2016-01-04 12:00 | カテゴリ:ブログ
■Hakodate is small MONKEY ONSEN - 函館熱帯植物園のモンキー温泉。

函館のサル温泉

 日々の喧騒から離れ、ゆっくり温泉に浸かる・・・それはずっと古くから親しまれている休暇です。日本では神事や天皇の温泉行幸などでも使用されていたといいますが、そんな温泉を楽しむのは人間だけじゃないようです。

 ニホンザルたちが温泉を楽しむ光景が紹介されていました。

 温泉に浸かるニホンザルといえば湯田中渋温泉郷の一つであり、地獄谷温泉にある地獄谷野猿公苑も有名ですが、今回YouTubeユーザーkanadajin3さんからは函館市熱帯植物園での光景が紹介されています。

 函館市熱帯植物園は北海道の湯の川温泉にある施設。なんでもこの植物園では昭和46年ごろからこの露天風呂のプレゼントを行っているそうで、もうニホンザルたちも慣れたもの。源泉に水を加えて約40度ほどまで調整されたお湯に浸かり、ニホンザルたちはうっとりと表情を緩めて温泉を満喫しています。

 思い思いにお湯を楽しむ姿はなんとも可愛らしく、見ているコチラまで癒されるものに。ちなみにこの温泉は12月から5月のゴールデンウィークごろまで用意されているとのことですよ。

2015/12/14公開 2:58

 この光景に海外のネットユーザーの方々からもコメントが多く寄せられています。これに対しての海外の反応を見ると、

海外の反応

・とても可愛らしいね 
・モジョジョジョ
・フレンチ・リヴィエラにもこういう感じの場所あるよ、ニースって街にね、Parc Phoenixっていう名前なんだ。そこはまるで別世界に行ったようなんだ! 
・自分は温泉でゆっくりしてるサルたちが好きだからこのビデオに来たんだ
・この赤ちゃん猿がとても可愛かった 
・水の半分は猿のおしっこじゃないかな
・可愛すぎる
・私も猿たちと一緒にリラックスしたいな
・猿の温泉!日本大好きだ!とても素晴らしいね
・ハイで奇抜に見えるけど、俺も冬に露天風呂使おうかな
・しかしピンク色の顔だね。いつも照れてるみたいだ
・とてもかわいいね。ちょっとおかしいけどこの赤ちゃんにお母さんがいること気付かなかった。 
・これはサルたちにとっては極上の温泉だね!

等々の声がありました。


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://temyg3.blog.fc2.com/tb.php/1069-30c7e84e