2015-09-30 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
■日本好き外国人 日本から帰国したイギリス人の夫の友達が親日話をした結果⇒夫がブチ切れた!!

2015/07/16公開 8:36



スポンサーサイト
2015-09-30 00:00 | カテゴリ:中国
■【禁聞】香港人9割「英国領に戻りたい」「中国特色」にノー。

【新唐人2013年3月24日付ニュース】
 "香港の「サウス・チャイナ・モ­ーニング・ポスト」がネット上で世論調査を行いました。"

 香港市民は投票で、英国統治下に戻ることを支持するか? その"結果、およそ92%のネットユーザーが"戻りたいと答えました。

 政治評論家は、中国の特色ある社会主義が香港の人々にとって魅力がなく、この世論調査の結果は、まさに香港市民の北京政府の干渉に対する反発であると指摘しています。

2013/03/25公開 7:15



.
2015-09-29 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
■海外の反応 世界の親日国、日本を頼りにしている国がたくさんある、日本人は忘れてはいけない。

 130年前の海外の反応がそのまま今の日本の評価に当てはまる。

 3世紀、今から約1800年前に書かれた「魏志倭人伝」には「日本人(倭)は嘘をつかない。泥棒がほとんどいない。非常に立派な民族だ」と記している。

 7世紀、今から約1400年前に書かれた中国の「髄書 倭国伝」によれば、人はとても落ち着いており、争訟は稀で、盗賊も少なく、百済・新羅は日本(倭)を尊敬して仰ぎ、使いを通わせていたとある。

 約500年前、キリスト教布教のために日本にやってきたフランシスコ・ザビエルは本国に送った手紙で、「この国の人々は今まで発見された国民の中で最高であり、日本人より優れている人々は異教徒の間では見つけられない。彼らは親しみ易く一般に善良で悪意がありません。また、武士たちは、いかに貧しくとも、そして武士以外の人々がどれほど裕福であっても。大変貧しい武士は金持ちと同じように尊敬されています」。つまり、名誉は富よりずっと大切なものとされていたのです。

 130年前、イギリス人女性旅行家で紀行作家のイザベラ・バードは、「ヨーロッパの国の多くや、所によっては我が国でも、女性が外国の衣装で一人旅をすれば現実の危険はないとしても、無礼や侮辱にあったり、金をぼったくられたりするものだが、私は一度たりとも、そのような目にあわなかった」と書いた。

 日本の戦争における植民地解放を最も明確に知ることが出来るのは、次のような英国の植民地だったインドの考え方です。

 マハトマ・ガンジーが非暴力であったのに対し、インド独立の英雄チャンドラ・ボーズは日本陸軍の藤原岩市少佐のF機関により編成されたインド国民軍を改編し、インド駐留英国軍と戦った人です。インドの歴史教育を終えた人で、彼の功績を知らない人はいないでしょう。また、彼を助けたのが日本人であったことも同様です。

 「先の戦争で、貴国にご迷惑をかけました。と日本の国会議員が言うと、インドの方は意味がわからないそうです。逆に「日本国には我が国の独立に他大な犠牲を払ってもらい感謝致します。」とインドの方が言うと、それはインパールやビルマで英国軍と戦った勇敢な日本軍のことを指しているのです。いわば、日本とインドは英国の植民地政策に抵抗し、アジアを開放するために戦った戦友だと彼らは言っているのです。

【親日国からの主な評価】

・世界中に資金提供・技術提供し、国際貢献している。
・にもかかわらず、内政干渉しない。
・第2次世界大戦以来、一度も戦争をしていない。
・優れた製品を作る
・観光客が世界を訪れ多くのお金を使い、マナーもよい。
・白人による支配を止め、有色人種に希望を与えた国として評価。

2015/07/06公開 5:43



2015-09-29 00:00 | カテゴリ:韓国
■韓国のハイテク救急車「廃車騒動」…1台2200万円で自慢の遠隔診療システムも型落ちPCで通信不良、誤作動続出

2015.7.22 産経WEST

20150929_韓国のハイテク救急車 型落ちPCで通信不良、誤作動続出(470x294)
韓国・ソウル市内の予備兵訓練所に入る救急車。韓国では主に重大な急患以外の救急車利用は有料制となっている=2015年5月(AP)

 韓国で巨額の予算を投じて導入した「ハイテク救急車」が機能不全で次々と廃車処分になり、市民から批判の声があがっている。車内と搬送先の病院を通信回線でつなぎ、収容した患者の容体を映像で病院の医師に直接配信できるシステムを搭載したものの、通信不良が続出。全く役に立たたない上に、維持管理費だけがかさむという最悪の事態となり、お払い箱になった。背景には、「安全」をないがしろにする韓国社会の「悪弊」があった。


◆通常の救急車の3倍の値段

 韓国紙「経常日報」(電子版)によると、韓国南東部の蔚山(ウルサン)市は、市内の消防署に配備していた「集中治療用救急車」3台の運用を7月1日に取りやめた。うち2台は廃車処分、1台は展示・体験用として保存する案を検討しているという。

