訴えた。

 日本出身の作家としては1968年の川端康成、94年の大江健三郎氏に次ぐ3人目の受賞で、10日の授賞式に臨む。

引用:産経ニュース


スポンサーサイト
2017-11-27 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
【海外の反応】衝撃!!外国人弁護士「これが日本人なんだよ」日本で体験した出来事に感動の声が殺到!!その理由とは!?【涙腺崩壊】

 子供たちは大人の行動を見て育つ「いつだって大人として恥ずかしくない行動を取れ」自分自身が納得できるかどうかってこと。

2017/11/18公開 13:51


 今回は、シンガポール人の弁護士の方が感動を覚えた、日本での小さな体験談を綴った投稿からです。

 「その時僕は、日本人の友人と一緒に信号待ちをしていた。眠気を誘う日曜日の午後、東京郊外の小さな町の横断歩道だ。見る限り、車は一台も走っていなかった。だから僕は彼にこう伝えた。『なぁ、信号が赤なのは分かるけど、渡ってもいいんじゃないか?』

 すると友人は僕の方を向いて、首を振りながら、『駄目だよ。青になるまで待とう』と答えたんだ。

 僕はちょっと戸惑ったよ。ここで僕らが渡ってしまっても、あるいは待ち続けても、そこに大した違いはないように感じられたから。

 『だって車は走ってないだろ。待つ必要があるのか?』僕がそう訊ねると、彼は僕に微笑みかけてこう反問してきた。『もし僕らが信号無視する瞬間を、子供が見ていたらどうするの?』

 その時ようやく、『子供は社会で育てるもの』という言葉の意味が分かったんだ」

以上です。
 この体験談が、インド人社会を中心に話題となり、大きな感銘を与えています。そして多くの方が、「国民がルールを常に守っているからこそ、日本は秩序立っているのだ」という考えに至っていました。

