2014-12-31 12:00 | カテゴリ:科学技術研究開発家電
■高専ロボコン2014、熊本高専優勝

2014年11月23日

決勝は熊本高専「本気(マジ)の宅配便」と旭川高専「ベルーガ」の対決になった。

 準決勝の後、エキシビションでいったん会場の空気がゆるむ。しかし、両アナウンサーのコール、そして本番、決勝ならではのド派手な演出で、会場の空気が一気に変わる。固唾を呑む、とはこのことだろう。

 熊本はこれまで抜群の安定感を見せてきた。20枚以上を積み、2回のお届けを成功させているのは熊本と和歌山だけだ。インタビューで、リーダーはしきりに「2012年のくやしさ」ということを口にした。5年間、ずっと優勝を狙い続けてきたとのことだ。

 旭川は、1回の枚数は少ないものの、スピードは抜群。1分以内でコンプリートできる力を持ち、しかも安定している。しかし、試合前のリポートでは、タレントの足立梨花さんが、旭川がずっとトラブルと戦っていたことを教えてくれた。

試合開始を告げるコール。応援席からは、ひときわ大きな声が飛ぶ。

熊本は24枚。これまでの実績通り。

20141231_高専ロボコン2014、熊本高専優勝(470x352)

 対する旭川は12枚を積んだ。これはチャレンジングな枚数だ。しかし、少なくともこの枚数以上で2回目を狙わなければ、熊本には勝てない。

両者とも、これまで通りの安定性。それぞれ1回目を届け、2回目に移る。

 しかし、旭川は戻る途中にまさかのリトライ。おそらく、これがマシントラブルの影響なのだろう。急ぎ、2回目を目指す。13枚を積む。熊本が2回目を失敗すれば、勝てる枚数だ。

 残り5秒。最後ににせいろを届けたのは、熊本だった。計44ポイント。旭川は2回目、坂でのリトライ中だった。

 会場は歓声と拍手、ひときわ大きなアナウンスに包まれる。駆け寄って抱き合うメンバー、金銀のテープが、熊本チーム全員をつつむ。

 旭川メンバーは、しばしの間、固まった。3人の顔には悔しさが見える。しかし、記者の耳には、旭川への声援も確かに聞こえた。

○ 熊本高等専門学校(八代) 44
× 旭川工業高等専門学校B 12

 記者は、今大会の戦略の見どころについて、「スピードかパワーか」という言葉を使った。しかし、熊本を見ていると、スピードもパワーも兼ね備えることができる、ということを思い知らされた。

 もちろん、熊本以外の各校も同様だ。数多くのアイデア、可能性を見せつけられ、そして何より楽しんだ。勝敗のみならずその知力、発想、努力、実現力にも、デバプラは敬意を表したい。同時に全国大会のみならず、地区大会への参加者、そしてすべてのロボコン参加者に、エールを送りたい。

各賞

ロボコン大賞&優勝:熊本高専(八代)
準優勝:旭川高専
アイデア賞:鈴鹿高専
技術賞:和歌山高専
デザイン賞:大島商船高専
アイデア倒れ賞:仙台高専(広瀬)
出前迅速賞:大分高専

特別賞・本田技研工業:木更津高専
特別賞・マブチモーター:大島商船高専
特別賞・安川電機:高知高専
特別賞・東京エレクトロンFE:熊本高専(八代)
特別賞・田中貴金属グループ:仙台高専

 会場では、高専生のみならず、未来のロボコニストたるお子さんの姿も多く見られた。この経験は、きっときっと彼ら彼女らをインスパイアしたに違いない。これからも、ますますロボコンが楽しみだ。

情報元:Device Plus


スポンサーサイト
2014-12-31 00:00 | カテゴリ:韓国
■竹島「譲歩」しても孤立 韓国「朴槿恵外交」の迷走

産経ニュース 2014.12.30 07:00

20141231_パク・クネ(200x287) 韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権の外交が迷走している。竹島(島根県隠岐の島町)での施設建設を見送ると、世論から非難を浴びる一方、2米国人解放をめぐる米朝接触や日中首脳会談の流れに外交的「孤立」を危惧する声も上がる。かといって対中依存にも警戒感が強く、日本に要求一辺倒だった朴槿恵外交が守勢を強いられつつあるようだ。

■日本に「一本」取られる

 韓国政府は、竹島で計画していた災害時の避難施設の建設中止を決定した。韓国紙は、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相(61)が閣僚会議で「日本との外交摩擦を避けるべきだ」と発言したためだと報じた。菅義偉(すがよしひで)官房長官(65)は「わが国が冷静に紛争を解決する考えを伝えてきたので、韓国側が判断したのではないか」と一定の評価を示した。

 これに対し、韓国紙は社説で一斉に反発した。保守系大手の朝鮮日報(電子版、11月6日)が「中止が韓日首脳会談に向けた措置なら日本に誤った認識を与える不適切な対応だ」と論じると、中央日報(8日)は「日本政府が自国の要求が通ったようにコメントし、恥をさらした」と批判した。

 2012年に当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領(72)が竹島に上陸したことが日韓関係悪化を招いたことを考えると、建設中止は「適切」な対応といえる。各社説も中止を非難しているのではなく、省庁間の根回しや公式発表がなかった上に日本側の成果のように“一本”取られたことに腹を立てたのだ。

■感情より国益追求が本質

 世論の反発に韓国外務省は「日本への配慮」との見方を否定。朴政権は相変わらず、慰安婦問題で「日本の誠意ある対応」を強調するばかりで、建設中止を外交メッセージとして生かせなかった。東亜日報(8日)は「日本から得るものもなく、韓国政府の歩調の乱れで守勢に追い込まれた」と嘆き、左派系のハンギョレ(7日)は「一貫性ある戦略もなく右往左往し、日本に領有権主張の口実を与えた」とし、「外交的な討ち死にに近い」と評した。

