-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-11-30 15:22 | カテゴリ:中国
■日本経済を軽視してはならない、その強大さを正確に認識せよ=中国報道

2016-11-30 Searchhina

20161130_東京の夜景(470x313)

 中国では「アベノミクスは失敗している」、「中国人による爆買いが日本経済を救った」などと伝えるメディアが存在する。だが、中国メディアの竜訊財経はこのほど、こうした「日本経済を軽視する報道」はすべて誤りであると論じる記事を掲載した。

 中国国内で日本経済を軽視する報道があることに対し、記事は「日本経済の強大さを正確に認識することが必要だ」との見方を示している。

 日本経済の強大さを示す指標としては、2015年末時点の日本の対外資産残高が948兆円に達していることを指摘。これは日本のGDPを上回る規模だと伝え、対外純資産残高でも日本は25年連続で世界1位であることを伝え、GDPの数値だけでは計れない日本の強大さであると論じた。

 また記事は、日本の企業はハイテク産業において数多くの特許を取得しており、中国企業は日本企業から高額の製品や特許使用権を購入せざるを得ないのが現状だと指摘。そのため、中国は日本に対して尊大な態度をとってはならず、むしろ日本経済の強大さを正確に認識すると同時に、常に警戒を怠らないことが必要であると読者に訴えかけた。

 成長を続ける中国から見れば、失われた20年という言葉で表現される日本はまるで繁栄を失った国のように映るのかもしれない。だが、記事が指摘しているとおり、日本にはGDPの数値だけでは計れない強みがあるのも事実で、日本人と中国人の生活水準を比較しても、中国はまだ日本に及ばないのが現状だ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

引用:Searchhina


スポンサーサイト
2016-11-30 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
■感動 実話 犬 野良犬がゴミ置場の中から生まれたばかりの赤ちゃんを

2016/07/30公開 3:15


 ある日のこと。お腹を空かせた1匹の野良犬が食べ物を探し求めて歩き回っていたそうです。そしてゴミ置場で何かを発見!犬はそれを咥えてまた歩き出しました。一体何を見つけたのでしょう。

 信じられません!犬が咥えていたものは人間の赤ちゃんだったのです! 臍の緒がついたままの生まれたばかりであろう赤ちゃん。無責任な誰かが、産んだすぐ後にゴミ置場に捨ててしまったようです。

 空腹だったわんちゃんが次にしたことは何だと思いますか? 住処に持ち帰って食べようとしたのか? いいえ、違います。一番近くの民家までこの赤ちゃんを運んだのです。まるで『助けてあげて!』とでもいうように、近くの民家に住む人間の元へ知らせに行ったそうです。

 民家から出てきた住民はビックリ!慌てて病院へ走ったそうです。赤ちゃんは無事で健康に問題はなく、犬が咥えたことによる傷も無かったといいます。捨てた母親は見つかっていないそうです。

 この母性溢れる優しいわんちゃんのニュースは世界中で様々なメディアに取り上げられました。こちらの野良犬はメスだったそうで、たとえそれが人間だとしても赤ちゃんを見ると母性本能が彼女を動かしたのでしょうか。しかし野良という過酷な環境の中、人間に対して不信感を抱いていてもおかしくない状況だと思います。そんな野良犬が、人間の赤ちゃんを見捨てずに救ったことがとても感動的です。

 犬の愛情・母性や赤ちゃんの生命力に深く感心してしまいました。犬が助けたことによってなんだか綺麗な話になってしまっていますが、赤ちゃんを産んで捨てるという無責任な行為は許されることではありません。

 いかなる事情があろうとも生まれてくる赤ちゃんに罪はありません。例え育てられない事情があったとしても、出産後に正式に手続きをする方法だってあります。この世に生まれて悲しくもゴミのごとく捨てられてしまう赤ちゃんが世界中から少しでも減るように、そして命の重みを知り責任を持てる大人が増えるよう切に願っています


2016-11-30 00:00 | カテゴリ:韓国
■苦境に立つ韓国の中小部品メーカー、来年は連鎖倒産の恐れも

2016/11/29 朝鮮日報

 今月24日午後、鉄工所が集中するソウル市永登浦区文来洞の路地では、100メートルほど歩いただけでシャッターを下ろした業者が10カ所以上あった。大きな文字で「賃貸」という表示が張られた場所も目立った。文来洞は部品、金型、熱処理メーカーが2400社集まった地域で、一時は設計図さえ渡せば、あらゆる部品を作ることができるとまで言われたが、今は閑散としている。溶接業者を経営するPさん(51)は「10年前まではボルトやナットの加工で月に数百万ウォンを稼ぐことができたが、最近は倒産するところが増えている」と話した。

 韓国製造業を下支えしてきた末端中小企業30万社が今、崩壊しつつある。一般に従業員数が10人に満たない零細企業で、機械部品、金属加工、縫製、印刷など韓国製造業の下請け構造の末端に位置する。韓国の製造業全体の被雇用者数(約392万人)の4分の1を零細企業が占めるとされる。数年来の景気低迷はそうした零細企業を襲っている。現地で出会った経営者は「周辺には30年以上事業を営んできたプライドから廃業こそ思いとどまっているが、注文が全くない企業があちこちにある」と語った。

◆めっき・金型…、末端中小企業の崩壊

 首都圏の代表的な工業地区である半月、始華、南洞の各工業団地では最近1年間に3万人が職場を去った。3-4年続く不況に耐えられず、零細中小企業が従業員を削減したためだ。

 京畿道安山市の半月工業団地では、交差点に「土地5000坪と建物一括売却」といった横断幕があちこちに見られた。同団地には従業員数10人未満、年商10億ウォン未満の零細めっき業者が約200社ある。ここで亜鉛めっき業者を15年間営むKさん(60)は「自動車部品メーカーからの受注が減少し、先月に従業員7人のうち3人を解雇した。財産を全て処分して運転資金に充て、借金しか残っていない」と話した。別のめっき業者の経営者Pさん(61)は「毎月400万ウォンの賃貸料も稼げず、工場を閉鎖するかどうか悩んでいる」と漏らした。

 始華工業団地で出会った金属加工業者のYさん(59)は「5人いた従業員を2人に減らし、自宅と工場を担保に5億ウォンを超える融資を受けた。毎日が苦しい」と話した。

 6000社以上の印刷業者が集中するソウル市中区の忠武路一帯も内需不況の直撃を受けている。地下鉄忠武路駅近くの印刷所通りでは、40カ所余りある印刷工場のうち20カ所以上で印刷機が止まっていた。ドンホコミュニケーッションのキム・ユンジョン代表は「以前は印刷物を運ぶバイクで歩行者が通りにくいほどだったが、今はがらんとしている」と話す。

◆来年は連鎖倒産も

 中小企業経営者は「資金力がない零細企業は既に限界に達している」と指摘した。中小企業中央会が中小企業300社を対象に調査した結果、28.7%が「現在の経済状況は通貨危機、金融危機に準じる危機的状況だ」と答えた。実際に仁川市の南洞工業団地に進出した従業員50人未満の中小企業の稼働率は正常水準(80%)に満たない62%にとどまっている。

 問題は来年にかけ状況がさらに悪化するとみられる点だ。中小企業研究院のキム・セジョン院長は「来年は国政の混乱継続と米国の保護主義台頭、米中貿易摩擦など不安要因が山積している。大企業、中小企業問わず製造業の基盤が没落する最悪のシナリオが懸念される」と分析した。

成好哲(ソン・ホチョル)記者

引用:朝鮮日報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。