◆海外のコメント

・ああ、そうさ。日本人はいつだって正しい。 +13
・外国の場合。青:進め 黄色:注意 赤:止まれ 母国の場合。青:進め 黄色:急げ 赤:警察がいなければ進め+49
・ドイツでも歩行者が信号を守ってる光景はよく見るよ。いつかインド人も同じように振る舞えるようになるのかな。
・俺も同じ経験をしたことがある。夜中の1時、車がほとんど走ってないような時間だ。だけど日本人は信号が青に変わるまでちゃんと待ってた。
・これは道義心の問題でもあると思うんだよね…。人として正しい行動を取ろうとする意志の強さとか…。+1
・WOW……。本来真の「国民」とは彼らのような人のことを言うんだよ。+22
・たとえ周りに子供がいなかったとしても、間違った行いをしていることを、君自身が知っている…。+2
・この日本人の友人が「子供が見てるかも」と言ったのは建前で、結局は君の言う通り、自分を裏切りたくないんだと思う…。+1
・俺は信号が赤の時に渡るよ。地元だと赤で渡った方が安全なんだ。なぜなら、赤の時の方が車に気をつけて渡るから。 +2 イギリス
・私もまったく同じ。青の時だと注意をしないで渡る事になるからね。実際18歳の頃車に轢かれて命を落としかけた。+2 ポーランド
・マイアミに留学に来ている日本人の友人たちも、いつだってルールをちゃんと守ろうとする。+14 アメリカ
・私の息子が前にドイツの小さな町で、同じようなことを現地の友達に言われたってさ。+1 クウェート
・素晴らしく美しいストーリーね…。これからは私も見習うし、夫にもそうしてもらう!子供に真似して欲しくない事を親が言ってもやってもいけない。+1
・信号無視をしてはいけない理由を、そんなふうに捉えたことなんてなかったよ。タイ
・全ての人にとって素晴らしい教訓になるね。この投稿を友達と一緒に拡散させていただく。
・本当にね……。この日本人の考え方は結局のところ、今ある社会をより良いものに発展させていくために、一人一人が規律を持とうってことなんだと思うよ。日本人はいつだって俺たちよりもはるかに先にいる。間違いなく彼らから学ぶ価値があるよ。3ヶ月近く日本人の生活を直接見てきたけど、あの人達にはとにかく敬意しかない…。+2
・俺もいつも言ってる。「子供は大人の後ろ姿を見て育つんだ」って!+1
・これが日本人の規律だ!インドは大国かもしれんが国民の教養レベルは日本とは程遠い!+30
・すごーい!!! 何そのイケメンな返し!もし私たちも同じような考えが出来るようになったら、きっとインドも素晴らしい社会になるはずだよね!何でこっちの人たちは「俺たちに明日はない」、ってくらいイケイケなんだろう。それが悲しい。+2
・俺らが同じ感性を持つようになるまであと1世紀はかかりそう。+4
・この投稿に出会えて良かった…。「いつだって大人として恥ずかしくない行動を取れ」ってことを伝えたかったんだろう。+6 シンガポール
・日本人は他人の気持ちにすごく敏感で教養が高い。彼らと同じレベルに達するのはインド人にとって難しい事だと思う。俺たちは協調性を学ばないし、協調性のなさがDNAに染み付いてる。
・規律は自分が生かされている社会に対する畏敬の念と、責任感を持つことからしか生まれない。+1 スコットランド
・子供達は大人の行動を見て育つ。結局のところ、大事なのは言葉じゃないんだよ…。 +17 シンガポール
・私はいつも「信号の渡り方も知らないの?」って周りの人たちに咎められるけど、信号すら守れないならそう言われても仕方ないよね… +1 フランス
・これが日本人なんだよ。基本的に日本人はルールを必ず守る。脱線してしまうことがないんだ。
・そして日本の場合その「ルール」がまた美しい
・目を開かされた思い!こういう考え方が日本人を他の国民より優れた人間にしてるのね! +1
・ドイツ人も頑ななまでにちゃんと信号を守るぞ。ドイツ在住
・基本的にヨーロッパ人は信号を守るよ。ルールを遵守する。たとえ真夜中でも。一番重要な2人の存在が見てるから。つまり神とあなたが。+1 印在住
・フランス人はそうでもないぞ。車が通ってないのに信号待ちをするのは馬鹿げてるって考え。スイスは逆で、朝の5時半に散歩してた人が、車の通りがまったくない横断歩道で信号を無視したってだけで、他のスイス人に殴り倒された事件があったくらい厳しい。
・深いね。自分は3年間日本で暮らしてたことがある。他人に対する配慮がものすごいんだよ。日本での生活が本当に恋しい。+1 アメリカ
・単純に、法律で赤信号の時に渡ってはいけないとされているなら、その法律は法律として尊重されなきゃいかんよな。+2
・日本人が信号無視をしないのは罰金とかを恐れてるわけじゃないよね。自分自身が納得できるかどうかって事なんだよ。+1 ネパール
・国民一人一人にこういう意識があるからこそ、日本は秩序正しい国になってるんだろうなぁ…。+7 ミャンマー

2017-11-26 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
■【海外の反応】日本は最高!!海外在住者が日本を素晴らしいと思う6つの瞬間【日本人も知らない真のニッポン】

2017/11/22公開 5:05


 海外在住の日本人が帰国した際に日本の素晴らしさを再認識する6つの瞬間という記事が海外のニュースサイトで紹介されていました。

 日本で暮らしている/暮らしたことのある外国人の方にとっても共感出来る内容だったようで、様々な意見が投稿されています。

1.「15分程、お時間頂きますがよろしいでしょうか?」と断りを入れられたとき

2.「本日は電車が遅れまして大変申し訳ございませんでした」という車内アナウンスを聞いたとき

3.着陸した機体におじぎをする整備士を見たとき

4.電車でぐっすり眠っているサラリーマンを見たとき

5.店員が一人しかいないような店でもテキパキ働いている姿を見たとき

6.目を引く派手な服装や変わった格好をした人の割合が多いなぁと感じたとき

◆海外のコメント

・私も日本に住んでる方がいいw
・日本人の海外在住者だけじゃなく、日本で暮らしたことのある人は皆でしょ。
・5年以上海外で暮らしてる日本人の友人は、たいてい医療とか食べ物って言うけどね。
・誰に聞いたのか知らないが、海外在住の元同僚に聞いた限りでは安全、チップが無い、落し物が帰ってくる、食べ物の質、サービスの質、礼儀正しさ、アジアに居た人は四季とかだね。記事のを一番に思いついたなら本当の日本を知らないとしか。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-11-23 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
■【感動】元コマツ社長が日経に出した個人広告に心打たれる…

