2017-01-31 16:13 | カテゴリ:中国
■映画 南京の真実 記録映画編(南京陥落後)
 中国はこれでも「30万人の南京大虐殺」は有ったというのか。
 南京陥落前の人口20万人に対して、陥落後は疎開者が戻ってきたので人口25万人に増えた。それは画像にもあるが住民登録を行っているのでほぼ正確だ。

2009/05/06 9:52


■南京~つくられた”大虐殺”【シリーズ南京事件①】
 中国 国民政府は日中戦争で日本軍に太刀打ち出来ないので日中戦争にアメリカを引き込みたかった、そこで考えたのが嘘の情報を国民政府は欧米へ発信した。それが「南京大虐殺」。
2014/07/26公開 15:34


■南京大虐殺と原爆投下【シリーズ南京事件②】アイリス・チャン「ザ・レイプ・オブ・南京」
 アメリカは原爆投下を正当化するために最初「捕虜虐待」を使おうとしたが日本軍は虐待をしていなかったので失敗。そこで考えたのが「南京大虐殺」。広島+長崎で死者ほぼ30万人、南京大虐殺を30万人に仕立てて、つじつまを合わせ「日本は30万人の大虐殺をしたのだから、広島+長崎30万人の死者は当然だ」とした。
2014/08/05公開 18:03


関連記事 南京大虐殺
重要証言】「日本は強くあってください」~台湾から日本へのメッセージ~
自民党、GHQの占領政策・東京裁判を検証へ 結党60年に合わせ委員会を設置
中国が主張する南京虐殺30万人説 当時の人口20万しかおらず
「南京大虐殺30万人説」日本にも歴史〝ねじ曲げ〟放置した重い責任・・・
【青山繁晴】中国韓国は日本が怖くて仕方がない!中韓が過激な反日に走る本当の理由・・・
南京大虐殺 イリナ・ボコバユネスコ事務局長はブルガリア人民共和国時代の共産党員
・ユネスコ拠出金見直しへ「断固たる措置取る」日本政府
憶遺産に「慰安婦」「南京」登録ならばユネスコへの資金拠出を一切拒否せよ!藤岡信勝

スポンサーサイト
2017-01-31 15:03 | カテゴリ:韓国
■26年不法残留疑い 韓国籍男「働き先なくて」自首

2017年01月30日 岐阜新聞

 岐阜南署は28日、入管難民法違反(不法残留)の疑いで、韓国籍の住所不定、自称無職の容疑者(63)を現行犯逮捕した。不法残留の期間は約26年1カ月にわたり、岐阜駅南口交番に自首した。「働くところもなく、年も取ったから、どうしようもない」と話しているという。

 逮捕容疑は、1990年11月に15日間の短期滞在ビザで入国し、在留期限が過ぎた後も出国せず、不法に残留した疑い。

 署によると、名古屋空港から入国。静岡県内の工場に勤めていたが、その後、転々としていたと話しているという。

 28日夜、同交番に「私はオーバーステイです。捕まえてください」と自首してきた。所持金は約5400円だった。

引用:岐阜新聞

 この韓国籍男は日本での特別永住資格がないので「在日韓国人」ではありません。単なる韓国人です。なぜ26年間も日本に居られたのか。それは受け入れる者となる在日韓国人がいたということです。その在日韓国人が住居、仕事の紹介をしていたので26年間も不法滞在が出来たということです。

 この韓国籍男は強制送還されるでしょうが、問題はこの男に住居、仕事を紹介してきた在日韓国人は主犯・共犯どちらでもいいですが犯罪者であることは間違いはないのに「特別永住資格」のため強制送還はされないと言うことです。

 これ、明らかにおかしいでしょう。

 この男に関わってきた者(住居の紹介者・提供者、仕事の紹介者・雇用主)は26年間の間に数十人はいたでしょう、その殆どは「在日韓国人」です。法改正して「在日韓国人」は1回でも犯罪を起こしたら「特別永住資格」を剥奪するべきです。

