2017-08-04 16:53 | カテゴリ:農業園芸
■収穫直前のメロン6600個枯れる 土壌から除草剤成分検出 富良野の年商1億円農家「誰がやったのか…」

2017.8.4 産経ニュース

富良野のメロン農家6600個に除草剤(470x352)

 年商1億円以上のメロン農家として知られる北海道中富良野町の「寺坂農園」(寺坂祐一社長)で先月、収穫直前のメロン6600個が枯れ、土壌から除草剤の成分が検出されていたことが分かった。農園は何者かが侵入して除草剤をまいた疑いがあるとして、威力業務妨害罪で富良野署に被害届を出した。

 寺坂農園によると、7月に入ってビニールハウスの全自動換気装置の設定が狂うことがあり、従業員のミスと思っていたが、10日朝に電源ブレーカーが落とされ、給水栓が半開きになっているのに気づいたという。

 その後、大量のメロンが枯れ始め、31棟のビニールハウスのうち6棟で全滅した。専門機関に調査を依頼したところ、除草剤がまかれていたことが判明した。

 出荷を予定していた3万1000個のうち、6600個が出荷できなくなり、被害額は約1500万円に上る。事後対応にかかった費用を含めると損害はさらに増えそうだ。

 寺坂社長は平成3年に農家を継いだ当初は1400万円の借金があったが、インターネット通販や直販所による販売で急成長。24年度に年商が1億円を突破し、全国の農業関係者から注目されている。『直販・通販で稼ぐ! 年商1億円農家』の著書がある。

 寺坂農園販売課チーフの笹原秀剛さんは「誰がやったのか…。丹精込めて育てたメロンがこんなことになって悔しい。模倣犯が出たり、富良野メロンの評判が落ちるのが心配だ」と話している。

引用:産経ニュース


スポンサーサイト
2017-08-04 14:43 | カテゴリ:北朝鮮
■「米国の北朝鮮攻撃における一番の脅威は日本にいる工作員」青山繁晴議員が自民党ネット番組で解説

2017/8/3 BuzzNews.JP

米国の北朝鮮攻撃で一番の脅威は日本にいる工作員
米国の北朝鮮攻撃で一番の脅威は日本にいる工作員(470x264)

2017/08/02にライブ配信 2:14:04


 8月2日に青山繁晴参議院議員が自民党のネット番組に出演、自身が得た朝鮮半島危機についての情報を明らかにしていました(画像はYouTubeより)。

◆米国の北朝鮮攻撃のリスクは日本に

 これは自民党がYouTubeで配信しているネット番組「山本一太の直滑降ストリーム@cafesta」にゲスト出演した青山議員が山本一太参議院議員との会話の中で自身が米軍などから得た情報を元に、米国が北朝鮮を攻撃するに当たっての最大のリスク要因が日本国内にある、などと話していたもの。

 朝鮮半島において仮に有事となった場合、日本としては拉致被害者を救出しなければならない、という話題を振られた青山議員は「新朝鮮戦争」の可能性が高まりつつあるとの認識を示した上で、GWにワシントンや米軍の太平洋司令部を訪問した際に司令官クラスと話してきたという内容に触れていました。

 青山議員によると米国が北朝鮮との戦争準備を始めたのはオバマ政権末期の2016年10月だと言い、当時から米国内では北朝鮮の核開発を止めるためには戦争しかない、という認識を持っていたそうです。

 山本議員は米軍が北朝鮮を攻撃する場合、最初の一撃でどれだけ壊滅させられるかが問題であり、残存勢力があればこちらも確実に被害を受けてしまう、ソウルが火の海になり日本にも被害が及ぶことが予想される中、米軍は本当に北朝鮮を攻撃できるのかという視点で青山議員に意見を求めていました。

 すると青山議員は自身が国会議員だという立場による縛りがあるとの前提を踏まえた上で日米双方やイギリスまでが考えていること全体をまとめた形で話をするとした上で、米軍側にとって一番の脅威が日本にある、との見解を示したのです。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-08-04 12:00 | カテゴリ:中国
■漢字は中国生まれなのに!中国でも使われる警察という言葉は日本生まれだった=中国報道

2017-08-01 Searchhina

中国・警察の看板(200x200) 中国や香港、台湾を旅行して漢字の看板や表示を目にすると、何となく意味が分かって面白く感じた人もいるのではないだろうか。それは言うまでもなく、中華圏と日本では同じ文字である漢字が使われているためだが、中国メディアの今日頭条はこのほど、漢字は中国で生まれた文字ではあるものの、現代中国では日本で生まれた単語が使われていることを紹介する記事を掲載した。
 
