FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-07-21 15:13 | カテゴリ:国内
■共産党奈良、チラシに「人殺し訓練」 県の陸自誘致反対で

2016.07.20 zakzak夕刊フジ

20160721_自衛隊は人殺しの訓練チラシ(470x589)
県による陸上自衛隊の駐屯地誘致に反対する共産党奈良が作成したチラシ

 奈良県議会の共産党議員団などでつくる団体が、県による陸上自衛隊の駐屯地誘致に反対する昨年10月の講演会の案内チラシに「陸上自衛隊は『人殺し』の訓練」などと記していたことが20日、分かった。

 共産党奈良県委員会は「自衛隊は実際に銃を持って訓練している。人を殺し、殺されるという軍隊の本質を示そうとしたが説明不足だった。自衛隊の災害救援などを否定するわけでもない」としている。

 同委員会によると、団体は「軍事基地のない平和な奈良県を守る会」。チラシには「奈良の若者が駐屯地誘致で自衛隊にねらわれている」とも記されていた。

 奈良県によると、県には全国で唯一、陸自の駐屯地がなく、県は大規模災害に対応するため同県五條市にヘリポートを併設した駐屯地の誘致を進めている

 参院選公示後の6月26日のNHK番組で、共産党の藤野保史氏が防衛費を「人を殺すための予算」と発言し、党政策委員長を事実上更迭された

引用:zakzak夕刊フジ

関連記事 人殺し予算
「防衛費は人殺し予算」発言取り消すな と共産党の長野県議。ツィート消して逃亡
【共産「人殺し予算」発言】地震被災者は猛反発「自衛隊に助けられた」民進陣営か・・・
共産党「防衛費は人殺しの予算」発言 自衛隊員・家族に対する「侮辱」
熊本地震で見えた「民共合作」の危険な正体「社共共闘」の失敗は繰り返されるのか

スポンサーサイト
2016-07-21 12:00 | カテゴリ:中国
■中国 日本の「工場夜景」は美しい!訪日するなら工場夜景を見学してみては

20160721_工場夜景(470x313)
工場夜景

 昼間は無機質に見える工場が夜になって見せる美しさに魅せられる人が増えている。一部の自治体では「工場夜景」を見るためのツアーも行われているほどで、暗闇のなかで工場が放つ明かりは確かな美しさを備えている。

 中国メディアの人民網はこのほど、煙突や配管などの結合に「美」を見出す人が増えていると伝え、日本では「工場夜景」が一部で「観賞」の対象となっていることを伝えている。

 記事は、工場夜景に対する愛好を示す単語として、「工場萌え」という言葉も登場していることを紹介しつつ、日本では美しい工場夜景をまとめた写真集やDVDも存在すると紹介。また、複数の地方自治体が「全国工場夜景サミット」を開催するなど、工場夜景を1つの観光資源として捉える動きが加速していることを伝えた。

 さらに、著名な「工場夜景」が存在する都市として、川崎市や四日市市や室蘭市、北九州市、周南市を紹介し、中国の読者に向けて、「日本を訪れるなら工場夜景を見学してみるのも良いかもしれない」と伝えている。

 暗闇のなかに浮かぶ工場の光は確かに美しい。煙突や配管といった1つの工場を形成する各部位の合理的な形や配置が光に照らし出され、街の夜景と異なった美しさを醸し出している。中国は世界の工場として名を馳せてきたが、日本のように観光資源として活用することはできていないのが現実で、むしろ環境汚染をもたらす存在にとどまっている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

引用:Searchhina

2016-07-21 09:12 | カテゴリ:国内
■鳥越俊太郎 週刊朝日でスキャンダル発覚! ファッションアドバイザー的な女性

Mens evolution

 都知事選出馬で注目を集めている鳥越俊太郎氏が7/20発売の週刊朝日にて、女性問題のスキャンダルが発覚。

 高齢なことからも認知症やがん再発等の健康問題で心配されている鳥越俊太郎氏ですが、週刊朝日でのスキャンダル発覚以外にも様々な女性問題があったようです。

 妻以外にも長年付き合っていた女性の存在が明らかになったようで、
ファッションアドバイザー的な役割をしている女性のようです。

 出馬会見時に前都知事の政治と金の問題について、問われた際にはクリーンさをアピールしましたが、女性問題のスキャンダルについて触れられたときは、冗談交じりに返答するなどし、スキャンダルの影を隠し切れませんでした。

 そして出馬を表明した後から週刊誌各局が身体調査を行いスキャンダルが明らかになった様子。

 鳥越俊太郎氏側の関係者はすでにこの事実を承知しており、鳥越俊太郎氏の女性問題に関しては、出馬表明前からかなり警戒していたようですが週刊朝日に掲載されてしまいました。