 購入価格は1台2億ウォン(約2200万円)。通常の救急車の3倍を超える高額な費用だったが、2009年10月の導入から6年足らずでお払い箱となった。

 導入当初は期待の救急車だった。

 病院の少ない郊外に住む市民の救急搬送において、応急措置による蘇生(そせい)率を高めるのを目的として開発された「遠隔診療システム」などハイテク装備満載の車両だったからだ。

 具体的には、患者の脈拍や呼吸、心電図など7つのデータを、コンピューターを介して病院の医療スタッフに送信。医師が応急処置方法を救急隊員に指導するという仕組みだが、なかでも患者の様子を映像で病院に伝える動画送信システムは当時画期的だった。

◆型落ちのパソコンに、旧式のOS…機能不全は必然か?

 ところが、経常日報によると、このシステムはほとんど使われることがなかった。

 システムは実際に使ってみると通信不良が相次いだ。理由について、通信方式がW-CDMA方式という旧式だったといい、さらに車載コンピューターは市販のパソコンで、そのOS(基本ソフト)も旧式のウィンドウズXPだった。

 XPは2001年末に発売開始、世界中で利用されたが、2009年10月には後継OSの「ウィンドウズ7」が発売されている。問題のハイテク救急車が導入されたのもそのころ。モデル末期のパソコンに旧式のOSで高精細動画の配信システムを組んだのだから、トラブルは必然だったともいえる。

 例えば、運用していた消防本部では、救急車と病院の通信が可能となるまで5分以上かかった。このため、実質的な医療指導が不可能だった。5分もかかっていては救急医療とはいえない。その上、誤作動や騒音もひどく、結局、救急車から病院への連絡は電話を使っていたという。

◆維持費は5年間で1100万円

 車内のパソコンシステムが古くなったのなら、全て新型に交換するという解決策もある。にもかかわらず廃車となった背景には、3台とも高級外車だったという事情があった。

 3台はいずれもドイツ製の高級車。5年間の維持管理費だけで約1億ウォン(約1100万円)もかかった。しかも、地元にメーカーのサービス拠点がない。故障しても早期修理が困難だったのだ。

 結局、蔚山市消防本部では3台のハイテク救急車をお払い箱とし、代わりに国産で、ハイテク装備もない「普通の救急車」を導入することを決めた。

 こうした事例は、蔚山市だけでなく韓国各地で問題となっていることを韓国テレビ局KBS(電子版)が報じている。

 韓国消防庁では2009年度に87台を全国配備したが、遠隔画像診療システムの利用率はわずか3~4%にとどまった。蔚山市のケースと同様に、病院との映像システム接続に約5分かかったといい、KBSは「多くの都市では、5分あれば救急車は病院に到着している。高額な機器が遊んでいる」と指摘している。

◆ヘルメットを個人購入、農漁業用ゴム手袋で治療

 これに対し、韓国のネットユーザーからは「無駄遣いも甚だしい」との批判が相次いだ。

 韓国SBSテレビ(電子版)によると、消防士の装備は自治体によってレベルがバラバラで、予算の厳しい自治体ではヘルメットを自費で購入する消防隊員もいるという。

 また韓国JTBCテレビ(電子版)では昨年6月、群山消防署の消防士へのインタビューを放映したが、その中で、「2~3年前まで耐熱手袋のかわりに農・漁業用ゴム手袋が支給されていた」と証言もあった。

 通信機能が十分でないハイテク救急車を導入したり、一方で現場の救急隊員に自費で装備を購入させたり、衛生無視のゴム手袋を支給したり…。安全体質無視の韓国社会の悪弊がここにもあらわれている。

情報元:産経WEST


2015-09-28 12:00 | カテゴリ:国際
■世界からみた日本!世界が驚愕した昭和天皇と日本人の絆。

 歴史的大敗を喫した日本。欧米人は当然、天皇と日本人との間に強大な亀裂が生じるものと思っていた。しかし…

 昭和21年2月、昭和天皇が全国ご巡幸を始められた時、占領軍総司令部の高官達の間ではこんな会話がかわされた。

 「ヒロヒトのおかげで父親や夫が殺されたんだからね、旅先で石のひとつも投げられりゃいいんだ。」
 「ヒロヒトが40歳を過ぎた猫背の小男ということを日本人に知らしめてやる必要がある。神様じゃなくて人間だ、と言うことをね。」

「それが生きた民主主義の教育というものだよ」

 しかし、その結果は高官達の”期待”を裏切るものだった。昭和天皇は沖縄以外の全国を約8年半かけて回られた。行程は3万3千キロ、総日数165日。各地で数万の群衆にもみくちゃにされたが、石ひとつ投げられたことはなかった。

 イギリスの新聞は次のように驚きを率直に述べた。

 日本は敗戦し、外国軍隊に占領されているが、天皇の声望はほとんど衰えていない。各地の巡幸で、群衆は天皇に対し超人的な存在に対するように敬礼した。何もかも破壊された日本の社会では、天皇が唯一の安定点をなしている。

 イタリアのエマヌエレ国王は国外に追放され、長男が即位したが、わずか1ヶ月で廃位に追い込まれた。

 それに対して、日本の国民は、まだ現人神(あらひとがみ)という神話を信じているのだろうか?

