-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-11-30 00:00 | カテゴリ:スポーツ
2017.11.29 産経ニュース

引退記者会見の横綱日馬富士関(470x313)
現役を引退し、会見する日馬富士(右)=29日午後、福岡県太宰府市(沢野貴信撮影)

引退記者会見の横綱日馬富士関(200x262) 暴行問題を起こし、29日に現役を引退した大相撲の横綱日馬富士(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が同日、福岡県太宰府市で記者会見を開き、「このたび、貴ノ岩関にけがを負わせたことに対し、横綱としての責任を感じ、本日をもって引退をさせていただきます。国民の皆様、相撲ファンの皆様、相撲協会、伊勢ケ浜部屋の後援会の皆様、親方、おかみさんに大変大変迷惑をかけたこと、心から深くおわび申し上げます」と頭を下げた。

 会見には師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)も同席し、「横綱の権威を汚すようなことをした。本人が一番悪い。申し訳ないと言うしかない」と話した。

◆「礼儀礼節を正すのは先輩の義務」

 --引退した今の心境は

 「本当に国民のみなさまに、騒がせて、相撲協会、支えてくれた方に迷惑をかけて、心から申し訳ないと思っている」

 --引退はいつ決めたのか

 「このことがマスコミに報じられ、(伊勢ケ浜)親方と話して、横綱として横綱の名が傷つかないよう責任を持ちたいと伝えた」

 伊勢ケ浜親方「やった事実はあるので、責任はとらないといけないと。横綱という名前を汚してはいけない。私の指導不足もあるが、本人も反省して、社会貢献していければいい」

 --一体、何があったのか

 「先輩力士として、弟弟子の礼儀礼節を正すことは先輩としての義務だと思う。叱ったことで彼(貴ノ岩)を傷つけ、ファン、世間を騒がせてしまった」

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

スポンサーサイト
2017-11-15 14:33 | カテゴリ:スポーツ
■日馬富士、逮捕の可能性も…引退からの廃業必至 角界関係者「常軌を逸している」

2017.11.15 zakzak夕刊フジ

 どうしてこんな事に・・・産経新聞によると
 貴ノ岩関は日馬富士関から、兄弟子に対するあいさつが足りないなどと生活態度を注意されていた。そのとき、着物の帯に差していた貴ノ岩関のスマートフォンが鳴り、操作しようとした瞬間に全てが始まった。日馬富士関がテーブルにあるビール瓶で、近くに座っていた貴ノ岩関の頭部を思い切り殴打。「人が話をしているときに…」と激怒。日馬富士関は荒れに荒れた。暴行の最中に止めに入った白鵬関を突き飛ばし、後輩横綱の鶴竜関には「おまえがしっかり指導しないからだ」と大声で言った。
 日馬富士関が部屋に来たときから知っているという自営業の男性(76)が「横綱は気品が求められるだけに、事実とすればもう終わり」と肩を落とした。(産経新聞)
 貴ノ岩関の「もう、あなたたちの時代ではない」といった趣旨の発言に、日馬富士関が激高したという。話もある(産経新聞)


稽古を終え、暴行について謝罪する日馬富士=14日午前、福岡県太宰府市
日馬富士暴行事件_謝罪する日馬富士(470x432)

日馬富士暴行事件_貴ノ岩(27)貴乃花部屋(200x271) 大相撲の横綱・日馬富士(33)=伊勢ヶ浜部屋=が10月26日の鳥取巡業後に行われた宴会で、同じモンゴル出身の東前頭8枚目・貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=をビール瓶で殴り、頭蓋骨骨折の重傷を負わせていたことがわかった。日馬富士は14日午前、現在開催中の九州場所の休場を申し出た。警察が傷害事件として捜査に乗り出すのは確実で、現役横綱が逮捕される可能性すら否定できない。進退問題への発展も必至だ。