 漢字のルーツが中国にあり、古代中国から日本に伝わった文字であることは日本人ならば誰でも知っている。しかし、その後時代を経て今度は日本で生み出された言葉が中国で使われるようになったものがある。記事は、そうした単語の1つが「警察」と言う言葉であると紹介した。
 
 日本でも中国でも警察が社会にもたらす影響は大きく、社会や個々の安全の為になくてはならない存在として機能している。歴史を振り返ると、中国でもこうした警察の働きをする組織は周の時代からあったとしているが、「警察」という言葉は日本から来たものとしている。
 
 多くの学者がその根拠として、中国王朝の清と明にかけて軍人で政治家だった袁世凱が日本人の三浦喜傳を呼び寄せ、警察の心構えを伝えさせ巡警局を設けたことを挙げている。中国で1900年前後に「警察」という言葉が使われだし、清王朝が消滅した後も警察という言葉は使われ続けたと紹介。そして1912年に中華民国が建立された以降、各都市に警察庁が設置され、それが今に至っているとした。
 
 記事は、漢字の意味も「先に警告、警備の字が来て後に観察、考察をする」ということも警察の仕事を相応しく表しているとしている。こうした漢字の意味が解るという点でも日本と中国は共有しあえる文化を持っていると言うことができる。中国語でも日本語でも全く同じ意味で使われている漢字を見ると面白く感じるのは中国人も同じなのかもしれないが、厳密に言うと日本と中国では警察組織の役割は多少異なり、日本でいう警察は中国では「公安」と呼び、警察と呼ばれる組織は武装警察や人民警察を含め、社会全体の治安や秩序を守る組織という立ち位置となっている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

引用:Searchhina

関連記事 福沢諭吉が作った漢字
中国人がもし日常から「日本語由来の言葉を排除」したらどうなる?=中国報道
日本人は英語が苦手、なぜ? 有色人種で唯一の先進国になった要因がここにある

2017-08-04 00:00 | カテゴリ:動画TV映画
■中国企業が円谷プロに無断で“中華ウルトラマン”中国国内からさえ「権利侵害だ」

2017.8.3 産経ニュース

写真:中国企業が発表した3Dアニメ「奥特曼(ウルトラマン)」のポスター。中国の短文投稿サイト「微博」における同社公式アカウントから

中国・奥特曼(ウルトラマン)(200x280) 中国企業が、日本の特撮ヒーロー「ウルトラマン」を使ったアニメ作品を、生みの親である円谷(つぶらや)プロダクション(東京都渋谷区)に無断で製作すると発表。円谷が「法的措置を含む断固とした措置をとる」と抗議の声明を発表するなど騒ぎになっている。ウルトラマンは光の国から地球を守るためにやって来た設定だが、“中華ウルトラマン”は、どこから飛んできたのか。

◆警告したにもかかわらず

 この中国企業は「広州藍弧文化伝播有限公司」という映像製作会社で、7月10日に北京で「鋼鐵飛龍之再見奥特曼」という3Dアニメを製作すると発表した。

 ご丁寧にもと言うべきか、7月10日は「ウルトラマンの日」。1966年の同日、「ウルトラマン」テレビ放送第一回(同年7月17日)まで1週間を記念したイベントが行われたのが由来だ。

 「奥特曼」は「ウルトラマン」の簡体字表記。「鋼鐵飛龍」は、「ドラゴンフォース」という既存の3Dアニメのことで、この新作にウルトラマンが客演するようだ。

 なお、「ドラゴンフォース」は、2013年に日本で劇場公開されている。当時中国・広州市を拠点にしていた日本人アニメ監督が総監督を務めた。同監督は7月17日に短文投稿サイト「ツイッター」に「僕が関与していないのは勿論の事、『鋼鉄飛龍』の制作会社、スタッフとも全く関係ありません」と、こんどの中華ウルトラマンおよび「ドラゴンフォース」への関与は否定している。

 関係者によると、円谷プロは昨年から中国側のこの動きを把握。警告書を送るなどしてきた。

 しかし、中国側は、これを無視し、「ウルトラマンの日」にぶつけて製作発表を行った。

 寝耳に水の円谷プロは7月19日に大岡新一社長名義で「中国におけるウルトラマンキャラクターを利用した無許諾映像作品の製作発表について」と題した抗議声明を発表した。

 大岡社長は、「発表会及び映像におけるウルトラマンキャラクターの利用方法、態様等は、ウルトラマンブランドを著しく毀損(きそん)し、断固として非難すべきものであり、到底認められるものではありません」と非難。「本件発表を行った中国企業、および本件映像製作に関与している者に対し法的措置を含む断固とした措置をとってまいる所存です」としている。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_