 欧米人の常識では理解できないことが起こっていた。「ローマ大帝国も、ナポレオンの国でさえも、一度戦いに負ければ滅びている。

 私の国のカイゼル陛下にしても、また生前中は神の如く慕われていたヒットラーも、イタリアのムッソリーニも、闘いに負けたら全てそのまま残ることは出来ない。殺されるか、外国に逃げて寂しく死んでいる。だから日本の天皇も外国に亡命すると思っていた。しかし、そんなことは聞かない。だから既にこの世におられないと思っていた。

 ところが最近、日本から来た記録映画を見て驚いた。

 天皇が敗戦で大混乱の焼け跡を巡っておいでになる姿である。しかも、2年もの長い間、北の端から、南の端まで、焼き払われた廃墟を巡って、国民を慰めれおられる。陸軍も海軍も既に解体されているのに、一兵の守りもないのに、無防備のままで巡っておられる。

 平穏無事なときでも、一国の主権者が自分の国を廻られるその時には、厳重な守りがなされている。それでも暗殺される王様や大統領がある。それなのに一切の守りもなく、権力、兵力の守りもない天皇が日本の北から南まで、焼き払われた廃墟を巡り、国民を慰める。

 何という命知らずの大胆なやり方であろうか。いつどこで殺されるか。こう思って映画を観ていた。しかし驚いたことに、国民は日の丸の小旗を打ち振って天皇を慰めている。

 こんなに美しい国の元首と国民の心からの親しみ、心と心の結び、これはどこにも見られないことである。

 我々は改めて、日本を見直し、日本人を尊敬しなければならないと思っている。

2014/12/23公開 3:20



2015-09-28 00:00 | カテゴリ:中国
■中国 ソ連の二の舞か ソ連崩壊とそっくり同じ道を歩んでいる中国。

【新唐人日本2011年5月23日付ニュース】

 政治の腐敗や民主活動家・弁護士への弾圧、少数民族への締め付けなどが深刻な中国。あるロシアの記者は、このようにソ連と同じ過ちを繰り返せば、同様に解体は免れないだろうと警告しました。

 最近、北京で"多民族社会における民主システム"と題する討論会が行われました。

 有名なロシアの記者、シェフチェンコ氏はソ連の民族政策を批判したうえで、中国も同じ運命をたどる恐れがあると警告しました。

 ロシアの国営テレビと国営ラジオで政治討論番組の司会を務めるシェフチェンコ氏は、ソ連が崩壊した原因として、「共産党の腐敗」と「反対する声を外国勢力の陰謀だと決めつけて弾圧した」ことを挙げました。

ソ連崩壊の原因
1.共産党の腐敗。
2.政府に反対する声を外国勢力の陰謀だと決めつけ弾圧した。

 一方、中国が新疆やダライラマに対するやり方も、同じくソ連流であり、この点、中国は旧ソ連の教訓をくむべきだと警告します。

 他のロシアの政治評論家も、中国はソ連に多くの面で似ていると指摘。たとえば当時、ソ連は庶民の生活を軽視し、民衆の利益を犠牲にして経済を打ち立てました。今の中国も、労働者を犠牲にして経済を発展させています。新疆やチベットでの民族政策も、ソ連のやり方とそっくりだと述べました。

 人権派弁護士の郭国汀(かく こくてい)さんによると、世界にある90の共産党のうち、44が政権を掌握したものの、今では中国、ベトナム、北朝鮮、キューバ、ラオスのみになりました。その根本原因は、共産主義そのものが深く病んでいるからだと指摘。共産党国家はみな、政府と意見の異なる人々を厳しく弾圧し、秘密警察が横行しています。中国共産党はこの方面で、他のどの国よりも深刻です。

郭国汀さん:「中国共産党はあがいています。政権維持の根拠は何でしょう、ずばり経済発展です。だから鄧小平は"発展こそ絶対理だ"と訴えました。中国経済が危機に遭えば共産党政権は維持できないからです」

 北京大学の元教授、蘇明(そ めい)さんは、いわゆる改革30年で庶民が犠牲になったとため息をつきます。貧富の格差は広がる一方で、政治は腐敗し、市民の自由と権利がしばしば侵されるからです。市民と政府の衝突も激しくなっています。

北京大学元教授 蘇明さん:「上海交通大学の"2010年中国危機管理年度報告"によると2010年の1年間で、平均5日おきに大きな騒乱が起き、2分おきに集団抗議事件が起こっています」