 韓国が竹島問題に拘泥しているうちに周囲の外交は目まぐるしく動いた。バラク・オバマ米政権は情報機関を束ねるジェームズ・クラッパー国家情報長官(73)を北朝鮮に派遣し、拘束されていた米国人2人の解放にこぎ着けた。朝鮮日報社説(10日)は「外交で重要なのは、相手に対する好き嫌いの感情ではなく、『国益』だと思い知らされた」と評価した。

 歴史問題で韓国と歩調を合わせ、安倍晋三政権を糾弾し続けてきた中国の習近平国家主席(61)が一転、日中首脳会談に応じたことについても、中央日報日曜版(9日)は社説で「好悪を離れ、国益追求が外交の本質であることを示す“事件”だ」と伝え、ひるがえって韓国は「疎外される可能性を懸念し、苦心するしかない立場になった」と指摘した。

■追い込まれた朴大統領

 朴政権も手をこまねいているだけでなく、慌てるように中国との自由貿易協定(FTA)を実質妥結させた。韓国内では「13億人の市場が開かれ、大きなチャンスだ」と歓迎の声が出る半面、中央日報(13日)は「中国の強力な磁場にのみ込まれれば、属国に転落する可能性も排除できない」と警告する専門家のコラムを掲載。

 ハンギョレ(9日)は社説で「わが国の外交が直面する四面楚歌(そか)の状況は表面上ばかりきらびやかで、内容が不十分な外交政策が招いた必然の産物だ」と突き放した。

 朝鮮日報(11日)はこんな読者の声を伝えた。「外交の孤立を避けたいなら、意思疎通をおろそかにしたまま原則ばかりを前面に出すのではなく、実利を優先する外交政策に取り組まなければ」。朴槿恵大統領(62)は追い込まれるように、東南アジア諸国連合(ASEAN)との首脳会議で、安倍晋三首相(60)と足並みをそろえ、「条件なし」の日中韓首脳会談の早期実現希望を表明した。(国際アナリスト EX)

情報元:産経ニュース 2014.12.30


2014-12-30 12:00 | カテゴリ:国際
■【感動】日本や日本人のことが大好きな国を紹介。

■最も信頼できる国
 日本33% アメリカ16% 英国6% 韓国2% オーストラリア5% 中国5% フランス1% ドイツ3% インド1% ニュージーランド4% ロシア3%
全体として日本は調査対象の11カ国の中で最も信頼できる国と評価された。

■アジア10カ国の親日度調査
 韓国・中国を除く全ての国は、85%以上が日本を「大好き」ないし「好き」と回答。
中国でも過半数以上が「大好き」「好き」という結果。
韓国には過半数以上から嫌われているという結果。

■各国の影響力についての世論調査
 日本に対する評価の内、58%がPositive(ポジティブ)な評価をした。
これは、調査対象の国の中で一番である。

■親日国が多い理由
・世界中に資金提供・技術提供し、国際貢献している。
・にもかかわらず、内政干渉をしない。
・優れた製品を作る。
・観光者が世界を訪れ多くのお金を使い、マナーも良い。
・白人による支配を止め、有色人種に希望を与えた国。

■親日国の一部をご紹介

パラオ バングラデシュ
 日本の統治を経験し親日に、国旗も日の丸3兄弟。(関連記事(1)参照)

トルコ
 1890年トルコの軍艦エルトゥールル号が和歌山県沖で遭難。日本は遭難者の救助に当たり、生き残った乗組員たちを日本海軍の軍艦で母国に送り届け親日になりました。

台湾
 日本の統治を経験し親日になりました。若者も日本の文化に興味がある人が多い。東日本大震災の時には義援金200億円を超え、世界一に。本当にありがとうございました m(_ _)m  超過激な親日派の人たちは戦後の沖縄と同じく「台湾は日本の領土」「我々は日本人である」とまで言っています。確かに中国に飲み込まれるよりはね~  (関連記事(2)参照)

 台湾人が好んで用いる言葉に「日本精神(リップンチェンシン)」というものがある。
これは日本統治時代に台湾人が学んだもの
「勇気」「誠実」「勤勉」「奉公」「自己犠牲」「責任感」「遵奉」「清潔」といった精神を指す言葉。

ポーランド
 まだまだ日本では知名度の低いポーランドですが、それとは反対に、ポーランドの人は日本が大好きです。「私も日本人に生まれたかった!」「将来は日本に定住したい!」など、日本への愛を語るポーランド人は多い。(関連記事(3)参照)

モンゴル
 モンゴルが共産主義からの脱却の際に日本が援助を行ったことで親日になった。また、その後の日本からのODAで発展を遂げたことをニュースなどで報道しているため。

中国韓国とは大違い!
 中国にも日本は多額のODAを出しています。
 韓国は日本の援助のことは国民に一切触れず、韓国経済の発展を「漢江の奇跡」などと自国民のみで実現したかのように振る舞う。
 これからの日本は韓国・中国のように今まで莫大な経済援助をして「無駄金」「死に金」になってしまったような国とは付き合わずもっと親日国に寄り添う事を考えるべき。
韓国がこっちを向いたならば「あっち向いてホイ」で中国(属国に)に顔を向かせましょう。