 そうすることで韓国朝鮮人の犯罪も減るし、不法滞在者も減ります。

 いかに韓国朝鮮人の犯罪率が高いかは以下のグラフでよくわかります。しかもこの韓国人朝鮮人の犯罪者は朝日新聞によれば日本人名(通名)で記事にしますから、日本人が記事を読めば日本人の犯罪としか見ません。


20161222_韓国朝鮮人犯罪グラフ_1(470x394)
韓国朝鮮人犯罪グラフ(なでしこりん)


2017-01-31 12:00 | カテゴリ:北朝鮮
■拉致被害者全員救出を願って。「空と海の向こう」~山口采希~ 「会いたいよ……会いたいよ」

 歌手の山口采希(あやき)さんは、「拉致被害者とそのご家族の悲しみに寄り添う」音楽を作りたいと思っていたが、圧倒的な存在感のあるメロディでなければ意味がない、と長い間、苦しんでいた。

 そんなある日、ふと、自分でもびっくりするような存在感と、力と、感情を持ったメロディが、一つの言葉と共に出てきたんです。
「会いたいよ……会いたいよ」・・・
 このメロディの力があれば、作れるかもしれない。 拉致問題を広く知っていただけるための音楽を作れるかもしれない……。
 数日後、ギターを鳴らし始めると、その瞬間、自分でも驚くほどメロディが自然に溢れるようにでてきた。こうして出来たのが、「海と空の向こう」である。

見上げた空は続く 想いも必ず届く 
変わらない笑顔はきっとそこにある 必ず 迎えに行くよ
会いたいよ 今 会いたいよ 今 過ぎ去った日々の分だけ抱きしめたい 
会いたいよ 今 会いたいよ 今 あきらめないでね あきらめないから ・・・

 北朝鮮向け短波ラジオ放送での公開収録がYouTubeで見られる。心に染み入るメロディに乗った采希さんの「拉致被害者とそのご家族の悲しみに寄り添う」思いの籠もった歌声が胸を打つ。その思いの強さが、呼び起こしたメロディだろう。

2015/03/24公開 4:43


記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_


2017-01-31 00:00 | カテゴリ:韓国
■トランプ政権“狂犬長官”に韓国震撼 左翼政権誕生なら米地上軍撤退も…米韓同盟を厳格査定

2017.01.30 zakzak夕刊フジ

20170131_ジェームズ・マティス米国防長官(470X384)
トランプ氏の指令を受け、韓国に乗り込むマティス氏(右)。厳格査定は文氏にもおよびそうだ(AP)

 「狂犬」と恐れられるジェームズ・マティス米国防長官は来月2日、韓国を訪れ、韓民求(ハン・ミング)国防相らと会談し、3日に日本を訪問する。一部の韓国メディアは「初の外国訪問先に韓国選択」などと誇らしげに報じているが、朴槿恵(パク・クネ)大統領が職務停止中という同国の置かれた現状はそれほど甘くない。次期大統領選の世論調査では、北朝鮮に近い左翼候補がリードしており、マティス氏は同盟国にふさわしいか否か、厳格査定するとの見方もある。 

 「米国は韓国を守る必要がない

 ドナルド・トランプ米大統領は選挙期間中、米韓の軍事協力に絡み、こう繰り返し、支持者から拍手喝采を浴びた。「ディールする」(=取引する)が口癖のトランプ氏だけに、韓国に駐留経費の負担増を求めるための恫喝(どうかつ)かもしれないが、米軍最高指揮官となった以上、無視できない発言だ。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_


2017-01-30 15:50 | カテゴリ:韓国
■【コラム】韓国はみんな狂っている、まともではない

2017/01/29 朝鮮日報

 韓国崩壊 韓国は狂っている。民衆だけではない、司法府・立法府・行政府もそうだし、全てで狂っている。
まともなのはこの記事を書いてる論説委員の朴正薫だけか・・・


20170130_韓国 朴正薫論説委員(200X259) 「朴大統領ヌード風刺画」事件は、芸術の話とはいえない。あれは、政界の現実を示す政治スキャンダルだ。問題の作品は、芸術と呼ぶのが恥ずかしくなるほど粗悪なものだ。風刺とユーモアではなく、女性性を突きまわす敵意に満ちている。あれを国会という公的な舞台に引っ張り出したのが、政治だった。闘争心に燃える一議員が、政治を荒れた場にした。質の悪い風刺も、荒れた政治も、正気の沙汰ではない。