 つまり、中国大陸ではいつでも全国規模の革命が起こりうると教授は指摘。このような現象は、歴代王朝の崩壊直前に起こってきました。そこで共産党の脱党を呼びかける運動は、大きな意義を持つといいます。

 人権活動家の唐柏橋(とう はくきょう)さんも、脱党運動を評価しています。現在、共産党が四面楚歌となっているのは、この脱党運動と直接的な関係があると強調しました。

新唐人テレビがお伝えしました。

2011/05/23公開 4:56


-----------------------------------

■【禁聞論壇】最も反中国なのはどこか

司会者:安妮

皆さん こんにちは 「禁聞論壇」へようこそ。

 中国人は世界公認の苦労に堪え忍ぶ民族の1つです。中国の庶民は歴史上でもその忍耐力を自慢に思っていました。しかし近年、中国庶民の政府に対する反抗は激化の一途を辿っています。上書や陳情から、街頭にでて抗議するようになりました。過去の1年では、毎日の集団事件は500件にも上ります。草庵居士さん、あることに気づきましたが、中共政府はある方法を取っています。国内の問題に対処しきれなくなると皆の視線を外部にそらすのです。

評論家:草庵居士
 ええ。中共はずっとこの種の手段を使ってきました。昔は多くの手段を使っていましたが、最近は効かなくなりました。例を挙げましょう。最近中国のネット上である話題が熱く議論されています。「最も反中国なのはどこなのか」。これにはストーリーがあり、ネットユーザーらはこれを広く転載・拡散しています。それによると中共のある党機関が会議をしていて皆はあるスローガンを叫んでいました。「反中国勢力とは断固たる戦いを行う」叫んだ後、党委員会書記が討論の議題を出しました。

「どの国・地域が最も反中国・反華人なのか」
「華人の自由の出入りを制限しているのはどこか」
「華人の子女の自由な進学を制限しているのはどこか」
「華人の不動産や車の購入を制限しているのはどこか」
「華人の高額納税を強要しているのはどこか」
「華人の高額のガソリン購入を制限し高額のネット接続料を徴収しているのはどこか」
「密かに華人に地溝油を食べさせ、有毒粉ミルクを飲ませ、華人の選挙権を剥奪しているのはどこなのか」

と、問題提起すると会議の参加者らは黙り込みました。後の一部の人がこのことをネットに発表し、一般人に投票を求めました。「一体どこが最も反華人・反中国なのか」

結果

投票結果を見ると90%の中国人が「中国」と答えたのです。

司会者:安妮
あまりにも風刺的ですね。最も反華人・反中国なのは日本やマレーシア、ベトナムではなく中共自身なのですね、中共はなぜ自国民に対してこれほど無慈悲なのでしょうか

評論家:草庵居士
 一部の知識人もこの結果には驚きました。それであるアンケート調査を中国のネット上に掲載しユーザーの意見を求めました。「中国ネットユーザーの政治及び社会的認知」と題した、このアンケート調査は今年4月13日から5月13日までの1ヶ月間、ネット上で行われました。合計4600通余りのアンケートを回収しました。得られた結果は中国庶民が最も認めている社会体制は西側民主主義国家の三権分離の社会制度でした。皆は普遍的に政治に興味があるものの公に発表は出来ないのです。また、社会組織においては普遍的な認識は社会組織の欠如です。しかも皆「腐敗」を痛恨しています。最後に湘澤大学の李開勝という副教授が報告書をまとめ中国の「共識網」が掲載しました。それによると「中国の未来を決めるのは少数の人でもなければ政治家でもなく中国庶民の認知で政治制度と社会に対する認知だ」この調査が顕したのは中国庶民の政治に対する認知でした。

司会者:安妮
 この調査報告書によると、ネットユーザーが最も認める政治人物は周恩来で最も反感を持っているのは毛沢東だとのことですが、どういうことでしょう。

評論家:草庵居士
 基本的な政治認知の面において調査に応じた多くの人は周恩来を認めると言いました。次はワシントンで、その次は胡耀邦、その次は鄧小平とリンカーンです。うち米国大統領が半分を占めています。最も認められていないのがヒトラーとスターリン。金正日と毛沢東とカダフィーです。まず説明したいのは中国の現下の政治独裁の下、中共の統治の下で庶民が公に毛沢東とヒトラーは同じレベルだと言ったことは重要な問題を説明しています。庶民は心から毛沢東に反感を持ち認めていないのです。中共は未だに毛沢東思想の旗を掲げ憲法にも書いています。世界とは違う社会主義特色を保つとか言っていますがこの種の理論と観点は人民の願望とは背〓しています。つまり中共は人民に背く反人民の反動組織なのです。

司会者:安妮
 中共政府はいつも西側の民主制度は中国には適さないと言っていますがこの報告書からわかるように民意は逆なのですね。中共の政治制度を認めないと示しているのですね。