アルゼンチン
 明治時代に南米アルゼンチンへと渡った日本人たちが、非常に真面目に働き、地域の発展に貢献したために親日になった。

その他にも挙げられないほどたくさんの親日国が・・・
 ブータン、インド、ブラジル、ウズベキスタン、パラグアイ、ベルギー、フィンランド、イタリア、アイルランド、カンボジア、イラン、ネパール、ハンガリー、ミャンマー、タイ、スリランカ、マレーシア、インドネシア、ネパール、カナダ、パキスタン、アイルランド、フランス、ベトナム、エジプト、バングラデシュ、パナマ、メキシコ等々。

それでも日本人の自国への誇りは、世界で最下位。世界33カ国中、最も低い国は日本。

その理由は・・・

ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(War Guilt Information Program)
分かりやすく言えば日本人弱体化政策のことです。(関連記事(4)参照)

 「白人による植民地支配からのアジア解放」を目指した大東亜戦争を、戦勝国の都合のいい歴史観、戦争責任を一方的に日本人に押しつけることによって米側の戦争責任を隠し、日本人に罪悪感を抱かせ、アメリカでなく日本の軍隊を恨むように仕向け、日本人の心を骨抜きにする宣伝計画。

 占領期間7年間(大東亜戦争の倍近い期間)かけて行われたこの日本人洗脳計画は、東京裁判、検閲、占領憲法の制定、公職追放、教育基本法の制定、焚書(ふんしょ)により、勇敢な日本人、善意溢れる日本人、優秀な日本人は、日本国には存在しないと情報操作された。

 また、日教組を設立し、教育現場に、日本の伝統文化、例えば「日の丸」や「君が代」、人間形成の基本となる「男らしさ」や「女らしさ」、そればかりか、世界最古の歴史を連綿と伝える天皇陛下の存在(関連記事(5)参照)まで徹底的に冒涜し戦争への回帰であると騙し無視する体制を作り上げた。

 アメリカ本国よりの第一級指令に基づきマッカーサーが目指した、世界で唯一「自分の国は悪かったのだ」という歴史観を学校で教えマスコミが喧伝する、日本人としての誇りを失った、骨抜きの民族に仕立て上げられた。

「自分の国(日本)を否定することこそが正義」という考え方が日教組の教育で日本国民の隅々まで植え付けられてしまっているのです。

 このような特異な考え方、歴史観を持つ国民は、世界で唯一日本人だけです。

マッカーサーは日本支配に際してこう命令した「この民族は、修身(道徳)(関連記事(6)参照)、歴史を教えてはならない」日本の学校から、国史の授業が消えた。

 その結果「日本人の自国への誇りは、世界で最下位。世界33カ国中、最も低い国は日本」となってしまった。

目覚めよ日本人!!

2014/05/24公開 6:16


関連記事 親日国トルコ
トルコ「さすが兄弟国」 日本で行われたオスマン軍楽隊の演奏にトルコ人が感激
1890年エルトゥールル号の遭難 トルコと日本を結ぶ奇跡の実話
安倍首相トルコの友情を道徳の教材に 自国を貶める歴史教育なんかより有益だ
トルコ人が語った「神様が日本人を創った理由」が泣ける
韓国から日本に鞍替え?トルコの戦車開発パートナーと日本の事情
日本のスゴイ所ベスト50


2014-12-30 00:00 | カテゴリ:韓国
■韓国に嫁いだ女性の殺害相次ぐ ベトナム、対策求める

ハノイ=佐々木学 2014年12月28日23時15分

 結婚して韓国に渡ったベトナム人女性が殺される事件が相次ぎ、ベトナムで問題になっている。韓国人の夫による家庭内暴力(DV)などのトラブルも多く、ベトナム政府は韓国側に早急な対策を求めた。

 ベトナム国営メディアによると、韓国南東部の慶尚北道で今月17日、ベトナム人女性(28)が自宅で首を絞められて死亡しているのが見つかり、韓国人の夫(42)が殺人容疑で逮捕された。言葉が十分に通じず、夫婦関係が悪化していたという。

 11月30日には、ベトナム人女性(22)がホテルで韓国人の男に殺される事件があった。女性の家族によると、2年前に別の韓国人男性と結婚したが、子どもが産めないことを理由に離別され、韓国に残って仕事を探していたという。

情報元:朝日新聞デジタル
関連記事:
有名タレントで牧師のソ・セウォン妻「結婚32年間は捕虜生活、命の危険感じた」
関根麻里、韓国人歌手Kと結婚??? 暴力に耐えられるか?

関連サイト
東南アジア女性「韓国人の夫が怖い
韓国から暴力を受けて帰ってくる日本人女性達
韓国人との結婚を法で規制する国が続々と!
      ↑大量の情報がある


2014-12-29 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
■路線バス運転手 車椅子の子どもに言葉の暴力 泣ける話

 10歳の息子がある病気を持っており車いす生活でさらに投薬の副作用もあり一見ダルマのような体型。
知能レベルは年齢平均のため、尚更何かとつらい思いをしてきている。

 今日、通院日でバスに乗った時、いつも通り車椅子の席を運転手が声かけして空けてくれたのだが、どうやらそれで立たされた人がムカついたらしくひどい言葉の暴力を喰らった。