 「貴ノ岩のけがにつきましては、貴乃花親方、貴乃花部屋の後援会、相撲協会、うちの部屋の親方に大変ご迷惑をかけたことを、深くおわび申し上げます」

 日馬富士は14日午前、報道陣の前に現れて頭を下げた。その後、伊勢ヶ浜親方(元横綱・旭富士)とともに、貴ノ岩が所属する貴乃花部屋(福岡県内)に向かった。

 一方、日本相撲協会は同日、九州場所の会場である福岡国際センターで緊急会合を開いた。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-11-01 12:00 | カテゴリ:スポーツ
■【衝撃】海外絶賛「やっぱ日本人は特別だね…」 全米が感動したダルビッシュ投手の神対応とは?【海外が感動する日本の力】海外の反応

 これが日本人でなくて韓国人だったら、国中が被害者として猛反発だろうね!
 ましてや韓国人選手の場合はダルビッシュのようなコメントは出てこないでしょうね! (笑)


 日本時間28日に行われた米大リーグのワールドシリーズ第3戦で、アストロズのグリエル選手がダルビッシュ投手から本塁打を放った後、ベンチで目を釣り上げるジェスチャーをしながら、スペイン語でアジア人を指す蔑称を口にしていたことが、現在アメリカ国内で大変大きな問題になっています。

 2014年にDeNAでもプレーしていたグリエル選手は試合後、「誰も傷つけるつもりはなかった。日本でプレーしていたし、日本人には多大な敬意を持っている」と釈明しましたが、それでも批判の声はやんでいません。

 ダルビッシュ投手はこの件に関して、英語で以下のようにツイートしています。

 「完璧な人間なんていません。彼もそうだし、僕だってそうです。 彼が今日したことは、正しい行為ではなかった。それでも僕たちは、彼を責めるよりも、学ぶ努力をするべきなんです。
 この経験から学べるならば、人類にとって大きな一歩になるはずです。僕たちはこんなにも素晴らしい世界に生きているのですから、怒りにフォーカスするのではなく、ポジティブに、前に進んで行きましょう。皆さんの大きな愛情が、僕の支えになっています」


 このダルビッシュ投手のツイートは各メディアで取り上げられ、コメント欄にはダルビッシュ投手を賞賛する声が殺到しています。その一部をご紹介しますので、ごらんください。

2017/10/30公開 12:20


記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-10-21 14:44 | カテゴリ:スポーツ
■平昌五輪観戦はほとんど我慢大会!?氷点下10度に吹きさらしのメーン会場=韓国ネット「選手たちだけでやって」「今からでも開催をやめた方が…」

2017年10月20日 Record China

 日本人は行かない。平昌の気候で天井無し、暴風壁無し、暖房無し、トイレは仮設4ヶ所だけ(パンパース必須持参)の開放型。平昌の2月9日の過去5年の平均気温は氷点下8.3度で、2013年には最低で氷点下20.3度を記録している。暖房設備はない。観客は会場で配られる予定の膝掛けとカイロで「耐える」しかないのだ。 みぞれ混じりの雨でも降られたらたまらんな~、いや積雪15センチで観客席大崩壊の予感。行かないから興味なし。慰安婦だらけの韓国に行く日本人いる?

 チケット価格は、開会式のA席が150万ウォン(約15万円)で最も高く、人気のあまりない種目のボブスレーの予選が2万ウォン(約2000円)で最も安い。人気のフィギュアはフリーの際のA席が60万ウォン(約6万円)、エキシビションが80万ウォン(約8万円)。冬季五輪で人気が最も高いアイスホッケーは決勝戦のA席が90万ウォン(約9万円)する。五輪組織委のマーケティング局長は訪問観客が少ないから「価格は高い」と認めている。

 韓国の丁世均議長が平昌冬季五輪への日本人観光客訪問を求め、「もし少なかったら2020年東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と述べていたので、日本からは行かないほうが良いですね。韓国から東京五輪には来ないわけですから日本にとっては万々歳ですね。(笑)


 2017年10月20日、開幕まで100日余りとなった平昌(ピョンチャン)冬季五輪について、韓国・ノーカットニュースが読者を不安にさせる記事を報じた。見出しには「真冬に露天運動場で?」とある。そう、同五輪の開・閉会式が行われるメーン会場「オリンピックプラザ」は屋根がなく吹きさらし、これといった防寒対策もなく、大統領府も頭を悩ませているというのだ。