評論家:草庵居士
 ええ、異なる政治制度に対する認知については半分以上の人が中共の政治制度を認めないと示しています。逆に西側の政治制度を認めると答えています。この報告書には皆が認める5つの国が挙げられています。第1位は米国、中国政府はいつも米国は反中国で最も立ち遅れた腐食した資本主義だと言っています。しかし中国の7割を越える庶民は米国の政治制度を認めており民主で自由の三権分離を認めているのです。第2位はスウェーデン、その次は英国とドイツ、第5位がシンガポールです。逆に最も認められていない国は第1位が北朝鮮、これは皆さん理解できます。第2位は中国で54%の中国人が中国の政治制度を認めていないと示しています。中共の独裁政権の所謂「中国特色の社会主義」を全く認めていないのです。次に認めていないのはイランやベトナム、パキスタンです。皆知っています。北朝鮮、中国、イラン、ベトナム、パキスタンはいずれも共産主義または独裁国家なのです。だから庶民もはっきりわかっています。これでわかるのは中共の所謂「社会主義制度」を庶民は認めていないのです。少し前、中共も社会調査を行いましたが非公開調査でした。何人を調査したのか、どのように何を調査したのかなど何も公開していないのに「中国の98%の庶民が中国特色の社会主義制度を認めている」というのです。しかし今回のアンケート調査はネット上で公に行われ皆が自由に答えるようにしました。今回の調査結果が示唆したのは中共の昔の調査報告は本当に偽りだったということです。一方今回は庶民の民意を映し出しています。庶民の自発的な投票から中共の制度が嫌われていることと中国庶民の民意と心の声が映しだされました。

司会者:安妮
 では、なぜこの調査報告は中国は依然原始的政治環境に置かれていると言っているのでしょうか?

評論家:草庵居士
 この報告からは中国庶民の公民組織の程度がわかりました。国際社会では公民組織の程度は国家の進歩を代表する。重要なシンボルです。公民が政治に参与する重要なシンボルが公民組織です。民主化の程度が高い国ほど公民の参与率が高いのです。独裁国家では少数の人が決め庶民には参加させません。公民社会では一人ひとりの意見や社会に対する管理及び公平度は公民組織によって実現されます。皆さんが目にしているように西側国家には公民組織が非常に多くNGO組織も多いのです。中国では公民組織は原始的な状態のままで真の組織はありません。今回の調査報告では76%以上の中国庶民がいかなる公民組織にも参加していないのがわかります。中国人は公民組織への参加意欲がないのではと思うかもしれませんが実は違います。実際の調査データは76%より遥かに多いです。76%以上が何の組織にも参加していないのです。なぜでしょうか、中国にはNGO組織が殆ど無いからです。中国政府がこれらの組織に対し、厳しい政策を制定しているため登録はほぼ不可能です。登録の条件は「中国政府指導者に服従する、共産党のリードに服従する、中国政府の名義の下に登録する」一旦中国政府のリードと共産党のリードを受け入れると彼らの機構になるわけで民間の組織ではなくなり真のNGO組織ではないのです。なので、中国には厳格にNGOと言える組織はないのです。だから庶民派参加したがらないのです。中国政府の政治制度を認めないのになぜ中国政府リード下のNGO組織に参加する必要がありますか。真のNGOでなければ参加しないというわけです。

司会者:安妮
 このように理解してもいいでしょうか? 中国には真の非政府組織がないので個体としての民衆は権益が損なわれても黙って我慢するか、あるいは感情的になって極端な発散方法を取るかですね。

評論家:草庵居士
 中国の公民社会の発展は非常に緩慢です。仮にその芽が出たとしてもバラバラで少ないのです。中国にある庶民が嫌っていない一部NGO組織の活動は殆どが自発的ですが毎回の活動の後、その作用が発揮されると中国政府はすぐそれらを解散してしまいます。中共の一部慈善機構や公益組織の登録も中共の厳しい監督の下で行われています。このような状況下で中国の庶民には意見を発表する機会がないのです。公民社会で公民が意見を表すには組織された利益集団を通すのですが中国にはそれがないのです。一方中国政府は全ての公益組織を敵と見なしています。組織を作って政府に意見を出すことは彼らの執政地位を脅かすことで政府を転覆させるかもしてないと言うのです。だから中国政府は各方面から公益組織に対し敵対手段を取ります。大学で学生は公益組織を作るのを恐れます。いつか捕まるかもしれないからです。だから中国の公益組織とNGOは全く発展していません。これは中共によって作り出された中国社会のひずみです。