「ぶくぶく醜い

何で税金泥棒のために立たされなきゃならないの?
補助金で裕福な生活してるくせに

役に立たないのに
何で生かしておくかなあ?」

 それもこちらに直接言ってくるのではなく雑談のように数人でこそこそ

それがまだ小さい子連れの母親のグループだった。

「お母さん降りようか?」
と言ってくれたんだが実は耳が聞こえにくいため声が大きく発音が不明瞭な息子に今度は普通の声で

「きも!」と言われた。

あまりのことに切れて
「何か息子の件でご迷惑でも?」
と言ったら笑いながら

「何か?だってww うけるwww」
と嘲笑された。

さらに

「うちは娘だから あんなのに目付けられたくない アタマがないからレイプされても泣き寝入りだもんね~」

とも言われた。

さすがに降りようとしたら運転手さんがバス停に止まって
「え~奥さん、ここで降りてください」
と言われる始末。

「あ~も~ いいや、苦情だけ入れて2度とこの路線使うもんか」
と思いながら車椅子を外そうとしたら
「あ、お母さんじゃなくて」
と私を見て運転手さんが続けた。

「後ろの奥さん方
あなたたちが乗ってること自体が他のお客さんに迷惑ですので
こちらで降りてください」

私、ポカーン
息子もポカーン
指された子連れのママたちもポカーン

そしたら後部から
「さっさと降りろ! うざいんだよ!」
「食べこぼしは片付けて行きなさいよ!」
「ほら、さっさと行きなさい!」

との声が聞こえてきた。

さらに降りる時に運転手さんに
「クレーム入れてやる! 覚えとけ!」
と言ったら

「はいどうぞ
乗車賃いりませんからさっさと降りてください」

と言われてた。

その人たちが降りてからお礼を言ったら
「迷惑行為排除は私たちの仕事ですから気にしないでください」
と言われてしまい、もう私涙目。

冷たい視線ばかりと思ってたのに
世の中捨てたもんじゃないと思った。

2014/03/12公開 4:29



2014-12-29 00:00 | カテゴリ:韓国
■韓国5大産業、総崩れ韓国経済崩壊は現実味を帯びてきた

韓国企業の業績が悲惨なことになっている。

 4~6月期決算ではサムスン電子が大幅減益となったが、他にも現代自動車やポスコなど、日本メーカーからシェアを奪っていた財閥企業が軒並み減益や赤字に沈み、スマートフォン、自動車、造船。鉄鋼。石油化学の5大産業は総崩れ状態だ。

 朴クネ政権は緊急経済対策を打ち出すが、低迷を抜け出せるかが疑問視されている。

 スマホやタブレットなど「ギャラクシー」シリーズの販売不振で営業利益を24%も減らしたサムスン電子だが、その不調は、系列企業にも大きな打撃を与えた。

 電子部品メーカーのサムスン電機の売上高は前年同期比22%減、営業利益は90.5%減と10分の1以下となった。

 スマホ向けバッテリーなどを供給するサムスンSDIも9割の減益だった。

 韓国メディアは「ギャラクシー・ショック」と呼び、人員削減などリストラが実施されるという報道も相次いだ。

 電機関連ではLG電子が増収増益となったものの、半導体製造会社のSKハイニックスが2年ぶりの営業減益となるなどウォン高に足を引っ張られた。

 自動車産業も無傷ではいられない。最大手の現代自動車の営業利益は13%減。傘下の起亜自動車は31%の大幅減益となった。

 かつて”日本車キラー”と呼ばれ、米国市場などでシェアを拡大した現代自動車だが、ウォン安の追い風が止まったとたんに勢いをなくし、トヨタ自動車など日本メーカーに突き放された。

 主力車「ソナタ」については、変速機を駐車の位置に動かしても完全に停止できず、突然動き出して事故が発生する恐れがあるとして米国で7月末にリコールとなるなど品質にも疑問符がつく。

 現代と言えば労働組合が強力で、ストライキが頻発することでも有名だ。7月31日までの賃金をめぐる労使交渉は決裂しており、今後ストに突入して生産体制を圧迫する恐れもある。

 自動車大手ではサンヨン自動車もウォン高で輸出の採算が悪化、韓国内での販売も不振で、赤字に転落した。

 鉄鋼業界にも陰りが見えている。技術を不正盗用したとして新日鐵住金に訴えられていることでも知られる韓国最大手のポスコは連結ベースで約7%の営業減益に。単独ベースでは約20%の大幅減益となった。

 韓国勢が席巻していた造船業界でも、最大手の現代重工業が1兆1037億ウォン(1103億円)の営業赤字となった。1972年の設立以来、四半期ベースで最悪の業績だ。

 ウォン安を背景にした韓国の安値受注で日本メーカーは水をあけられていたが、月間の受注実績は今年4月と6月、日本が韓国を上回った。

 石油化学関連では、石油精製最大手のSKイノベーションが503億ウォン(約50億円)の営業赤字、石油大手のSオイルも549億ウォン(54億円)の赤字に転落した。

 大韓貿易投資振興公社は、7~9月期の輸出の先行指標について、今年最低水準の51.3になったと発表。価格競争力に関する指数は4.4ポイント悪化の45.7と、景気判断の分かれ目となる50を割り込んだ。

 韓国の主力産業がウォン高で苦境に陥るなか、韓国政府は総額41兆ウォン(4兆1000億円)規模の緊急経済対策を打ち出した。

 柱のひとつが、不動産を取得する際の借り入れ規制を緩和だ。住宅投資を刺激し、低迷する内需を活性化させる狙いだと言うが、週刊東洋経済元編集長の勝叉壽良氏は「住宅ローンを中心に、すでに過去最高に達している家計部門の債務が、一段と悪化しかねない」と副作用の恐れがあるとみる。

 もうひとつの対策が、企業が内部留保を必要以上に積み増した場合に課税するというもの。設備投資や人件費、配当に回すよう促す狙いだが、勝叉氏は「一度課税された後の内部留保に、再度課税するというのは法律論から言ってもおかしいと指摘する。

 「効果が疑わしい経済対策しか打ち出せず、外交的には”反日”一辺倒。朴大統領は経済オンチと外交オンチという二重の意味でリーダー失格だ」と勝叉氏。朴大統領と共に韓国経済はこのまま失速してゆくのか。