2017.11.21 MAG2NEWS

元コマツ社長安崎暁さん(80)感謝の会案内
元コマツ社長安崎暁さん(80)感謝の会案内(470x265)

 あなたがもし、余命半年、もしくは1年だと医者に宣告されたら、どうしますか?
 人は自らの「死」を覚悟したとき、今まで世話になった多くの人々に会いたくなるといいます。

 そんな話を地でいく、ある一人の人物が日本経済新聞に出した個人広告に「心打たれた」とツイッターで話題になっています。

 画像とコメントをアップしたのはツイッターユーザーで、元電通デジタル・ビジネス局局長の長澤秀行さん。

 どんな広告だったのか、さっそく以下のツイートをご覧ください。

 日本の建設機械・鉱山機械のメーカーとして有名な「コマツ」こと、小松製作所の元社長である安崎暁(あんざき・さとる)さん(80)が日本経済新聞に出稿した、個人広告です。

 まず、「私こと安崎暁は」の部分を下げている点に注目。礼儀正しい方ですね。

 そこには「感謝の会開催のご案内」と題された、イベントの案内が書かれています。

 安崎さんは今年10月に体調不良となり、検査の結果、胆嚢がんであることがわかったといいます。しかし、がんは胆道、肝臓、肺にも転移していたことが判明。医者からは手術不能と言われたそうです。

 残された時間はあとわずか。その貴重な時間を「生活の質(QOL)」優先にしたいと考えた安崎さんは、延命治療をすべて断ったとのこと。

 1961年にコマツへ入社し、1995年には社長に就任。2005年に取締役を退任するまで、40年に渡って同社の発展のために尽くされてきた安崎さん。

 引退後もその余生を楽しく暮らしてきたそうですが、そう遠くはない最期までの時間を、今まで公私ともにお世話になった人たちに「感謝を伝える時間に使いたい」と考えたそうです。

 まだ元気なうちに多くの人たちに会いたい、お礼が言いたい、そんな安崎さんの人柄が滲み出るような広告に、多くの人々が心を打たれています。

 私は安崎さんにお会いしたことはありませんが、日本の高度経済成長や世界中の発展途上国などのインフラ整備を支えたコマツの建設機械の発展に長年携われてきた、安崎さんに私こそお礼を言いたい気持ちでいっぱいです。

引用:MAG2NEWS


2017-11-20 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
■【中国】なぜだ!?日本人女性が世界中でモテモテの理由―中国ネット

2017年11月19日 Record China

 2017年11月18日、中国のポータルサイト・今日頭条に、世界中の男性が日本人女性と結婚したがる理由について分析する記事を掲載した。

 記事は、日本人女性は世界のどの国の男性にも比較的人気が高く、それは中国でも例外ではないと指摘。実際、中国では昔から「この世で最も幸せなのは、英国式の家に住み、中国人のコックを雇い、日本人の妻をもらい、米国の給料をもらうこと」と言われてきた。では、なぜ日本人女性は好まれるのか?