司会者:安妮
 報告書の作成者は「もし中国に将来何か問題が現れたら民主の欠乏が原因ではなく腐敗しすぎているからだ」と言っていますがどう思いますか。

評論家:草庵居士
 ええ、これがこの報告書の重要な点です。報告によるとわずか5%の民衆が周辺国家と中国との間の衝突や米国や中国の発展を抑制しているのではと心配しています。これらに関心を持っているのは5%に過ぎません。大部分の民衆が関心をもつのは自分切実な利益です。しかも中共が宣伝しているような威嚇されているとか周辺国家がみな中国を攻撃し国家安全が脅かされているなどは民衆が認めていないのです。民衆が最も認めているのは中国現下の最大問題ー腐敗です。調査報告の中では81%の民衆が中国の腐敗は「非常に深刻」だと示し、また17%の人が「非常に深刻」だと示しています。この2つを合わせると、つまり回答者の98%が中国の腐敗は最も重要な問題であると見ているのです。移民して20数年になるある華人が数年前シアトルの地下室である映像を製作しました。「米国には来ない方がいい」しかし近年米国に移住する中国人はますます増えています。そこで彼は嘆きました。「このスピードだとそのうち中国に帰っても中国人は見当たらないかもしれない」一体どこの反華人勢力がこれだけの中国人に祖国を捨てさせているのでしょうか?

 今日の番組はここまで、また次回お会いしましょう。さようなら

2013/03/17公開 14:23


中国崩壊は近そうだ・・・


2015-09-27 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
■パラオの老人達の証言と天皇皇后両陛下のパラオご訪問「日本軍と一緒に戦いたかった」「日本人になりたかった」

パラオからのメッセージ 陛下、靖国、富士、桜…「日本人になりたかった」
【天皇の島から 戦後70年・序章(2)前半】


2015.1.3 産経ニュース

 〈君が代は 千代に八千代に さざれ石の~…〉

 明快な日本語で「君が代」を歌い上げた94歳になる老女は、続けて「海行かば」を口ずさみ始めた。

 〈海行かば 水漬(みづ)く屍(かばね) 山行かば 草生(くさむ)す屍~〉

 歌詞の意味は理解しているという。ロース・テロイさん。「テルコ」という日本人名も持ち、「日本人になれるものならなりたかった」と言った。

 「緑の島のお墓」を作詞したアントニア・ウエンティさん(85)は「蛍の光」と「仰げば尊し」を歌って涙を浮かべ、童謡の「浦島太郎」を歌って、「この歌は、『両親がしてはいけないということはやってはいけない。罰が当たるよ』という意味を含んでいる」と言った。

 テロイさんのいとこにイナボ・イナボさん(故人)という男性がいた。元パラオ共和国政府顧問で、生前は、「日本軍と一緒に戦いたかった」と何度も口にしていたという。

 イナボさんは平成7年8月15日、靖国神社での戦没者追悼中央国民集会に参加した際、雑誌のインタビューにこう話している。

 「日本には大切なものが4つあります。天皇陛下と靖国神社と富士山と桜の花です。アメリカ人から『日本は小さな国だけどもルーツ、根っこがあるから強い。それは天皇陛下と富士山と桜だ。それはアメリカにはない』と聞きました」

 「日本人の戦いぶりはアジアの人々は皆知っているんですよね。それで日本を尊敬しているわけです。皇室と神社がある限り日本は倒れない。日本人が安心していられるのは、天皇陛下がおられるからですよ。天皇陛下がおられて、靖国神社があるからこそ日本は尊く、外国からも尊敬され、強い国となっています」

 イナボさんの日本への思い、そして歌詞の意味を確かめるように一言一言を丁寧に歌ったテロイさんとウエンティさん。2人の心に去来するものは何か。

 天皇、皇后両陛下のパラオご訪問が検討されていることに話が触れると、「最初、いらっしゃると聞いたときはだれも信じられなかった。まさかという気持ちで驚いた。天皇陛下にお目にかかれることを非常に楽しみにしている」と興奮気味に話した。(編集委員 宮本雅史)

2015/07/03公開 8:26


情報元:産経ニュース


--------------------------------

■パラオ ペリリューの島 時を超え眠り続ける「誇り」集団疎開させ、島民を守った日本兵
【天皇の島から 戦後70年・序章(1)後半】

2015.1.2 産経ニュース

 ペリリュー島は「忘れられた島」とも呼ばれてきた。多大な損害を受けた米軍が口をつぐみ、日本側も生還者が少なく、証言に限りがあったからだ。だが、島民たちは、70年前に起きたことを忘れてはいなかった。

 平成21年から25年まで駐日パラオ大使だったミノル・ウエキさん(83)は言う。

 「日本軍は、ペリリューの島民を全員、疎開させることで保護してくれた。だから島民に死傷者は出なかった。日本軍への感謝は何年たっても忘れない」

残留要望を認めず

 昭和18年6月現在でペリリューには899人の島民が住んでいた。島民によると、日本軍と一緒に戦う決意をしていた島民もいたという。だが、守備部隊はそれを認めず、非戦闘員の島民を戦闘に巻き込まないため、19年3月から8月にかけて、全員をパラオ本島などに疎開させた。

