FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-07-31 20:19 | カテゴリ:国内
■【東京都知事選】都知事に小池百合子氏 分裂選挙「知名度」で制す 初の女性都知事

2016.7.31 産経ニュース

20160731_小池百合子氏(200x300) 舛添要一前都知事の辞職に伴う東京都知事選は31日、投開票され、元防衛相の小池百合子氏(64)が、元総務相の増田寛也氏(64)=自民、公明、日こ推薦、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=らを破って初当選を確実にした。女性都知事の誕生は初めて。

 自民党は候補者擁立が難航し、小池氏と増田氏の間で17年ぶりの分裂選挙となっていた。同党都連が擁立した増田氏陣営は徹底した組織選挙を挑んだが、「知名度」を背景に無党派層への浸透を続けた小池氏には及ばなかった。

 午後6時現在の投票率は36・48%。前回(平成26年)同時刻を4・67ポイント上回っている。

 政党の支援を受けない小池氏は同党都連との対決姿勢を鮮明にし、都議会の冒頭解散をはじめとした「都民のための東京大改革」を訴えて、支持を集めた。

 2020年東京五輪・パラリンピックについては、「利権追及チーム」をつくり、膨らむ経費の内訳を開示するなど「透明化」を進めるとし、知事給与の半減などを公約に掲げた。都議会の半数近くを占める自民都議との対決姿勢を貫けば、難しい都政運営を迫られることになりそうだ。

 増田氏は自民、公明両党の組織的な支援を受け、岩手県知事の経験など「行政手腕」をアピール。「待機児童ゼロ」などを強く訴えたが、知名度不足などから無党派層への浸透が図れなかった。

 野党統一候補の鳥越氏は、安倍政権を批判し「原発ゼロ」「改憲阻止」などを訴えたが、明確な公約が見えず、徐々に失速。週刊誌の女性問題報道などもあり、票を減らした。

 小池氏は昭和27年7月15日、兵庫県芦屋市生まれ。関西学院大を中退し、エジプトのカイロ大を卒業する。テレビ東京のキャスターを経て平成4年の参院選で初当選、翌年から衆院議員。15年9月に就任した環境相時代には、クールビズを導入。19年7月には女性初の防衛相に就任した。20年9月には女性として初めて自民党総裁選に出馬した。

引用:産経ニュース


スポンサーサイト
2016-07-31 12:44 | カテゴリ:国内
■桜井誠 都知事選 2016 上野駅前 2016/07/24

 とにかく石橋記者は声が小さい!罵声で声が聞こえない!こんな良い機会は怒りの気持ちを押し殺して街宣車の桜井氏たちに任せておけばいいんですよ!TV局の使うマイクじゃなきゃ拾えない音声でした。石橋記者のリングインした勇気だけは認めます。村田春樹さんからもフルボッコ!

2016/07/24公開 17:01



2016-07-31 12:36 | カテゴリ:国内
■都知事選 東京都の課題も整理できない候補者は出馬資格すらない 政治ジャーナリスト・細川珠生氏

2016.07.30 zakzak夕刊フジ

20160731_細川珠生氏(200x302) 参院選とのダブル選挙のような様相を見せてきた東京都知事選(31日投開票)も終盤だ。毎回、話題性豊富な「地方選挙」ながら、各党とも推薦する候補者選びにはかなり苦戦する。

 今回は、国政での対立構造を色濃く反映し、自民党と公明党が推薦する増田寛也元総務相と、民進党や共産党など野党4党の統一候補としてジャーナリストの鳥越俊太郎氏、自民党員ながら政党の支援なく戦う小池百合子元防衛相という、事実上、有力3候補の戦いである。

 そして、焦点は「都議会を含む旧態依然とした都政か」「刷新された都政か」ではないか。

 都知事が2代続けて都政を混乱させたため、都民は当初、安定した実務型の知事を望んでいた。自公与党は元知事や元官僚を模索しながら、参院選への影響を考えて、正式な推薦決定を遅らせていた。

 この間隙を縫って、小池氏が電撃的に出馬した。自民党東京都連や党本部は怒り、焦り、すべての対応が裏目に出た。小池氏の登場で、都政の旧態依然や理不尽さが明らかになり、小池氏の勢いが増している。

 肝心なのは、都庁・都政をどうするかである。

 都知事選は注目を集めるが、あくまでも地方選挙であり、都知事候補には、地域の課題をどう解決していくかが問われるべきだ。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2016-07-31 12:24 | カテゴリ:国際
■【RioWay】リオ五輪会場を空中散歩

 【リオデジャネイロ=佐々木正明】8月5日から21日まで、リオデジャネイロ五輪が開催されます。ヘリコプターに乗り、熱戦の舞台をまわってみました。まずはリオ西部にある五輪公園を空中散歩。水泳、テニス、柔道、日本勢のメダルが期待される場所を紹介します

2016/07/30公開 2:59



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。