 韓国企業の形態は、自国民の生活水準を向上させ自国内での消費を増やすといった方法ではなかった。

 かつての高度経済成長期の日本は、生産し輸出し、国民の所得を上げ、国内での消費も増やしていった。日本と発想が全く違う。

 その結果出来上がったのが、江南エリア・九龍地区 繁華街からわずか800m にはスラム街。まともな経済政策をしてきたとは言えないだろう。

 一部の大手企業だけが業績を伸ばし、中小企業を育成しないで、出来ないものは日本や欧米の品物を使って組み立てる。だから、韓国人の労働者は必要ない。つまり、朴政権のやってきた経済政策は国民の幸福には全く結びつかないものであった。

ここからは■日本のマスコミが言わない不都合な真実(三橋貴明)より抜粋

 しかもサムスンは韓国企業ではないことを・・・。そして、韓国国内の状況は、とても悲惨な状況になっていることを・・・。

 なぜでしょうか? TVや新聞のニュースを見ている限りでは、韓国はものすごい勢いがあるように感じませんか? 実はそれは韓国ではないのです。実はそれは、サムスンでありヒュンダイであり、一部の国際企業なのです。

 しかし先ほど言ったとおり、これらの企業は韓国企業ではありません。ほとんどの人は韓国の会社だと思っていますが、実はサムスンの株は54%が外国人投資家に保有されています。つまり国際企業がたまたま本社韓国というような状態です。サムスンだけではありません。現代自動車も50%弱が外資。ひどいのは銀行です。

韓国の主な銀行は半分以上が外資の保有で、

新韓銀行 57.05%
韓国外韓銀行 74.16%
国民銀行 85.68%
ハナ銀行 72.27%
韓美銀行 99.90%
第一銀行 100.0%

 つまり韓国経済の8割以上は外資に牛耳られてると言うことです。それがどういう意味か?
その意味は、韓国の銀行、韓国の大企業は自国民のために動かず、外資の株主のために動くということです。例えば自国民の給料を徹底的に安くしたり、自国民に海外よりも100万円以上高い値段で車を売ったり。株主のために巨額の配当金を送ったり、自国民が安い給料で必死になって稼いだお金が、巨額の配当金として、外国人に貢ぎ物のように送られているのです。

さらに
強盗は日本の2倍以上
暴行事件は3倍以上
殺人事件は日本の5倍以上
強姦に至っては発生率は日本の40倍以上です。

2014/08/12公開 7:11


関連記事
韓国、財閥企業ついに破綻か 負債比率深刻…平昌五輪を直撃の様相
青山繁晴が2015年の日本・中国・韓国の行方を占う
パククネにEUがキレた!韓国経済崩壊も乞食ぶりもバレバレ! 告げ口外交が喧嘩を売っていることに気づかない勘違いぶり
韓国経済破綻 UAEの原発・ウクライナの高速鉄道・ポスコインドネシア爆発で!
仲良く自滅する中国と韓国 暴走と経済崩壊が止まらない!
日本のマスコミが言わない不都合な真実(三橋貴明)
韓国経済 狂乱ウォン高で輸出産業総崩れ 3度目の深刻な経済危機へ



2014-12-28 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
■感動 路線を外れた路線バス

 今年で開業80年、人口200万人の足となっている名古屋市営バス。路線バスの常識を覆す緊急事態が起こったのは今から20年前の夜(1990年9月25日午後8時45分)だった。直進するはずの路線バスが定められたコースを外れた。やがてドライバーが判明、加藤幸男運転手と分かった。

 そして営業所に戻って来たバスは・・・、いったい何が起こったのか? 名古屋生まれの加藤運転手は当時48歳、4人兄弟の次男で全員が市バスの運転手という珍しい一家に育った。

 勤めてから28年、事故や違反は無かったが乗務員の態度に市民の苦情を交通局は憂慮していた。

 当時の同僚たちはそんな加藤さんについて

元同僚:鈴木恒夫さん
 言うことに筋の通った人。何を言われても筋が通っていれば引き下がらない

元同僚:山村幸次さん
 率直に言える人だが上司の受けは悪かった。

 そんななか衝撃的な出来事が・・・

【路線バスの運輸規定】

 乗客がケガや急病の場合、最優先で救護に当たる。それ以外の時にバスが路線を外れることは許されない。

この動画は埋め込みが出来ないので
2011/01/01公開 13:59
YouTubeへどうぞ:http://www.youtube.com/watch?v=tetjlOKRb3g

2014-12-28 00:00 | カテゴリ:歴史
よくわかる日本と朝鮮半島の古代史【学校やNHKでは教えてくれない事実】という動画に
zeke skylordさん 4 週間前(2014/12/27の4週間前)
がコメントを入れていたのですが動画の内容とコメントの内容が違いますが良いコメントだったので抜き出して記事にしました。

zeke skylordさんのコメント

 GHQの占領政策で、本来の日本が ズタズタにされて来た戦後!を知らなければ、戦後のタブーにも気付けないでしょうし、占領政策を今も受け継ぐ 戦後教育やマスコミという洗脳体制の渦中に自分がいる!ことさえも気付けないでしょう。

■占領政策とは

 GHQ占領軍の究極の目的は「日本人の弱体化」です。つまり、日本人が再び興隆してアメリカに刃向わない様にと! それに利用されたのが、戦後の 教育界でありマスコミ業界だったのです。占領軍GHQ民間情報教育局(CIE)の本部が NHK内に設けられ、ニューディーラー(米国民主党系左翼)が、それまでのNHK幹部を追放して、代わりに共産党員を積極採用しました。朝日新聞など報道関係は全て右へ倣えです。