 当時9歳だったアマレイ・ニルゲサンさん(79)は、夜間を利用して両親らとバベルダオブ島に疎開したといい、こう記憶をたどった。

 「日本の兵隊がダイハツ(上陸艇)で連れて行ってくれた。バベルダオブに着いた後も、憲兵が2日かけてジャングルの中をエスコートしてくれた。なぜ自分たちの島から避難しないといけないのか分からなかった。2年半ほどして島に戻り、草木がなく石だけの島を見て、もし、残っていたら死んでいたと思った。家族で日本軍に感謝した」

 ペリリューに一つの逸話が伝わっているという。

 〈ある島民が一緒に戦いたいと申し出ると、守備部隊の中川州男(くにお)隊長に「帝国軍人が貴様らと一緒に戦えるか」と拒否された。日本人は仲間だと思っていた島民は、裏切られたと思い、悔し涙を流した。しかし、船が島を離れる瞬間、日本兵が全員、浜に走り出て、一緒に歌った歌を歌いながら手を振って島民を見送った。その瞬間、この島民は、あの言葉は島民を救うためのものだった-と悟った〉

 ニルゲサンさんは「自分は見ていないので分からないが、両親からそんな話を聞いたことがある」といい、ウエキさんも「逸話は今でも語り継がれている」と話す。生還者の永井敬司さん(93)がいう「日本人の誇り」は、島民疎開という形でも発揮されたのかもしれない。

「島が兵士のお墓」

 1947(昭和22)年8月15日、住民は島に戻る。

 島民が日本兵の被害状況を知るのは、昭和40年代に入ってからだ。日本人を父親に持ち、クルールクルベッド集落で民宿を経営するマユミ・シノズカさん(77)は「日本の兵隊さんが何人亡くなったかを知ったのは、日本から慰霊団が来るようになってから」という。シノズカさんはこの頃から、弟のウィリー・ウィラードさん(53)らと50年近くにわたり、慰霊団の食事の世話や島の中央部に立つ日本兵の墓地「みたま」の清掃などを続けている。遺骨収容に参加したこともある。

 シノズカさんは言う。

 「ペリリューそのものが日本兵のお墓。ご遺族に代わり、遠く離れた島に眠っている日本兵の冥福を祈る気持ちです。島に眠る日本兵は私たちが守ります」

 アントニア・ウエンティさん(85)も遺骨収容に関わった一人だ。戦後、ペリリューに移り住んだ彼女は島民とジャングルに入り、遺骨収容を始めたという。ある軍医の遺骨については自宅に持ち帰って供養した。軍医の妻には「だんな様と一緒に住んでいるから安心して下さい」と手紙を書いたという。

 ウエンティさんは「緑の島のお墓」という日本語の歌を作っている。

 〈遠い故郷から はるばると/お墓を参りに ありがとう/みどりのお墓の お守りは/ペ島にまかせよ/いつまでも〉〈海の中にも 山の中/ジャングルの中にも 土の中/英霊よ よろこべ 安らかに/一緒に暮らそよ とこしえに〉

 〈ペ島の願いは 唯1つ/日本とペリリューは 親善の友/かよわい力 よく合わせ/知らせておくれよ 祖国まで〉〈伝えておくれよ 祖国まで/父母兄弟 妻や子に/僕らはみどりの 島暮らし/涙をおさえて さようなら/涙をおさえて さようなら〉

遺骨収容し慰霊

 「大山」と呼ばれる山の中腹にペリリュー神社が鎮座する。昭和57年、島民が見守る中、再建された。由来記によると、祭神は天照大神と戦死した日本軍守備部隊の一万余人の英霊。「護国の英霊に対し、心からなる感謝と慰霊鎮魂の誠を捧げましょう」とあり、島民が草むしりや掃除を続けているという。

 日本兵の慰霊にこだわるのは、シノズカさんやウエンティさんだけではない。ウエキさんは「多くの島民が慰霊碑の建設や遺骨収容などに協力している」という。これほどまで日本兵の慰霊にこだわるのはなぜか。

 ペリリュー州のシュムール州知事の母親、メンロムス・エテペキさん(89)は「なぜ、日本軍と米軍が自分の島で戦ったのか、という憤りはあった」と、一瞬、表情をこわばらせたが、すぐに「今は悪感情はない」と、笑顔で続けた。

 彼女は、自分の名前をカタカナで書きながらこう話した。

「31年にわたる統治時代を通し、日本に対して特別な感情が育まれていた。日本への思いは深い」

◇    ◇

 パラオ共和国 赤道に近い太平洋上に位置し、大小500以上の島を抱える。総面積は488平方キロ。1920年(大正9年)、第1次世界大戦後に日本の委任統治下に。先の戦争後、米国の統治下に入ったが、1994年(平成6年)に共和国として独立。10島に人が住み、人口は約2万920人(外務省ホームページから)。委任統治時代、日本はパラオに南洋群島全体を管轄する南洋庁本庁を設置。パラオには学校や病院、気象台、郵便局などが建設されたほか道路などインフラも整備された。最盛期の1943年(昭和18年)には2万7444人の日本人が住んでいた。