 記事によると、山間部に位置する同会場付近の過去10年間の2月の平均気温は氷点下4.5度、体感では氷点下10度にもなるという。また日本のメディアが伝えた会場近くの観測所のデータでは、開会式が開かれる2月9日の過去5年の平均気温は氷点下8.3度で、2013年には最低で氷点下20.3度を記録している。

 そこに造られたスタジアムは、天井も外壁もない開放型の構造。観客は厳しい寒さにさらされ、雪や雨が降ればさらに悲惨な状況になることが想像できるが、暖房設備はない。観客は会場で配られる予定の膝掛けとカイロで「耐える」しかないのだ。

 記事はもう一つ、会場の安全問題も未解決だと伝えている。大会終了後の維持費用などを考慮し、スタジアムは使用後の撤去が容易にできるよう「臨時施設」の形態で建てられている。そのため風が強く吹いたり観客が一度に大勢移動したりすると揺れるのだそう。先月、安全点検のため現場を訪れた大統領府の関係者までもが「安全に問題がないと分かっている人でも不安なのに、国民は果たしてどうだろうか」「なぜこれほどいいかげんに準備したのか疑わしい限りだ」と語ったという。

 こうした直接的な問題に加え、北朝鮮にまつわる安保問題や経済環境の冷え込みといった事態を抱えた韓国では、国民の五輪への関心はいまひとつ盛り上がらないままだ。記事によると、大統領府は国民の関心を引き出すため「孤軍奮闘」しているという。

 スタジアムの安全問題については、安全管理公団と大統領府がそれぞれ2回ずつ安全点検を行い「問題なし」との結論を得ているものの、さらに国民の目で安全性を確認してもらうため、収容人数の7割に当たる2万8000人をスタジアムに招くイベントを準備中とのこと。また防寒対策については近く国民を対象にアイデアを募集し「国民参加型の五輪」を演出する計画という。

 この記事を受け、韓国のネットユーザーからは「大統領府の皆さん、いろいろとご苦労さま」「政権が変わらなかったら五輪は大失敗するところだった」と温かい声も上がったが、「真冬に屋根なしって、誰も行かないだろ!」「キム・ヨナと選手たちだけでやってくれ」「今からでも誘致した五輪を返上して」「やっぱり五輪はやめておいた方が…」など、五輪に対しますます後ろ向きな声が集まっている。(編集/吉金)

引用:Record China

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-09-27 14:50 | カテゴリ:スポーツ
■【2018平昌五輪】公式HPの世界地図に日本がない 「ひどい」「わざとか」日本人の怒りの投稿続々

2017.9.27 産経ニュース

  オリンピック開催国の資格無し!。国家事業と言ってもいい「平昌五輪」よくもまあ! ここまでするとは信じられない。その信じられないことをするのが朝鮮。

 「平昌五輪に多く来て下さい。もし少なかったら東京五輪には韓国から1人も行かせない」ここまで言っていた韓国が、よく言うよ!
 韓国から日本は来なくていいと言ってますので、選手には申し訳ないが不参加。さようなら韓国さんバイバイ (^_^)/~~~


平昌五輪 HPの世界地図に日本がない(470x342)
話題となっている平昌五輪の公式HP上の世界地図。朝鮮半島の横が海になっている(ホームページから)

 平昌五輪の公式ホームページに掲載されている世界地図から日本がなくなっていることが27日、分かった。日本のツイッター上では「これはひどい」「陰湿すぎ」「政治利用するな」といった怒りの投稿が相次ぎ、なかには「ボイコットすべきだ」といった意見も上がっている。

 問題の地図は、平昌五輪の公式HP内の「ドリーム・プログラム」を紹介するページにある。

 気候などの原因で練習が難しい国や地域の青少年を招待し、ウインタースポーツを体験する機会を与える取り組みだが、参加国を紹介する世界地図のなかから樺太ともども日本列島が抜け落ちているのだ。

 スマホ版では画像と重なって見えないが、パソコンで確認すると完全に抜け落ちているのが分かる。また、別のページに掲載されている、朝鮮半島の地図には「EastSea」「Dokudo」の表記もあった。

