2017-08-05 16:55 | カテゴリ:軍事国防
■自民党政権のある防衛相のとき尖閣上空視察中止のナゾ「中国を刺激しない」では尖閣失う

2017.8.5 産経ニュース

尖閣諸島は日本の領土だ
尖閣諸島(470x255)20170403

■日本の政治家は尖閣問題に背を向けている

沖縄米軍海兵隊政務外交部次長 ロバート・D・エルドリッヂ

 イギリスの政治家で「保守主義の父」といわれたエドマンド・バークの名言に「悪が勝利するために必要なたった一つのことは、善良な人たちが何もしないことである」というものがある。この言葉を、尖閣諸島問題をめぐる日中間の緊張に当てはめるならば「日本による尖閣の実効支配の低下に対して、政府、政治家、国民が何もしなければ、悪が勝利するだろう」とでも言えるだろう。

 ごく普通の人々はもちろん、正論の読者のみなさんもまた、尖閣領域への中国船や航空機の侵入に慣れきってはいないだろうか? 無論尖閣を最前線に臨む人々はそうではない。特に尖閣周辺で任務にあたっている第十一管区海上保安本部をはじめとする海上保安庁の職員、航空自衛隊那覇基地に駐屯し南西諸島方面で激増している国籍不明機への対領空侵犯措置を任務とする、第9航空団をはじめとした自衛隊員らは、日々緊張の中で仕事をしている。しかしそこから数千km離れた東京の責任ある人々はどうだろう? 「那覇基地の航空兵力を倍にし、尖閣海域専従の海上警察力を増やしたから対応した」などとは考えてはいないだろうか?

 現場の人々のみに、このような危険な任務と責任とを負わせるのは無責任極まりないと思う。無策かつ曖昧で、矛盾を孕んだ現状はかえって紛争を引き起こしかねない。中国はそうした日本のミスや混乱を狙っているのだ。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

スポンサーサイト
2017-08-05 14:37 | カテゴリ:国際
■なぜ日本はアメリカの「いいなり」なのか?知ってはいけないウラの掟 内閣改造でも絶対に変わらないこと

2017.08.05 週刊現代(矢部宏治)

米軍空母艦隊(470x156)

 私たちが暮らす「戦後日本」という国には、国民はもちろん、首相でさえもよくわかっていない「ウラの掟」が数多く存在し、社会全体の構造を大きく歪めてしまっているという。

 たとえば2016年、安倍晋三首相による「北方領土返還交渉」が、大きな注目を集めたが、日本での首脳会談が近づくにつれて事前交渉は停滞し、結局なんの成果もあげられなかった。なぜ、いつまでたっても北方領土問題は解決しないのか。はたして、この国を動かしている「本当のルール」、私たちの未来を危うくする「9つの掟」とは?

 『知ってはいけない――隠された日本支配の構造』の著者・矢部宏治氏が、「戦後史の闇」を解き明かす。

◆事実か、それとも「特大の妄想」か

 それほどしょっちゅうではないのですが、私がテレビやラジオに出演して話をすると、すぐにネット上で、「また陰謀論か」「妄想もいいかげんにしろ」「どうしてそんな偏った物の見方しかできないんだ」などと批判されることが、よくあります。

 あまりいい気持ちはしませんが、だからといって腹は立ちません。自分が調べて本に書いている内容について、いちばん「本当か?」と驚いているのは、じつは私自身だからです。「これが自分の妄想なら、どんなに幸せだろう」いつもそう思っているのです。

 けれども、8月17日発売の新刊『知ってはいけない――隠された日本支配の構造』をお読みになればわかるとおり、残念ながらそれらはすべて、複数の公文書によって裏付けられた、疑いようのない事実ばかりなのです。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-08-05 12:00 | カテゴリ:教育
■教育に日本式「SOJI」 シンガポールの学校で導入

2017.8.4 産経フォト

シンガポールのダーチャオ小で、床を掃く児童=2月(共同)
シンガポールのダーチャオ小で床を掃除する児童(470x344)

 シンガポールの全ての小中高校で昨年末から日本や台湾の学校をモデルとした掃除の時間が導入された。周囲への思いやりや責任感を育む狙いで、日本に倣って「SOJI」と呼んで積極的に実施している学校もある。(共同)

◆否定的な親も…

 シンガポールの住宅街にあるダーチャオ小の教室。「みんなで掃除を始めるよ」。授業終了後の午後1時25分、掃除の時間を告げるテーマ曲が響くと、児童がほうきやウエットティッシュを手に軽快に動き回り始めた。床を掃いて机を拭き、5分間の作業をあっという間に終えた。

 同国ではフィリピンなどの周辺国から来て住み込みで働くメードを雇う家庭も多く、片付けや掃除の習慣が身に付いていない子どもも少なくない。地元紙によると、学歴を特に重視する社会のため「疲れて勉強に集中できなくなるのでは」と否定的な親もいた。

 ダーチャオ小5年を担当するゴー先生によると、教室にごみが落ちていても「自分のじゃない」と放置していた生徒が自発的に拾うようになるなど、導入後は親からの評判も良いという。

引用:産経フォト


2017-08-05 00:00 | カテゴリ:韓国
2013/6/22 さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう 松山昭彦のブログ

【韓国崩壊】アメリカ人歴史家が韓国の慰安婦問題捏造の証拠を大暴露!!緊急拡散で韓国人を完全論破ww 学者「世界中の人々に知ってほしい」
2017/06/25公開 13:41


 アメリカ人歴史家が韓国人の嘘に騙されないよう、グレンデール市で慰安婦の記念碑を建てる決議を出したことに反論しました。
 韓国を知る上でも大切なものですので一読をお勧めいたします。長文ですがここに文字を起こして広く周知いたします。

-----------------

 グレンデール市 フランク・クエントロ市議ならびに議会議員の皆様へ
グレンデール市議会が永遠に「慰安婦」を記憶するための記念碑を建てる決議を出したことを読み、大変不快で残念に思いました。
 それはまるでアウシュビッツの看守を記憶するための記念碑を建てるようなものだから、です。もし私がユダヤ人だったら、侮辱と感じるでしょう。私はユダヤ人ではありませんが、歴史研究者としてこれは歴史の冒涜だと感じています。

 皆様は騙されているのです。
戦時中、朝鮮人は日本人でした。そして大日本帝国の成員として生きたのです。それなのに一転して被害者になろうと彼らが決意したのは戦争直後のことです。その上、自分たちの国である韓国では、売春婦たちが権利を主張してデモを起こしています。それなのに韓国人は日本を売春の罪で告発するのでしょうか?
自分に火をつけて抗議している韓国人売春婦たち。

 もう少し詳しく説明しましょう。
 アメリカ合衆国は個人の人権を重んじる国です。特に世界中の女性の権利についてアメリカ人は関心を持っています。ですから「慰安婦」を「性奴隷」という言葉に呼び変えると、アメリカでは大きな反響を引き起こします。しかし、それらの女性達(慰安婦)は本当に奴隷だったのでしょうか? いいえ、違います。
 まず、これは残念なことですが、日本でも朝鮮でも戦前、娘を身売りするのはよくおこなわれていたことでした。貧しい家庭にとって家族全員が生きてゆくにはそれしか方法がなかったのです。慰安婦に関して言えば、給与が払われていました。朝鮮人慰安婦の斡旋業者はすべて朝鮮人でした。性奴隷と聞くと大日本帝国軍が朝鮮の村々から泣き叫ぶ朝鮮人女性を無理やり連行しているイメージを思い浮かべてしまいます。しかし、そんな事実はまったくありませんでした。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_