 先週、サムスンの李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の拘束令状を棄却した判事に「電話テロ」が殺到した。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS、会員制交流サイト)は、ありとあらゆる悪口と人身攻撃であふれかえった。大衆の暴走が攻撃性を帯びて暴力化するのは、今に始まったことではない。

 少し前、改憲の報告書を批判した最大野党「共に民主党」所属の議員に対しても「文字テロ」が行われた。数千通の中傷メールや、後援金額より事後処理費用の方が高くつくといわれる「18ウォンの後援金」が殺到し、電話番号を変える議員が続出した。攻撃を主導したのは、文在寅(ムン・ジェイン)「共に民主党」前代表の熱烈な支持者らだった。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代に「紅衛兵」役を果たした「ノッパ(盧武鉉支持者)」部隊が復活したかのようだった。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_


2017-01-30 14:40 | カテゴリ:国内
■民進党内で「蓮舫降ろし」の動き顕在化 松野頼久元官房副長官が「反蓮舫」拠点の新グループ立ち上げへ 都議選候補は離党の動き

2017.1.30 産経ニュース

20170130_謝蓮舫(200x287) 政党支持率が1桁台の“低空飛行”を続ける民進党で、蓮舫代表の足元がにわかに怪しくなってきた。旧維新の党系の松野頼久元官房副長官らが「蓮舫降ろし」の拠点となる新グループを立ち上げるほか、赤松広隆前衆院副議長のグループも反執行部の動きを加速させている。東京都議選(6月23日告示-7月2日投開票)に向け、党公認候補予定者に離党の動きが出始めた。次期衆院選を前に空中分解しかねない

◆自由にモノいえない

 党内最大勢力の旧維新グループは、松野氏と江田憲司代表代行を中心に20人超が参加している。このうち松野氏や松木謙公衆院議員ら有志約10人が30日夜、都内で会合を開き、新グループ結成に向けた最終調整を行う。2月にも松野氏を代表とする政治団体を発足させる運びだ。

 松野、松木両氏は昨年9月の代表選で前原誠司元外相を支持したが、江田氏は蓮舫氏を支援。その後、江田氏は執行部入りし、松野氏らとの溝が広がった。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-01-30 12:00 | カテゴリ:動画TV映画
■【衝撃注意】世界の電車内での光景が不思議と謎に満ちすぎていてヤバい…【理解不能な人々】

2015/06/01公開 2:24



2017-01-30 00:00 | カテゴリ:中国
■田村秀男 中国との「戦い」辞さないトランプ政権 成否の鍵は日本の対米協調

2017.1.29 産経ニュース

20170130_米国の貿易収支と中国の軍事費(470x359)

 トランプ米政権が始動するや否や、口撃の矛先が日本車にも向けられたが、慌てることはない。事実関係を説明すれば済む。新政権の最大の標的は中国であり、通商・安全保障一体の対中強硬策を繰り出そうとしている。この「戦い」の成否の鍵を握るのは日本の対米協調である。

 「米国第一」政策には、なぜ中国について通商と安保が不可分なのか。グラフは中国が世界貿易機関(WTO)に加盟した2001年以降の米国の対中貿易赤字と中国の軍事支出である。グローバルな貿易自由化の恩恵を受けた中国は対米貿易黒字を15年までに4.4倍増やしたのに対し、日本は1倍にも満たない。トヨタ自動車など日本の製造業が米国での現地生産を増強してきたからだ。

 目を引くのは7.7倍にも上る中国の軍事支出の膨張だ。08年のリーマン・ショックの後は、中国の軍事費は対米貿易黒字の約5割相当だ。中国は貿易で稼いだドルを旧ソ連製の空母など、武器購入予算に充当する。人民解放軍のサイバー部隊によるハッカー攻撃が米国や日本を標的にしているが、そのハイテク技術の多くは米国製だ。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-01-29 16:57 | カテゴリ:国際
■TPPから日米FTAに乗り換えはそれなりに得