 過去にも女性自身に2005年に30代女性とイタリアンレストランで食事しているところをとられたり、女子大生との関係が噂されたこともある鳥越俊太郎氏。

 これにより多くの女性票が無くなることが心配され、知名度で都知事を目指す鳥越俊太郎氏にとっては大きな痛手となるのは明らかです。

 元々筋金入りの女性好きので知られる鳥越俊太郎氏、アナウンサー時代から女子アナを誘いまくり、伝を取り次ぎを禁止しされたこともあるほど。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2016-07-21 00:02 | カテゴリ:国内
■【衝撃】鳥越俊太郎の女子大生淫行疑惑を報道 / 男性経験ない女子に強引キス → 女子は自殺を考える精神状態に
当時大学2年生だった女子を別荘で

2016.07.20 バズプラスニュース

20160721_鳥越 そのニュースちょっと待った(470x523)
鳥越 そのニュースちょっと待った!

 ジャーナリストであり、東京都知事選に出馬した事でも注目を集めている鳥越俊太郎氏(76歳)に関する、とんでもないスキャンダル情報が入ってきた。なんと、女子大生に対する淫行疑惑記事が、最新の「週刊文春」(2016年7月21日発売号)に掲載されるというのだ。

◆事実ならば驚きの事実
鳥越俊太郎氏といえば、優しい表情と天然系の性格で話題を集める人物だが、そんな人物に女子大生に対する淫行疑惑が浮上するとは驚きである。事実ならばとんでもない犯罪行為である。以下は、この情報を伝えてくれたマスコミ関係者の声である。

◆マスコミ関係者の声
「はい、確かに鳥越さんの淫行疑惑の記事が週刊文春に掲載されるはずです。鳥越さんは当時大学2年生だった女子を富士の別荘に連れ込み、「何もしないから」と言いつつ、あのプニュプニュでシワシワの唇で強引にキスをしたというのです。さらにエスカレートして行為をしようとしたらしいのですが、女子は徹底的に抵抗して、キス以外は未遂に終わったそうですよ。そのあともホテルに誘われたりしたらしく、まったくとんでもないオヤジです。絶対に許せない行為です。文春はよくやってくれました!」

◆傷はいまだに癒えていない
この情報は、女子大生がのちに結婚した夫が、週刊文春にタレコミした情報とのこと。鳥越俊太郎氏が東京都知事選に出馬することが判明し、いままで抑えていた怒りのボルテージがMAXに到達したらしい。いまでも女子は自殺をほのめかす言葉を口にするらしく、鳥越俊太郎氏から受けた傷はいまだに癒えていないようだ。

引用:バズプラスニュース


2016-07-21 00:00 | カテゴリ:韓国
■工藤会幹部の在日コリアンを韓国・釜山で逮捕 拳銃所持し潜伏

2016/07/19 朝鮮日報

 【釜山聯合ニュース】韓国の釜山警察庁・麻薬(薬物)捜査隊は19日、拳銃を所持して南東部・釜山市内の住宅に潜伏していた日本の特定危険指定暴力団工藤会(本部・福岡県北九州市)の40代の中堅幹部を銃砲・刀剣・火薬類管理法と麻薬類管理法違反の容疑で逮捕したと発表した。

 警察が7日深夜に踏み込んで検挙した際、この容疑者の枕元には実弾8発が装てんされた拳銃「TT30」1丁と実弾11発があったという。警察はまた、潜伏先から覚せい剤のメタンフェタミン956グラムと使い捨て注射器約1000本、登山用ナイフ2本、現金2200万ウォン(約200万円)を発見し、押収した。韓国国内に潜伏した外国の暴力団員から拳銃を押収したのは今回が初めて。

 警察によると、この容疑者は在日コリアンで、工藤会の元組長の遺族を脅迫した容疑で日本の警察に追われ、約1年半前の昨年1月26日に日本から韓国に逃れた。日本の警察庁は2日後に国際刑事警察機構(ICPO)を通じて指名手配した。

 拳銃や実弾は、昨年9月ごろ日本からの貨物に隠して釜山へ密輸したとされ、韓国での通関検査の不手際が指摘されている。 

 また、この容疑者は昨年11月、中国から韓国に入ってきたメタンフェタミンを日本へ密輸してほしいと在日コリアンの男から頼まれ、今年6月6日にソウル近郊の京畿道・水原でメタンフェタミン956グラムを受け取り、潜伏先に保管していた疑いも持たれている。日本に住むこの男が別の事件で死亡したことから、容疑者はほかのメタンフェタミンの販売先を探していたという。

引用:朝鮮日報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。