2017-08-11 16:56 | カテゴリ:法律時事犯罪悪徳商法
■【平成30年史 変容する犯罪(2)】地下鉄サリン事件 謎解明阻んだキーマンの死 オウムの呪縛まだ解けず

2017.8.11 産経ニュース

オウム真理教による主な事件(470x341)

 「断る理由もなく、つい入ったという感じ」

 オウムの後継団体「アレフ」の元信者の女性(44)はこう振り返った。

 平成3年、高校卒業を間近に控えた18歳でオウムの在家信者となり、2年後に出家。事件後もアレフと改称された教団に残った。

 先に入信していた姉の誘いがきっかけだった。埼玉県内にあった教団の関連施設に遊びに行くようになり、「自然な流れ」で入信を決めた。

 他の信者と寝食を共にする山梨・旧上九一色村の教団施設での修行生活は「サークルのような雰囲気」。そんな生活が突然、終わりを告げる。

 7年3月22日-。地下鉄サリン事件からわずか2日後、警視庁の強制捜査が始まり、警察とマスコミが大挙してやってきた。

 「宗教弾圧を受けている」。テレビも新聞もない情報から隔絶された生活のなかで、女性は幹部から聞かされた言葉を信じた。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

スポンサーサイト
2017-08-11 14:46 | カテゴリ:国内
■前原・枝野、両氏いずれも信用できないシンプルな理由 これじゃあどっちが代表になっても…

2017/08/11 週刊現代

長谷川幸洋(200x200)◆また、この人たちか…

 民進党代表選に前原誠司元外相と枝野幸男前幹事長が出馬表明した。知名度はあるが、新味はない2人の一騎討ちになりそうだ。これで党を立て直し「自民党に代わる政権政党」になれるのだろうか。

 2人の名前を聞いて、多くの人は「また、あの人か」と思ったに違いない。前原氏も枝野氏も民主党時代から「党の顔」といえる存在である。それだけ「古い民進党」を象徴している。

 蓮舫代表の辞任を受けた今回の代表選は「解党的出直しのチャンス」と言ってもいいくらいではないのか。たとえば、若い論客の玉木雄一郎衆院議員あたりが代表になれば「変わった感」は出ただろう。だが、玉木氏は出馬を断念してしまった。

 民進党が解体の危機にあるのは長島昭久衆院議員や藤末健三参院議員、細野豪志衆院議員らの相次ぐ離党が象徴している。外相経験者の松本剛明衆院議員が2015年に離党したあたりから、党にあいそをつかす動きが漂っていたが、ここへきて有力議員の離党が一段と加速した。

 続投に意欲を見せていた蓮舫代表が一転して突如、辞任に追い込まれたのは、なぜだったか。幹事長の受け手がいなくなったからだ。舞台裏では有力議員が後任と目された幹事長候補に「受けないように」と説得して回っていた、とささやかれている。

 党内の会議でも民進党解体を求める声が出ていたという。こうした動きを正面から受け止めるならば、新しい代表候補は「党が存続の危機にある」という認識が立候補の出発点でなければならないはずだ。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-08-11 12:00 | カテゴリ:熊本地震
■熊本地震 大天守6階、再建始まる 来夏に完成

2017/8/9 熊日新聞

熊本城大天守再建始まる(470x307)
再建工事が始まった熊本城大天守の6階部分。柱などの鉄骨が運び込まれていた=8日、熊本市中央区

 熊本市中央区の熊本城で8日、熊本地震で被災し、解体された大天守の6階部分の再建工事が始まった。来年の夏ごろには、以前と同じ形の最上階が完成する。

 鉄骨造りの6階は地震で柱が損傷。5月下旬から約1カ月かけて解体された。熊本城総合事務所によると、再建する6階は以前と同じ鉄骨造り。コンクリートの床の上に鉄骨を設置するなどして、耐震化を図るという。

 この日は、クレーンで柱やはりなどに使う鉄骨を運び込む作業が続いた。お盆のため帰省し、市役所の14階から城内を撮影していた大阪府枚方市の早田清一さん(63)は「こんな熊本城の姿は悲しいけれど、今見ておかないといけない。復旧に20年かかると言われているが見守っていきたい」と話していた。(飛松佐和子)

引用:熊日新聞


2017-08-11 00:00 | カテゴリ:中国
■【石平のChina Watch】氾濫する「公印偽造」 政治権力と国民との暗闘…「最後の勝者」はどっちだ

2017.8.10 産経ニュース

 今月1日付の中国『法制日報』が興味深い記事を掲載した。中国で今「公印偽造」が氾濫して大問題となっている、という内容である。

 全国各地の専門店へ行ってそれなりの代金を支払えば、どんな公印でも簡単に入手できるのだという。大学や病院、上場企業の公印はもとより、中央官庁、地方政府の公印まで金額次第で作ってもらえる。地方政府の公印なら、30元程度(日本円で500円前後)で十分である。

 一体どういう人がどういう目的で公印を作っているのか。『法制日報』は1つの事例をあげている。ハルビン市某医学院4年生の陳君は卒業を間際に悩みを抱えていた。大学の規定では卒業するためにまず、どこかの病院で実習し、そこから「実習済み証明書」をもらわなければならない。しかしこの就職難の時代、「就活」に奔走していた陳君には実習にいく余裕はなかった。それではどうするかというと、解決法は簡単だ。10元程度のお金を出して某医院の公印を作ってもらい、自分のパソコンで作成した「証明書」に捺印(なついん)すれば一件落着である。

 『法制日報』が挙げた陳君の例はおそらく、偽造公印を利用した犯罪の中で最も「かわいい」部類のものであろう。今年7月の新聞記事を検索してみても、公証部門の公印を偽造して銀行から無担保で14億元の融資をだまし取った無職の男▽薬品企業が医薬品認可担当の政府部門の公印を偽造して有効期限を過ぎた薬を販売に出した▽受刑者の親族が病院の公印を偽造して「病気証明書」を作り、「外部治療」と称して受刑者を刑務所から出所させた▽大学の教師と職員が結託して、大学の公印を偽造し「卒業証書」を乱造して量販した例などなど、中国人民の“知恵の深さ”を示してくれた実例が次から次へと出てくる。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_