 記事が挙げた1つ目の理由は「優しい良妻賢母」というイメージがあるからだという。日本人女性は「物柔らかで優しく、清潔で、おしゃれで、専業主婦になることを好む」と記事は分析。「東洋の良妻賢母と西洋のおしゃれさを兼ね備えた」日本人女性は、男性にとっては理想的なのだという。

 2つ目の理由は「子どもを育てる能力に長けていること」だという。「日本人女性は結婚すると家事を積極的にこなし、夫のために仕えるほか、子育ても周囲に頼らず自力でこなす」というイメージがあるようだ。これは、多くの家庭で祖父母が子育てに大きくかかわる中国とはだいぶ異なっていると指摘した。そして一般に、公共道徳や礼儀作法、子どもの自立を促す教育を重視している点も理想的だとした。

 3つ目の理由は「包容力の大きさ」だ。記事は、日本人女性は男性の浮気をも許すことができるほど包容力があると指摘。「これは男性にとってまさに天国である」とした。

 これに対し、中国のネットユーザーからは「こんなにも良い伝統的な美徳が、中国からは消えてしまった」「もし日本人女性と結婚できるチャンスがあれば、中国のほとんどの男は中国人女性とは結婚しないだろう」などのコメントが寄せられた。

 また、「中国の経済は進歩しているのに、中国の女性は退化している」「中国の女性は夢見るのが好きだからな。自分のことは棚に上げて、イケメンの金持ちと結婚しようとする。相手への要求が高すぎるんだよ」などの意見もあり、男性とみられるユーザーからの中国人女性に対する不満の声が多かった。(翻訳・編集/山中)

引用:Record China


2017-10-17 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
■メキシコ「日本人なら大歓迎だ!」日本人駐在員の増加で治安が改善した街が話題に!

 人件費の安さなどから、世界中の企業が進出しているメキシコ。2015年現在、メキシコに進出した日系企業は900社以上にのぼり、それに従って在留邦人の数も年々上昇しています。

 メキシコの中でも特にグアナファト州には、トヨタ、ホンダ、マツダなどの自動車メーカーが生産拠点として続々進出しており、現地紙の記事によると、同州の在留邦人の数はここ4年で4倍になったそうです(在留邦人は州内最大の都市、レオンに集中している)。

 また記事では、日本人駐在員の数が増えるに従って、州内における犯罪の認知件数が減少し始めたことも紹介されており、その事がメキシコの人々に驚きを与えています。

 コメント欄には、メキシコ中の都市に日本人が配置される事を望む声など、様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

2017/09/23公開 11:03


◆コメント

・日本人が増えると犯罪が減るなんて興味深いなぁ。+21
・つまり日本人の存在がメキシコを守ってくれてるわけだね +8
・日本人にメキシコシティとか他の街にも来てもらおうよ。そうすればメキシコ全体の犯罪率が低下していくはず。+2
・何で日本人が住むと治安が改善されるんだー!?
・日本人は教養のある素晴らしい人たち。揉め事を起こす事しかしない他の外国人とは大違いだ。+37
・そして何より彼らは、他人の考えや行動を尊重してくれる。+2
・よしっ、町の治安を良くしたいなら日本人を呼び寄せればいいんだな!

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-10-14 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
■【動画】走行中「緊急事態」だと気づいた周囲の行動に賞賛の嵐!

2017.10.09 MAG2NEWS

 運転中、予測しない出来事に見舞われたら、あなたは冷静な対応をできるだろうか?

 梅新東交差点付近で、ドライブレコーダーがある出来事を捉えていた。動画を投稿した東大阪桃太郎さんが運転中、前に走っていた一台の車に異変が起きたそうだ。

 ウィンカーも出さずに曲がるなど動きがおかしいと感じた後、走行中にもかかわらずハザードランプが点滅し始めたようだ。投稿者さんは「何かトラブルか?」 と思い、その様子を静観していたそうだが、交差点で停車したところ大変な事態になっていたという。

■セレナの一家に急病人が!助けを求める家族達に、周囲のドライバーが動き出す!
2017/04/12公開 4:49


 運転者が慌てて降りると、隣の車に助けを呼ぶ。左隣りの車からも運転者が様子を見に出てくる。

 「とうちゃん!」 と叫び声が。 隣の車が歩道側に寄せるためバックをする。前方の白い車が後続を止め、別の方に誘導されセレナを移動させる。助手席には、家族の父親らしき男性が意識を失いグッタリしていたそうだ。

