FC2ブログ
2017-01-31 16:13 | カテゴリ:中国
■映画 南京の真実 記録映画編(南京陥落後)
 中国はこれでも「30万人の南京大虐殺」は有ったというのか。
 南京陥落前の人口20万人に対して、陥落後は疎開者が戻ってきたので人口25万人に増えた。それは画像にもあるが住民登録を行っているのでほぼ正確だ。

2009/05/06 9:52


■南京~つくられた”大虐殺”【シリーズ南京事件①】
 中国 国民政府は日中戦争で日本軍に太刀打ち出来ないので日中戦争にアメリカを引き込みたかった、そこで考えたのが嘘の情報を国民政府は欧米へ発信した。それが「南京大虐殺」。
2014/07/26公開 15:34


■南京大虐殺と原爆投下【シリーズ南京事件②】アイリス・チャン「ザ・レイプ・オブ・南京」
 アメリカは原爆投下を正当化するために最初「捕虜虐待」を使おうとしたが日本軍は虐待をしていなかったので失敗。そこで考えたのが「南京大虐殺」。広島+長崎で死者ほぼ30万人、南京大虐殺を30万人に仕立てて、つじつまを合わせ「日本は30万人の大虐殺をしたのだから、広島+長崎30万人の死者は当然だ」とした。
2014/08/05公開 18:03


関連記事 南京大虐殺
重要証言】「日本は強くあってください」~台湾から日本へのメッセージ~
自民党、GHQの占領政策・東京裁判を検証へ 結党60年に合わせ委員会を設置
中国が主張する南京虐殺30万人説 当時の人口20万しかおらず
「南京大虐殺30万人説」日本にも歴史〝ねじ曲げ〟放置した重い責任・・・
【青山繁晴】中国韓国は日本が怖くて仕方がない!中韓が過激な反日に走る本当の理由・・・
南京大虐殺 イリナ・ボコバユネスコ事務局長はブルガリア人民共和国時代の共産党員
・ユネスコ拠出金見直しへ「断固たる措置取る」日本政府
憶遺産に「慰安婦」「南京」登録ならばユネスコへの資金拠出を一切拒否せよ!藤岡信勝

スポンサーサイト



2017-01-31 15:03 | カテゴリ:韓国
■26年不法残留疑い 韓国籍男「働き先なくて」自首

2017年01月30日 岐阜新聞

 岐阜南署は28日、入管難民法違反(不法残留)の疑いで、韓国籍の住所不定、自称無職の容疑者(63)を現行犯逮捕した。不法残留の期間は約26年1カ月にわたり、岐阜駅南口交番に自首した。「働くところもなく、年も取ったから、どうしようもない」と話しているという。

 逮捕容疑は、1990年11月に15日間の短期滞在ビザで入国し、在留期限が過ぎた後も出国せず、不法に残留した疑い。

 署によると、名古屋空港から入国。静岡県内の工場に勤めていたが、その後、転々としていたと話しているという。

 28日夜、同交番に「私はオーバーステイです。捕まえてください」と自首してきた。所持金は約5400円だった。

引用:岐阜新聞

 この韓国籍男は日本での特別永住資格がないので「在日韓国人」ではありません。単なる韓国人です。なぜ26年間も日本に居られたのか。それは受け入れる者となる在日韓国人がいたということです。その在日韓国人が住居、仕事の紹介をしていたので26年間も不法滞在が出来たということです。

 この韓国籍男は強制送還されるでしょうが、問題はこの男に住居、仕事を紹介してきた在日韓国人は主犯・共犯どちらでもいいですが犯罪者であることは間違いはないのに「特別永住資格」のため強制送還はされないと言うことです。

 これ、明らかにおかしいでしょう。

 この男に関わってきた者(住居の紹介者・提供者、仕事の紹介者・雇用主)は26年間の間に数十人はいたでしょう、その殆どは「在日韓国人」です。法改正して「在日韓国人」は1回でも犯罪を起こしたら「特別永住資格」を剥奪するべきです。

 そうすることで韓国朝鮮人の犯罪も減るし、不法滞在者も減ります。

 いかに韓国朝鮮人の犯罪率が高いかは以下のグラフでよくわかります。しかもこの韓国人朝鮮人の犯罪者は朝日新聞によれば日本人名(通名)で記事にしますから、日本人が記事を読めば日本人の犯罪としか見ません。


20161222_韓国朝鮮人犯罪グラフ_1(470x394)
韓国朝鮮人犯罪グラフ(なでしこりん)


2017-01-31 12:00 | カテゴリ:北朝鮮
■拉致被害者全員救出を願って。「空と海の向こう」~山口采希~ 「会いたいよ……会いたいよ」

 歌手の山口采希(あやき)さんは、「拉致被害者とそのご家族の悲しみに寄り添う」音楽を作りたいと思っていたが、圧倒的な存在感のあるメロディでなければ意味がない、と長い間、苦しんでいた。

 そんなある日、ふと、自分でもびっくりするような存在感と、力と、感情を持ったメロディが、一つの言葉と共に出てきたんです。
「会いたいよ……会いたいよ」・・・
 このメロディの力があれば、作れるかもしれない。 拉致問題を広く知っていただけるための音楽を作れるかもしれない……。
 数日後、ギターを鳴らし始めると、その瞬間、自分でも驚くほどメロディが自然に溢れるようにでてきた。こうして出来たのが、「海と空の向こう」である。

見上げた空は続く 想いも必ず届く 
変わらない笑顔はきっとそこにある 必ず 迎えに行くよ
会いたいよ 今 会いたいよ 今 過ぎ去った日々の分だけ抱きしめたい 
会いたいよ 今 会いたいよ 今 あきらめないでね あきらめないから ・・・

 北朝鮮向け短波ラジオ放送での公開収録がYouTubeで見られる。心に染み入るメロディに乗った采希さんの「拉致被害者とそのご家族の悲しみに寄り添う」思いの籠もった歌声が胸を打つ。その思いの強さが、呼び起こしたメロディだろう。

2015/03/24公開 4:43


記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_


2017-01-31 00:00 | カテゴリ:韓国
■トランプ政権“狂犬長官”に韓国震撼 左翼政権誕生なら米地上軍撤退も…米韓同盟を厳格査定

2017.01.30 zakzak夕刊フジ

20170131_ジェームズ・マティス米国防長官(470X384)
トランプ氏の指令を受け、韓国に乗り込むマティス氏(右)。厳格査定は文氏にもおよびそうだ(AP)

 「狂犬」と恐れられるジェームズ・マティス米国防長官は来月2日、韓国を訪れ、韓民求(ハン・ミング)国防相らと会談し、3日に日本を訪問する。一部の韓国メディアは「初の外国訪問先に韓国選択」などと誇らしげに報じているが、朴槿恵(パク・クネ)大統領が職務停止中という同国の置かれた現状はそれほど甘くない。次期大統領選の世論調査では、北朝鮮に近い左翼候補がリードしており、マティス氏は同盟国にふさわしいか否か、厳格査定するとの見方もある。 

 「米国は韓国を守る必要がない

 ドナルド・トランプ米大統領は選挙期間中、米韓の軍事協力に絡み、こう繰り返し、支持者から拍手喝采を浴びた。「ディールする」(=取引する)が口癖のトランプ氏だけに、韓国に駐留経費の負担増を求めるための恫喝(どうかつ)かもしれないが、米軍最高指揮官となった以上、無視できない発言だ。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_