2017年01月28日 アゴラ(八幡和郎)

20170129_安倍総理とトランプ米大統領(470x350)

 トランプ米大統領は環太平洋経済連携協定(TPP)から離脱したが、そのかわりに二国間の経済連携協定(FTA)の交渉を始める意向という。日本としては、なお、TPPの意義についてトランプに強調するしかない。それは、ほかの参加国に対する礼儀でもあるし、一般論としての多国間協定に否定的な雰囲気の蔓延を避けねばならない。

 しかし、いまさらトランプ政権下のTPP推進に期待しても仕方ないのも現実だ。そして、そもそも、日本がTPPを推進したのは、日米FTAに乗り遅れ、アメリカ議会が新たなFTAに合意するのが難しいので、その代わりにというのも動機だった。

 そして、TPPには中国を睨んで、日米を中心として経済秩序をつくって、中国はそれに参加するか否かを迫られるという方向にもっていけるというFTAにはない新たな効用があったわけだが、しばらくは、トランプが宗旨替えするのは難しいからいっても仕方ない。

 それでは、なぜ、トランプが多国間の経済連携協定を嫌うかだが、理由はいくつかある。ひとつは、

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-01-29 15:45 | カテゴリ:韓国
韓国人「韓国 vs 日本、トルコの世界最長つり橋“受注戦”で韓国が日本に勝利!」→「内容を見なければならないです・・・むしろ損をする危険が高い

 韓国にものを作らせたらダメだって・・・ 日本がODAで尻ぬぐいさせられる!
しかし、韓国は懲りないね~ 以下のリンクから飛んでみてください。


パラオに韓国が造った橋は崩落、業者は夜逃げ、パラオが韓国に損賠賠償請求するも門前払い。結局日本がODAで無償で作り直し。
・韓国が自国に造った韓国最長の吊橋は振動や揺れが激しくて使い物になりません。
・建設中の平昌五輪 メインアクセスの韓国高速鉄道(KTX)で鉄橋が崩落するし、安いだけのものしか造りません。
中国の橋は橋の断面を見たら「発泡スチロール」がぎっしりでした。

2017年01月29日 海外の反応 お隣速報

 トルコダーダネルス海峡を横断してかかる世界最長のつり橋が韓国の技術で建設される。大林産業とSK建設が日本のコンソーシアムを押して4兆ウォン(約3,900億円)「受注戦」で勝利した。

 トルコメディアは26日(現地時間)韓国の建設会社とトルコのリマーク・ヤップメルケジなどの4社で構成されたコンソーシアムが「1915チャナッカレ(仮称)」プロジェクトの優先交渉対象者に選ばれたと報道した。

 欧州とアジア大陸をつなぐ3.7キロの長さのつり橋と進入道路を建設する事業だ。プロジェクトは民間投資方式(BOT)インフラ事業で韓国建設会社主軸のコンソーシアムが完工後、16年2ヵ月間最小運営収益を保障され運営まで引き受ける。

 トルコ政府は建国100周年を迎える2023年、橋を開通し主塔間の距離も2023mで建設することにした。この橋が完工されれば日本の神戸の明石大橋(1991m)を抜いて世界で最も長いつり橋になる。

 今回の受注戦は韓国と日本の「国家対抗戦」の雰囲気で行われた。大林産業とSK建設が主導するコンソーシアムと日本は伊藤忠総合商社と建設会社IHI中心のコンソーシアムを作った。日本は安倍晋三首相が受注を総指揮して入札締め切り約1週間前に石井啓一国土交通大臣までトルコに送って受注支援活動を行った。

 韓国は大統領が職務停止の不利な状況で主務部署である国土交通部が入札予備妥当性調査のための予算を支援して昨年末キム・ヒョンニョル建設政策局長が直接トルコを訪問して政府レベルの支援意志を説明した。
韓国語原文:http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=023&aid=0003250535

引用:海外の反応 お隣速報

関連記事
トルコのダーダネルス海峡大橋建設で韓国・日本が激突