 日本のツイッターユーザーの間では「これわざとでしょ?」「差別じゃないの?」「五輪憲章である『五輪を政治利用してはならない』っていう違反を犯してる」「ボイコットかな」との怒りの声が相次いだ。

 「例えば日本人がよく見る東アジアの地図は詳しいように、韓国人も同じだと思う。日本にある世界地図で仮に朝鮮半島が抜けてたら気がつくだろう。ましてや五輪のHPなんだから、何人も確認してから載せるはず。確信犯としか思えん」といった声や、「自分がされて嫌なことをしてくる国とどうやって仲良くすれば」という困惑の声もあった。

 この件に関して、平昌五輪組織委員会など韓国側の見解や対応が注目される。(WEB編集チーム)

引用:産経ニュース

2017-08-24 16:51 | カテゴリ:スポーツ
■【ボクシング】山中慎介破ったネリが禁止薬物反応 筋肉増強剤陽性、WBCが発表

2017.8.24 産経ニュース

 これでネリが失格になり山中慎介が返り咲くのかな?

ネリの右を受ける山中慎介(左)=島津アリーナ京都
ネリの右を受ける山中慎介(470x315)

 世界ボクシング評議会(WBC)は15日の世界バンタム級タイトルマッチで山中慎介(帝拳)を破って新王者となったルイス・ネリ(メキシコ)が試合前に行ったドーピング検査で禁止薬物ジルパテロールに陽性反応を示したと23日、公式サイトで発表した。筋肉増強剤クレンブテロールに似た性質を持つという。WBCは調査を進めるとしている。

 日本ボクシングコミッション(JBC)には既に連絡があり、B検体や試合後に採取した検体の検査結果を受けてWBCと対応を協議する方針。

 山中は4回TKO負けで王座から陥落し、具志堅用高の持つ日本記録の世界王座13連続防衛に失敗した。(共同)

引用:産経ニュース

記事の続き(動画)有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-06-10 15:25 | カテゴリ:スポーツ
■<サッカー>“被害者”浦和にも罰金!日韓乱闘で処分=中国ではメディアもネットも「日本寄り」

2017/06/10 livedoor NEWS

 ・ACL日韓乱闘の処分について、中国からの批判の声を紹介している
 ・「済州の重罰は不可避」と浦和寄りの姿勢を示している中国メディア
 ・中国ネットでは「処分が軽すぎる」などの意見があがっている


サッカー浦和戦で韓国済州が乱闘問題(470x312)

 アジアサッカー連盟(AFC)は9日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)浦和レッズ対済州ユナイテッドの試合で発生した乱闘に対する処分を下し、その内容が中国でも大きな注目を集めている。

 先月31日に行われた試合では、試合中のプレーと乱闘騒ぎで済州の3選手が退場処分となり、浦和のズラタンと武藤にもイエローカードが出された。

 今回のAFCの処分では、2枚のイエローカードを受けて退場処分になりながら試合終了後に審判に詰め寄ったとされるチョ・ヨンヒョンに6カ月の出場停止と罰金2万ドル(約220万円)が、浦和の阿部に肘打ちを見舞った控えのペク・ドンギュに3カ月の出場停止と罰金1万5000ドル(約165万円)が、乱闘に加わったクォン・ハンジンに2試合の出場停止と罰金1000ドル(約11万円)が科されたほか、済州にも4万ドル(約440万円)の罰金が科された。また、浦和にも「関係者が乱闘に参加した」として罰金2万ドルが科されている。

 これに対して、済州側は処分を不服として抗議する姿勢を見せており、浦和は内容について確認したうえで今後の対応を決めるとしている。韓国ではメディアが済州を厳しく批判する一方で、「挑発した浦和にも責任がある」との論調も根強い。対する日本では、「AFCが下した罰が軽い」「巻き込まれた浦和が処分を受けるのはおかしい」という論調が支配的だ。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-06-09 16:38 | カテゴリ:スポーツ
■サッカー 乱闘問題が“泥仕合”の様相 張本氏の浦和批判にネットは炎上、韓国は槙野の“指3本”が引き金と報道

2017.6.7 zakzak夕刊フジ

浦和戦で韓国クラブが晒した醜態(470x312)