 GHQ占領軍は、自分達に都合の悪い真実は全て排除させました、それが「プレスコード」と呼ばれるものです。日本軍=侵略=残虐非道 と言う「嘘の歴史」を吹聴し、日本人に贖罪意識(罪悪感)を埋め込み、精神的に弱体化させ、自立させない様に国民を扇動し続けることでした。そのために必要なのは、マスコミ業界と教育組織だと考えたのです。そしてGHQは彼らに、地位や利権を与える代わりに、占領軍に都合の良い 捏造の歴史を吹聴する様に命じたのです。

■自虐史観の始まり

 目的は、「捏造の歴史」を吹聴することで、日本人に贖罪意識を埋め込み委縮させ愛国心を放棄させることでした。日本との戦争に勝った占領軍であるGHQは、日本を占領統治するために「公職追放令」を発して、日本を愛する人々を公職から全て追放しました。また、アメリカに不都合な日本の書籍を、日本を憎む赤い思想を持つ日本人の大学教授(コミンテルン教授)らに選抜させて全てを焚書にしました。

 そして、GHQは日本の「教育機関」と「報道機関」に目を付けました。思惑通りの占領政策を実施する為にです。公職追放令で日本を愛する教育者やジャーナリストを追放し、そこに 共産主義者や政治犯を導入しました。日本の教育界にも政治犯を導入し、マスコミ(NHK、朝日新聞)にも同様に人員の再編成が行われたわけです。今考えても恐ろしい話です。

 その内容は、「日本軍=侵略=残虐非道」、「アメリカ軍=正義」という歴史観を日本国民に植え付ける為でした。「日本軍=侵略=残虐非道」は、日本人の愛国心を破壊する為には是非とも必要だったわけです。その為には、「捏造の歴史」が不可欠だったのです。 一般庶民は、開戦の真実!や、連合国の思惑!など知りませんから。

■日本人弱体化政策

 ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム (War Guilt Information Program)とは、大東亜戦争(太平洋戦争)で アメリカは日本人が 我が身を捨ててまで祖国を護る愛国心に脅威や畏怖の念を抱きました。アメリカは日本人をこのままにしていたら、またもや彼らが興隆してアメリカに刃向うかもしれないと危惧したのです。それを潰す為には 日本人の精神を徹底的に弱体化させ、日本を自立させないために、自らの国を護る愛国心を嫌悪させる様に仕向けたのです。

 これに利用されたのが「捏造の歴史観」であり、その嘘を吹聴して来た張本人がマスコミ、そして日教組や大学のコミンテルン教授達だったのです。もちろんこれは、戦時国際法に違反しますが、GHQは平然と実行しました。日本を占領したGHQは早々、このWar Guilt Information Program.に着手しました。

■日本解体

 日本との戦争に勝った占領軍であるGHQは、日本を占領統治するために「公職追放令」を発して、日本を愛する人々を公職から全て追放しました。また、アメリカに不都合な日本の書籍を、日本を憎む日本人の大学教授(コミンテルン教授)らに選抜させて全てを焚書にしました。そして、GHQは日本の「教育機関」と「報道機関」に目を付けました。占領政策を実施する為にです。

 公職追放令で日本を愛する教育者やジャーナリストを追放し、そこに 共産主義者や政治犯を導入しました。日本の教育界にも彼らを導入し、マスコミ(NHK、朝日新聞)と同様に再編成が行われました。今考えても恐ろしい話です。

 その内容は、「日本軍=侵略=残虐非道」、「アメリカ軍=正義」という歴史観を日本国民に植え付ける為でした。「日本軍=侵略=残虐非道」は、日本人の愛国心を破壊する為には是非とも必要だったわけです。その為には、「捏造の歴史」が不可欠だったのです。一般庶民は、開戦の真実!や、連合国の思惑!など知りませんから。

■着手

 アメリカは日本人をこのままにしていたら、またもや彼らが興隆してアメリカに刃向うかもしれないと危惧したのです。・・・それを潰す為には 日本人の精神を徹底的に弱体化させ、日本を自立させないために、自らの国を護る愛国心を嫌悪させる様に仕向けたのです。これに利用されたのが「捏造の歴史観」であり、その嘘を吹聴して来た張本人がマスコミ、そして日教組や大学のコミンテルン教授達だったのです。日本を占領したGHQは早々、このWar Guilt Information Program.に着手しました。

■労働組合の素顔

 昭和20年8月、日本が戦争に負けて、アメリカが日本を占領しました。そのアメリカ占領軍が真っ先にやったことは、共産党の徳田球一などの政治犯三千人を刑務所から開放することでした。そして占領軍は、アメリカの思惑に沿った日本民主化の名のもとに、盛んに労働運動を奨励したのです。全国で一番始めに学校の先生の組合を結成したのは京都府でした。日教組のことです。

 それからはまさに燎原(りょうげん)の火のように物凄いスピードで、全都道府県に教師の労働組合が次々と結成されてゆきました。その組合の「四分の一は社会党系」、「四分の三は共産党系」でした。アメリカは占領当初は、共産党の活動が盛んになることを歓迎し奨励したのです。日本を弱体化できるからです。70万人の日教組、これを赤く染めれば。居ながらにして日本は革命できるのです。

■日教組の創設

 日教組はアメリカが主導して創設した教職員の労働組合です。かつて、志賀義雄(日本共産党)は、「革命は教育で達成できる。共産党が教科書を書き、日教組教師が教育すれば数十年後の日本人は皆、共産主義に近づく」と発言をしました。民主党の輿石東はその流れです。ケーディス大佐や占領軍GHQ民間情報教育局(CIE)の役目として、GHQによる共産党員を主軸に編成したのが「日教組の創設の歴史」です。
 そしてこれも同じく、教職員に地位や利権を与える代わりに、嘘の歴史を吹聴する様に命じたのです。最高学府である日本全国の大学にも抜かりなく、コミンテルン教授を配置しました。