 「なぜ路肩に止めないのか」などと言う人もいるが、家族の突然の異変に、運転者も動揺していた事だろう。周囲の暖かく優しい、素早い対応に救われたに違いない。

 大阪では、周囲に居合わせた者同士で助け合う光景は珍しくないそうだ。そして投稿者さんは、このような緊急事態に備えて、救命措置の講習会の参加を検討しているという。

 これを見た人からは、「人の優しさを感じて涙が出てきた」「久々に感動するドラレコ動画を見た」「助け合いって大切だな。」「やはり日本人は温かいです。」「凄い。。。俺も見習わなきゃ」「日本はまだ大丈夫だ」など、賞賛の声が寄せられている。

 急病人の回復を祈るばかりだ。

引用:MAG2NEWS

2017-10-07 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
■幼いライオンを救った男性が数年ぶりに再会したときのライオンの反応に世界が涙した!

2016/12/14公開 11:38


動画の中の3作目の「クリスチャン」の解説です。

■野生に帰ったライオン「クリスチャン」との再会。感動の実話

 ある青年二人とライオンの感動の物語です。有名なお話ですが今改めてまとめてみました。

◆その後のクリスチャン

 "翌年1972年にも二人はクリスチャンと再会を果たす。この時クリスチャンは体格も更に大きくなっており、精神的にも、もう大人のライオンに成長していたため、きちんと挨拶はしてくれたが前年のように無邪気に飛びつくことはなかったという。"

 "これを最後に、ジョージ・アダムソンをはじめ、誰も二度とクリスチャンを見かけることはありませんでした。彼は完全に野生のライオンになったのです。"

◆年を重ねた二人はこう語った

 "この二人、クリスチャンとの事がきっかけで、野生保護に力を入れ始め、現在はWild Life Nowという団体を通して、活動されてるようです。"

 "「もうクリスチャンは死んでしまっていると思うが、クリスチャンの子孫が今でもアフリカの大地できっと生きている……それは40年前にクリスチャンと出会ったときから始まっている……Fantastic legacy is left, Thank you Christian (素晴らしい贈り物を残してくれてありがとう、クリスチャン)」"


2017-10-06 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
■【ノーベル賞】カズオ・イシグロ氏「私の一部はいつも日本人」

2017.10.6 産経ニュース

カズオ・イシグロ氏(矢島康弘撮影)
ノーベル文学賞のカズオ・イシグロ氏01(470x313)

 ノーベル文学賞受賞が決まった作家、カズオ・イシグロ氏は5日午後(日本時間同日深夜)、ロンドンの自宅敷地内で記者会見し、「信じられない出来事だ。予想していなかった」と喜びを語った。「私の世界観には日本が影響している。私の一部は、いつも日本人と思っていた」と述べた。

 イシグロ氏は普段と同じような丸首のシャツの上に濃い色のジャケット姿。駆け付けた報道陣を前に「もう少しきちんとした格好で出てきたかった」と笑みを浮かべた。「大勢の偉大な作家の足跡を私もたどれる所に立っているということで、壮大な栄誉だ。大変な受賞だ」と話した。

 「私はイギリス育ちだが、物の見方、芸術的な感性はやはり日本が影響している。親は日本人で、家では日本語が話されていた。誰もがそうであるように、親の目を通して世界を見ていた」などと話した。

 受賞を知った当時の様子についても振り返り「知り合いから連絡があったが、冗談かと思った。フェイクニュース(偽のニュース)がはやっているので」と笑わせた。その後、スウェーデン・アカデミーの関係者から、イシグロ氏に「賞を受けるか」や「授賞式に出席するか」などの問い合わせがあったといい、快諾したという。「まるで、パーティーに誘うように気軽な感じだった」と話した。

 世の中が不安定になっていると指摘し、ノーベル文学賞受賞によって「小さい形であっても、平和に貢献できればうれしい」と述べた。(ロンドン 岡部伸)

引用:産経ニュース

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-09-30 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
■【衝撃】「まさか小学生に注意されるとは…今日はいったいなんて日だ!」日本に来て初めて知った…日中の歴然たる差【海外が感動する日本の力】海外の反応

2017/08/24公開 12:20



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。