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)でのJ1浦和と済州(韓国)の乱闘問題は“泥仕合”の様相を呈している

 5月31日の試合(埼スタ)で3-0でリードした浦和が、終盤に定石通りに時間稼ぎをすると、済州はイライラを募らせ、浦和FWズラタンと済州選手とのもみ合いが発生。さらに、済州の控えペク・ドンギュがピッチに乱入し、浦和MF阿部の顔面にフライングエルボー(ヒジ打ち)を食らわせる蛮行を働いた

 試合終了直後にも、済州の複数の選手が浦和DF槙野を追いかけ回し、槙野が全力疾走でロッカーに逃げ込む一幕も。槙野は「殺されるかと思った。マジで」と振り返った。この騒ぎで浦和は今月2日、アジアサッカー連盟(AFC)に「再発防止」を求めて抗議文を提出した。

 しかし、済州側は騒動の原因は浦和の挑発にあると主張。趙城煥監督も「浦和の選手の行動がわれわれを刺激した」とし、韓国メディアは、槙野が試合終了直後、済州ベンチに向って指を3本立ててみせ、3得点で勝ったことを誇示したことなどが乱闘の引き金になったと報じている。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-06-03 14:38 | カテゴリ:スポーツ
■【世界卓球】平野美宇、48年ぶり女子単でメダル確定! 17歳が世界4位を圧倒

2017.6.3 産経ニュース

女子シングルス準々決勝でプレーする平野美宇=デュッセルドルフ(共同)
世界卓球_平野美宇(470x312)

 卓球・世界選手権個人戦第5日(2日、ドイツ・デュッセルドルフ)女子単準々決勝で世界ランキング8位の平野美宇(17)=エリートアカデミー=が、ロンドン五輪銅メダルで同4位のフェン・ティアンウェイ(30)=シンガポール=に快勝し、準決勝に進んだ。3位決定戦がないため、この種目の日本勢で48年ぶりのメダルが確定した。石川佳純(24)=全農=は敗退。女子複準々決勝では、伊藤美誠(16)=スターツ、早田ひな(16)=福岡・希望が丘高=組が香港ペアを下してベスト4入りし、日本勢では16年ぶりのメダル獲得となった。(サンケイスポーツ)

 17歳、恐るべしだ。高校2年の平野が、1969年大会以来48年ぶりのメダルを獲得。準々決勝で世界ランキング4位のフェン・ティアンウェイ(シンガポール)にストレート勝ち。日本勢の単で、48年間閉じられていた世界選手権個人戦での表彰台の扉をついにこじ開け、目をパチクリさせた。

 「歴史に(名前を)残せてうれしい。試合中はメダルを意識せずに自分のプレーをしようと思った。絶対にメダルを考えちゃ駄目、考えちゃ駄目って思ってました」

 昨夏、リオデジャネイロ五輪の代表を逃した悔しさをぶつけた。第3ゲームこそ18-16と苦戦したが、あとの3ゲームは大差をつけた。4月中旬のアジア選手権で中国勢を次々となぎ倒して頂点に立った。“ハリケーン・ヒラノ”と恐れられた実力を、世界に向けて存分にアピールした。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-06-02 14:32 | カテゴリ:スポーツ
■「正気を失った」 ACL浦和戦で韓国クラブが晒した醜態、英メディアが一刀両断

2017.06.01 FOOTBALL ZONE

浦和戦で韓国クラブが晒した醜態(470x312)

2017/06/01公開 16:33


◆第1戦0-2敗戦から第2戦3-0勝利、浦和の8強入りに英メディア「極上の逆転劇」

 AFCチャンピオンズリーグ16強第2戦の浦和レッズ対済州ユナイテッドで、前代未聞の退場劇と試合後の乱闘騒ぎが起きた。済州の控え選手がピッチに乱入し、浦和の元日本代表MF阿部勇樹にジャンピングエルボーを見舞い、試合後には日本代表DF槙野智章を追いかけ回し、浦和のスタッフに暴行を仕掛けるなどの蛮行を展開。英メディアも韓国クラブのあまりの醜態を見かねた様子で、「正気を失った」と一刀両断している。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。