※注)・・・コミンテルンとは、各国の革命運動(共産主義)を支援する人々のことです。日本が独立した後も、このGHQ占領体制 (国家規模の洗脳教育)は維持されました。日本弱体化という点で、GHQの占領政策と 赤い思想の人々の思惑が一致したからです。

■戦後の教育界

 また、その赤く染めるのを一所懸命に手伝ったのが、大学の教授であり文化人でした。コミンテルン教授たちです。なかでも特に熱心だった60数名は、日教組のお抱え講師団に雇われて小中学校の教員の思想教育に全国を飛び回りました。またそのなかの数人が一所懸命に考えて作ったのが、「教師の倫理綱領」です。つまり「学校教育は共産主義社会をつくるための戦闘員を養成すること」だというのです。これを書いたのは、柳田謙十郎、宗像誠也、宮原誠一、周郷博、清水幾太郎等々と、まあ錚々たる左翼の学者たちでした。
 GHQ占領政策により利権や地位を貰う代わりに「日本軍=侵略=残虐非道」という捏造の歴史の論文を書き、教授の地位を築いて来た学者たちは、今や真実の歴史が明らかになっては困るのです。朝日新聞を始めとするマスコミも同様です。この原点が「GHQプレスコード」でした、GHQから利権や地位を得て捏造を吹聴して来た 人々や組織を「敗戦利得者」と言います。 GHQ占領軍は、こうして徹底的に「日本人弱体化」をしていったのです。日本人が再び刃向わない様にと。

■洗脳教育!

 私たちが当たり前に受けて来た今の教育が、日本人を貶め弱体化させる洗脳だったとは、知らないことは恐ろしいことです。そしてNHKも朝日新聞も、例外ではなく、刑務所から解放された政治犯、つまり思想犯によって、組織を編成したのです。恐るべきはその流れが、そのまま今も続いています。
現在も、「労組」という名を隠れ蓑にし、赤い思想の牙を展開していることです。

 マスコミ・教育界・アメリカ・中国・韓国が、私達 日本の庶民に絶対に知って欲しくないこと!、それがGHQ洗脳政策といわれる ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム (War Guilt Information Program)による戦後体制です。

■大成功

 教育界とマスコミ業界、つまり国民の情報源、これにGHQが着眼したのは大成功しました。教育界では 小学校から大学まで、マスコミでは新聞や書籍の全てで実行されました。そしてGHQではなく「日本人が日本人を洗脳」する訳です、まさか国家規模の洗脳政策が日本人の手で実施されているとは知らず、庶民は無防備に信頼してきました。
 本来は国民に信頼されるべき、NHKや朝日新聞は GHQが定めたプレスコードに沿って洗脳政策を国民に実施して来た筆頭格です。GHQは、彼らに地位や利権を与え、その代わり捏造の歴史を吹聴する様に命じたのです。今もマスコミや教育界では、この真実を、ひたすら隠します。それもそのはず、彼らが当事者だからです。
 恐らく今でも、学校やマスコミを無防備に信頼し、「日本軍=侵略=残虐非道」という歴史観を植え付けられ、それが長年に固定観念となり、自分の国に価値観を持てず、国を愛すことは、また侵略戦争をしかねない危険思想である、と思ったまま暮らしてきた人は多いはずです。戦争の真実、連合国やアメリカの思惑を、何も知らない純粋な子供達や一般庶民はGHQ占領軍による洗脳政策が、国家規模で行われたことを何も知らされず、平成の今でも、捏造の歴史に翻弄され、「日本軍=侵略=残虐非道」を信じている人は多いはずです。早く洗脳から解き放たれましょう。

■今の日本国憲法

 当時のGHQ占領軍は、明治憲法を、改正するのではなく解体したかったのです。日本国民の根本精神を、完膚なきまでに打ち砕きたかったのです。再び日本人がアメリカに刃向わない様に、国民から国家観を無くし弱体化させるべきだと。GHQは日本人の手で創られたかの様に偽装する為に、共産主義者を登用したのです。憲法研究会で憲法草案を提案した鈴木安蔵は共産主義者です。また、当時の憲法研究会の最長老だった高野岩三郎は、日本共和国憲法私案要綱を発表し、天皇制(共産主義者の造語)廃止を主張しました。彼は日本社会党の顧問でもあり共産主義者です。また彼は、昭和21年のNHKの第5代会長です。
 こうして「憲法草案要綱」は、コートニー・ホイットニー准将ら、GHQによる憲法案の作成に大きな影響をあたえ、さも日本人が自ら創り上げたかのように装い、GHQの思惑通りに現行の憲法草案は出来上りました。ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム (War Guilt Information Program)つまり、GHQの思惑の中で、日本弱体化の占領政策に準じる様に、実は共産主義者の日本人にあえて創案させ、戦後の日本に与えたのです。もちろん戦時国際法(ハーグ陸戦条約)違反であることは言うまでもありません。
 現在の世界の共通常識と照らし合わせて下記を考えてみて下さい!
憲法前文:「平和を愛する諸国民の公正と 信義に信頼して、われらの安全と生存を 保持しようと決意した。」では あなたは、中国共産党や韓国や北朝鮮の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を 保持しようと決意できますか?
 自分の国を護れば憲法違反になる憲法九条を後生大事に抱かせることこそ、戦後のマスコミや教育界の使命になったのです。・・・そんな経緯があったことを知らされない庶民は、世界の非常識を日本人の常識として来たのです。事なかれ主義で譲歩し続ける日本・・・他国に対し、私達の国益や主権を譲歩し、捨て去ってゆくことが平和でしょうか?
 ジワリ ジワリと日本が、中国・韓国・北朝鮮に、5%譲り、10%、20%、50%、80%譲って、やがて日本どうなるでしょうか? 戦後の敗戦利得者(マスコミ・教育界)から 捏造された歴史を植え付けられ、贖罪を背負わされ、委縮し続け、米中韓に対して「ご無理ごもっとも」で生きてゆきますか?
69年間、洗脳されて来た日本国民による戦後レジーム(占領体制)の無自覚なる壁を破らねば、日本の存続も繁栄もありません。
 GHQの日本弱体化を渡りに船!として来た、共産主義者や社会主義者の巣窟となった、労組という仮面を被る、戦後の教育界やマスコミは、挙ってこの占領憲法を護持し続けたいのです。