 ぺリリュー島の戦い パラオ群島にある南北約9キロ、東西約3キロ、面積約13平方キロのサンゴ礁の島。先の戦争では、マリアナ・パラオ諸島の戦いの中心地となり、昭和19年9月15日から74日間にわたり、日本軍守備隊と米軍との間で激しい戦闘が繰り広げられた。戦史叢書「中部太平洋陸軍作戦」(防衛庁防衛研修所戦史室著)によると、戦闘は、日本軍9838人に対して米軍は約4万2千人で始まり、日本軍は最終的に1万22人の戦死者と446人の戦傷者を出して玉砕。米軍も1684人の戦死者と7160人の戦傷者を出した。日本軍は34人が生還した。

20150927_パラオ ペリリューの島_米太平洋艦隊司令長官CWニミッツ(470x263)
ペリリュー島に米太平洋艦隊司令長官 C.W.ニミッツが建てた日本軍人を讃える碑

情報元:産経ニュース

関連記事
今上天皇パラオ訪問、「天皇皇后両陛下ご訪問の日」制定
親日国バングラデシュ国旗の由来と意味!日本「日の丸」に魅せられた歴史とは?
日の丸3兄弟 日本・パラオ・バングラデシュ
終戦の日に戦いとは(平和とは)を考えた。パラオ「ペリリュー島の戦い」
ウリナラの建築技術は世界一(パラオ編)

2015-09-27 00:00 | カテゴリ:中国
■反日デモでの日本車破壊行為、背景にライバル会社の指示

2012年8月24日 Record China

20150927_中国_反日デモでの日本車破壊行為(470x294)
21日、中国各地の反日デモで日本車を破壊するなどの行為が発生しているが、背景にはライバル会社の指示があると中国の公安関係者が指摘した。写真は19日、広東省深セン市での反日デモ。

 2012年8月21日、米国に本部を置く中国語ニュースサイト「博訊」によると、中国の公安警察関係者が同サイトのインタビューに応じ、中国各地の反日デモで日本車を破壊するなどの行為が発生しているが、実際にはさほど深刻ではないにもかかわらず、報道に使われている写真は大げさに画像処理されているケースもあると指摘した。

 抗議活動の現場では干渉することはなくとも、私服警察官がくまなく監視を行っている。成都などの都市で日本車の破壊活動を行っていた若者を尾行したところ、ある自動車会社関係者と会っていることが分かった。消費者の心理に日本車のイメージ付けを行うことで、将来的に自動車を買う際に日本車を選ばないように仕向けているとみられる。

 その後、上層部からの指示で尾行調査は中止されたという。日本車の破壊行為は深刻ではなくとも、破壊活動の写真が流布することで潜在的な自動車購入者にもたらされる心的影響は計り知れない。しかし、破壊された日本車はどれも中国で生産されたものであり、意図的な消費者の心理操作は行うべきではなく、そうした愚行がいずれ自らの首を絞めることにもなりかねないと関係者は話している。(翻訳・編集/岡田)

情報元:Record China




2015-09-26 12:00 | カテゴリ:国際
【ベトナムの反応】「日本は俺たちの希望!」日本との関係強化を大歓迎するベトナムの人々!!

2015/09/16公開 4:22



2015-09-26 00:00 | カテゴリ:中国
世界の大半が日本の憲法改正に賛成 中国テレビは「世界中が非難」と報道=「もううそには慣れた」「中国はますます孤立している」―中国ネット

2015年9月24日 Record China

 2015年9月22日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、世界の大半の国が日本の憲法改正に賛成していると伝える投稿があった。

 投稿者は、「日本の憲法改正について米国は、アジア太平洋地域の平和と安定に寄与すると述べ、英国やドイツも賛成を表明している。NATO加盟国は基本的にどこも賛成で、ASEAN加盟国もほとんどの国が賛成、一部の国が黙認状態だ。でも、中国中央テレビは世界中が日本の憲法改正を非難していると伝えている」と指摘した。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

・中央テレビは党が飼っているイヌだからね。イヌは主人に永遠に忠実。
・中国にとっての真理は、他人からするとただの笑い話。
・真実を知るより夢を見ていた方がまだいいんだよ。

・もううそには慣れているし。
・ネットが発達した時代だからな。うそはすぐにばれる。
・日本の憲法改正に多くの国が賛成というのは事実。反対は中国と韓国だけ。でも日本人自身が一番激しく反対しているという事実はどうなんだ?。

・憲法改正は日本国内こと。内政に干渉しちゃ駄目だよなあ。
・賛成する人が多ければそれが真理だとは限らない。
・ヒトラーが軍拡する時も反対の声は少なく、英仏も黙認だったろ。でも結果はどうだ?。

・なんだかますます孤立しているようだな。
・なんで多くの国が日本の軍隊建設を支持するのだろう?中国はなんて孤立しているんだ。だからもっと強くならないと。(翻訳・編集/山中)

情報元:Record China