FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-11-03 15:41 | カテゴリ:中国
■中国人が北海道で土地の爆買い、「国土流失」に日本人が危機感=中国報道

2016-11-02 Searchhina

20161103_中国人が北海道で土地の爆買(470x313)

 北海道の土地や建築物などの不動産が中国系資本に次々と買収されているという報道があるなか、中国メディアの騰訊房産は10月31日、「日本人は自国の不動産が中国系資本に買収されていることに警戒感を示している」と伝えつつ、中国人は間もなく日本の不動産を購入できなくなるかもしれないと主張した。

 記事は中国系資本に対する日本人の警戒感を示す事例として、2010年に北海道知事が外国資本による森林や沼地の土地取引に事前届け出を求める条例制定の考えを表明し、同条例は2012年4月から「水資源保全条例」として施行されていることを伝えた。

 また、ある北海道道議会議員が、かつて北海道の不動産の所有者について調査した結果、900件以上の「水土保全林」の所有者が不明で、また水土保全林の33件は外国資本だったことが判明したと紹介。これは、11年にフジテレビ系の番組が伝えた内容だが、同番組は中国系資本による北海道の不動産買収の実態について報道し、土地取引の法規制の必要性を訴えていた。

 さらに記事は、北海道の不動産を爆買いしている中国系資本に対して、日本人は非常に強い警戒感を示しており、北海道市長会は10月19日、北海道の不動産を中国などの外国資本が買収している問題に対して日本政府に法規制を求める方針を決めたと紹介。

 従って、「国土流失を防ぐことを目的に、日本は17年もしくは18年にも外国人の不動産所有を制限し、所有権ではなく借地権しか買えなくなる可能性もある」と説明し、多くの中国人が描いていた「土地を末代まで受け継がせる」という夢が水の泡になる可能性があると主張、「今のうちに購入しておかないと、間に合わなくなる」と主張した。

 12年4月から施行されている「水資源保全条例」は、外国人の土地取引を制限するだけの強制力はないものであり、10月19日の北海道市長会の決定は同条例の施行後も中国系資本による北海道不動産の買収が次々と行われてきたことを示すものだ。森林や沼地など重要な水資源にかかわる不動産が買収されていることは、日本人にとっては確かに危機感を募らせるに十分な事実といえるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

引用:Searchhina

 中国紙が「今のうちに購入しておかないと、間に合わなくなる」などと拡散するなよ!

スポンサーサイト
2016-11-03 15:04 | カテゴリ:国内
■美脚全開〝ミニドレス〟レディー・ガガ、2年ぶり来日で夢語る「子供作って家族も」サプライズ演出に思わず号泣も

2016.11.3 産経ニュース

20161103_レディー・ガガ01(470x312)
ピンクの羽織をサプライズで贈られると、「すごく美しいです。ありがとう!」と号泣。何度も涙をぬぐった。

20161103_レディー・ガガ02(200x349) 米人気歌手、レディー・ガガ(30)が2日、東京都内で新アルバム「ジョアン」の発売会見を行った。(サンケイスポーツ)

 ピンク色のジャケットに銀色のフリンジ付きミニドレス姿で登場し、「日本に戻ってこられてうれしい。改めて日本が好きなことに気づきました」と笑顔であいさつ。

 足の付け根まで美脚をあらわにした大胆衣装でノーパンのように見えたため、会場は一瞬どよめいた。が、ガガがいすに座って脚を組んだ瞬間、「アンシンシテクダサイ。ハイテマスヨ」とばかりにピンクのボディースーツがチラリと見え、報道陣をホッとさせた。

 前日1日に2年2カ月ぶりに来日。昨夜は都内のホテルで打ち合わせに費やしたといい、「(今回の来日で)愛を広げ、ポジティブなものを皆さんに伝えたい」と気合十分。

 今年30歳を迎えたが、「音楽を作り続け、ツアーをたくさんやりたい。この先10年を考えると、子供をつくって家族を作りたい。家族を大事にする家系なので伝統を継承したい」と夢も語った。

 最後に所属レコード会社からピンクの羽織をサプライズで贈られると、「すごく美しいです。ありがとう!」と号泣。何度も涙をぬぐった。

引用:産経ニュース


2016-11-03 12:00 | カテゴリ:中国
■これが日本人の仕事なのか・・・食品サンプルの出来栄えに驚嘆=中国

2016-11-02 Searchhina

20161103_食品サンプル(470x353)

 飲食店の店頭などに並ぶ食品サンプルを目にしたことのある人は多いだろう。料理やメニューの内容を「視覚」で把握、理解できるため、日本を訪れる外国人旅行客にとっては非常に有り難い存在のようだ。

 中国メディアの今日頭条は1日、日本の食品サンプルは「とても作り物とは思えない」と伝え、本物の食品と見違えてしまうほどの出来栄えに対し、「日本人の仕事ぶりには敬服させられる」と伝えている。

 記事は、食品サンプルを作る工場の様子を数多くの写真とともに紹介。食品サンプルは職人が1つ1つを手作業で作っていることを伝えつつ、樹脂で本物の食品とそっくりの模型を作っていることに「驚嘆の気持ちを抱かざるを得ない」と論じた。

 記事が掲載している写真には、カットされたイチゴや皿に盛り付けられたサラダ、ピザ、麺料理、ハンバーグやビールなどの模型を制作する様子が写されているが、何も知らない人が見ればとても樹脂製とは思えないほどの出来栄えだ。食品の色、質感、そして温度感にいたるまで本物そっくりであり、記事が「日本人の仕事ぶりには敬服させられる」と主張するのも納得の出来栄えだ。

 中国ネット上では以前、日本の食品サンプルの製造工程を紹介した画像が出回り、「食品の偽装事件」の証拠だというデマが広がったことがある。結局、「食品の偽装事件」だという主張は悪質なデマであることが判明したわけだが、裏返せば日本の食品サンプルは中国人も騙されるほど本物そっくりだということだろう。(編集担当:村山健二)

引用:Searchhina


2016-11-03 00:00 | カテゴリ:韓国
■韓国経済崩壊】日本企業の技術を盗用した韓国企業に「凄絶な制裁措置が科せられ」高価値製品が崩壊!国策銀行も崩壊の危機!!

2016/10/30公開 5:37


■韓国企業、日本の技術供与薄れ存亡の危機に…鉄鋼大手ポスコも新日鉄の技術盗用で苦境突入

2016.10.30 Business Journal 文=渡邉哲也/経済評論家

20161103_渡邉哲也/経済評論家(200x191) 鉄鋼業界では、最大手のポスコが苦境に立たされている。2012年に新日本製鉄(現・新日鉄住金)が方向性電磁鋼板の知的財産権の侵害を理由に、約1000億円の損害賠償を求めてポスコを提訴した。これは、つまり「ポスコが不正な手段で新日鉄の技術を盗んだ」ということだ。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。