2017-08-09 16:49 | カテゴリ:韓国
■日本の国宝にハングルの名前の落書き?…現地警察が捜査へ

2017/08/08公開 0:39


2017年08月09日 中央日報

日本の国宝建築物に韓国人が刻んだとみられる落書きが見つかり、現地警察が捜査に入った。

8日(現地時間)、朝日新聞によると、奈良市の東大寺で国宝の法華堂(三月堂)に韓国人の名前とみられる「イム・チェヒョン」という落書きが刻まれているのが見つかり、奈良県警は文化財保護法違反の疑いで捜査を始めた。

奈良署によると、この落書きは西側の高欄(欄干)の西面に縦約10センチ、横約40センチの範囲で刻まれている。

落書きはこの日東大寺の職員が見つけ、午後5時50分に警察に通報した。奈良署は近くの防犯カメラの映像の分析などを進めているという。

引用:中央日報

■国宝の東大寺法華堂に落書き ハングル文字か 奈良

2017.8.8 産経WEST

 8日午後5時50分ごろ、奈良市の世界遺産、東大寺の法華堂(三月堂・国宝)で「落書きがされている」と寺の職員から県警本部に通報があった。県警は悪質ないたずらとみて、文化財保護法違反容疑で調べている。

 県警によると、落書きは法華堂礼堂の西側手すりの1カ所にあり、幅約40センチ、縦10センチにわたって鋭利な刃物のようなもので削るような形で書かれていた。ハングルと目のような図柄だという。

 周囲には防犯カメラも複数設置されているが塀などはなく、24時間出入りが可能。県警で防犯カメラの画像を詳しく調べている。

 東大寺では、平成27年に大仏殿(国宝)に油のような液体が巻かれる被害があった。

 法華堂は東大寺創建以前にあった金鍾寺(きんしょうじ)の遺構とされ、旧暦3月に法華会(ほっけえ)が行われていた「三月堂」としても知られる。

引用:産経WEST



スポンサーサイト
2017-08-09 15:04 | カテゴリ:北朝鮮
■北朝鮮戦略軍「弾道ミサイルでグアム包囲射撃」 作戦案検討

2017/08/09 朝鮮日報

北朝鮮新型中長距離弾道ミサイル「火星12」
北朝鮮新型中長距離弾道ミサイル「火星12」(470x306)

 【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の弾道ミサイル運用部隊である戦略軍が9日、報道官声明を通じ、「米帝(米国)の核戦略爆撃機があるアンダーソン空軍基地を含むグアムの主要軍事基地を制圧、けん制し、米国に重大な警告信号を送るため、中長距離戦略弾道ロケット(ミサイル)『火星12』でグアム周辺への包囲射撃を断行する作戦案を慎重に検討している」と威嚇した。朝鮮中央通信が伝えた。

 声明は「グアム包囲射撃案は十分に検討、作成された。近く最高司令部に報告され、わが共和国(北朝鮮)の核武力の総司令官である金正恩(キム・ジョンウン)同志が決断を下せば、任意の時刻に同時多発的に、連発で実行されることになる」と警告した。

 また、グアム基地から戦略爆撃機が朝鮮半島上空に飛来することに関し、これが北朝鮮にグアムを注視させ、制圧とけん制のための行動を取る必要性を感じさせていると主張。「金正恩同志は、米帝の侵略装備を制圧、けん制するための強力かつ効果的な行動案を検討せよと言及した」とした。

 米国に対し「朝鮮人民軍戦略軍の弾道ロケットが今この時にも太平洋に向かって発射待機態勢にあるという事実を認識すべき」としながら、「われわれが軍事的な選択をしないよう、われわれに対する無分別な軍事的挑発行為をすぐにやめるべきだ」と強調した。

 一方、北朝鮮軍の総参謀部も報道官声明を発表し、「米国が新たに考案し敢行しようとする『予防戦争』に対しては、米国本土を含む敵のすべての牙城を根こそぎ消す全面戦争で対応することになる」と警告。米国が先制攻撃を試みる場合は、北朝鮮式の、さらに先を行く先制攻撃で踏み潰すと威嚇した。

 朝鮮中央通信は9日、「敵基地攻撃能力」保有の検討に言及した小野寺五典防衛相や、安倍晋三首相を名指しで非難し、「日本列島ごときは一瞬で焦土化できる能力を備えて久しい」と威嚇する記事も報じた。(産経ニュース)

引用:朝鮮日報


2017-08-09 00:00 | カテゴリ:沖縄問題
■【沖縄が危ない!】過激な「国連の政治利用」背景に本土との分断勢力、偏狭な「沖縄タイムス」「琉球新報」

2017.8.8 産経ニュース

国連人権理事会で演説する山城博治被告=6月15日、スイス・ジュネーブ
国連人権理事会で演説する山城博治(470x323)

 沖縄の基地反対派による「国連の政治利用」が過激化している。反基地運動に絡む傷害罪などで逮捕、起訴された沖縄平和運動センター議長、山城博治被告が6月15日、スイス・ジュネーブの国連人権理事会で「日本政府は沖縄の軍事化に反対する市民を弾圧している」と演説した。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を「国家による人権侵害」として国連に持ち込み、国際問題化する狙いだ

 「機動隊が県民をなぶりものにして、けが人が出ようがお構いなしになぎ倒していく。どこに正義があるのか」

 7月に沖縄県那覇市で開かれた帰国報告会で、山城被告はまくし立てた。激高しやすいタイプかもしれない。穏やかな表情で語り始めたが、政府批判になると、急に声のトーンが上ずった。

 移設工事は、昨年の最高裁判決で合法性が確定した。しかし、基地反対派は工事を実力で阻止しようと、工事車両の前で座り込んだり、車道に飛び出したりと、危険行為を繰り返している。強制排除されるのは当たり前で、それを政府の弾圧だと叫ぶのは、反対派のしたたかな戦略だ

 選挙でも裁判でも移設を止められない反対派の切り札が国連だ。「日本を人権弾圧国に仕立て、国連の圧力で止めさせよう」という思惑である。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_