情報元:よくわかる日本と朝鮮半島の古代史【学校やNHKでは教えてくれない事実】
2014-12-27 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
■【バス運転手】バスと赤ちゃん 感動する話。

 東京にいた12月も半ば過ぎた頃の話です。私は体調を壊し、週2回、中野坂上の病院に通院していました。その日は今にも雪が降り出しそうな空でとても寒い日でした。

昼近くになって病院の診察を終え、バス停からいつものようにバスに乗りました。

バスは座る席はなく、私は前方の乗降口の反対側に立っていました。
車内は暖房が効いていて、外の寒さを忘れるほどでした。

まもなくバスは東京医科大学前に着き、そこでは多分病院からの帰りでしょう、ドッと多くの人が乗り込み、あっという間に満員になってしまいました。
立ち並ぶ人の熱気と暖房とで先ほどの心地よさはなくなってしまいました。

バスが静かに走り出した時、後方から赤ちゃんの火のついたような泣き声が聞こえました。
私には見えませんでしたがギュウギュウ詰めのバスと人の熱気と暖房とで小さな赤ちゃんにとっては苦しく泣く以外方法がなかったのだと思えました。

泣き叫ぶ赤ちゃんを乗せてバスは新宿に向かい走っていました。

バスが次のバス停に着いた時、何人かが降り始めました。
最後の人が降りる時、後方から「待ってください!降ります」と若い女の人の声が聞こえました。
その人は立っている人の間をかき分けるように前の方に進んできます。

その時、子どもの泣き声がだんだん近づいてくることで泣いた赤ちゃんを抱いているお母さんだと分かりました。

そのお母さんが運転手さんの横まで行き、お金を払おうとすると運転手さんは「目的地はどこまでですか?」と聞いています。

その女性は気の毒そうに小さな声で「新宿駅まで行きたいのですが子どもが泣くのでここで降ります」
と答えました。

すると運転手さんは

「ここから新宿駅まで歩いて行くのは大変です。目的地まで乗っていってください。」
と、その女性に話しました。

そして急にマイクのスイッチを入れたかと思うと
「皆さん、!
この若いお母さんは新宿まで行くのですが赤ちゃんが泣いて皆さんにご迷惑が掛かるのでここで降りると言っています。

子どもは小さい時は泣きます。
赤ちゃんは泣くのが仕事です。
どうぞ皆さん
少しの時間、赤ちゃんとお母さんを一緒に乗せて行って下さい」
と言いました。

私はどうして良いか分からず、多分皆もそうだったと思います。

ほんの数秒かが過ぎた時
1人の拍手につられて乗客全員の拍手が返事となったのです。
若いお母さんは何度も何度も頭を下げていました。

今でもこの光景を思い出すと目頭が熱くなりジーンときます。
私のとても大切な心にしみる思い出です。

2014/03/18公開 4:21



2014-12-27 00:00 | カテゴリ:韓国
■韓国:原発周辺住民が甲状腺がん発症、原発側に賠償命令

 昨日の記事「韓国の原発は日本より100倍安全」では日本の原発より安全だと言っていたが、以下の記事を読むと地震も無ければ、津波に遭った訳でも無いのに原発周辺住民に甲状腺がん発症、原発側に賠償命令が出されている。原発からは常に放射能が漏れている事になりますね~

2014年10月19日

原発周辺住民が甲状腺がん発症、原発側に賠償命令

 原子力発電所の近くに住んでいて甲状腺がんを発症した住民に対し、原発側が賠償する責任があるという判決が下った。釜山東部地裁民事2部(チェ・ホシク裁判長)は、釜山市機張郡に住む女性(48)が甲状腺がんを発症したことについて、原発の責任が一部認められるとし、原発を運営する韓国水力原子力(韓水原)=韓国電力公社の子会社=が女性に慰謝料1500万ウォン(約151万円)を支払うよう命じる判決を下した。

 地裁は判決理由について「原発から5キロ以内に住む女性の甲状腺がん発症率が、30キロ以上離れた地域に比べ2.5倍に達するなど、甲状腺がんの発症は放射線にさらされていることが決定的な要因となっていることが知られている。原告は原発の近くに住んでいて、原発から発生する放射線に長期間さらされたことにより、甲状腺がんを発症したものと考えられる」と述べた。機張郡にある古里原発から7.6キロほど離れた所で20年近く暮らしてきた原告の女性は、2012年2月に甲状腺がんの診断を受け、韓水原を相手取り2億ウォン(約2000万円)の損害賠償を求める訴訟を起こしていた。

釜山= 権慶勲(クォン・ギョンフン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

情報元:ちきゅう座

関連記事:「韓国の原発は日本より100倍安全」らしい、笑えますね~