FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-11-30 12:00 | カテゴリ:感動癒やし泣ける話
■感動 実話 犬 野良犬がゴミ置場の中から生まれたばかりの赤ちゃんを

2016/07/30公開 3:15


 ある日のこと。お腹を空かせた1匹の野良犬が食べ物を探し求めて歩き回っていたそうです。そしてゴミ置場で何かを発見!犬はそれを咥えてまた歩き出しました。一体何を見つけたのでしょう。

 信じられません!犬が咥えていたものは人間の赤ちゃんだったのです! 臍の緒がついたままの生まれたばかりであろう赤ちゃん。無責任な誰かが、産んだすぐ後にゴミ置場に捨ててしまったようです。

 空腹だったわんちゃんが次にしたことは何だと思いますか? 住処に持ち帰って食べようとしたのか? いいえ、違います。一番近くの民家までこの赤ちゃんを運んだのです。まるで『助けてあげて!』とでもいうように、近くの民家に住む人間の元へ知らせに行ったそうです。

 民家から出てきた住民はビックリ!慌てて病院へ走ったそうです。赤ちゃんは無事で健康に問題はなく、犬が咥えたことによる傷も無かったといいます。捨てた母親は見つかっていないそうです。

 この母性溢れる優しいわんちゃんのニュースは世界中で様々なメディアに取り上げられました。こちらの野良犬はメスだったそうで、たとえそれが人間だとしても赤ちゃんを見ると母性本能が彼女を動かしたのでしょうか。しかし野良という過酷な環境の中、人間に対して不信感を抱いていてもおかしくない状況だと思います。そんな野良犬が、人間の赤ちゃんを見捨てずに救ったことがとても感動的です。

 犬の愛情・母性や赤ちゃんの生命力に深く感心してしまいました。犬が助けたことによってなんだか綺麗な話になってしまっていますが、赤ちゃんを産んで捨てるという無責任な行為は許されることではありません。

 いかなる事情があろうとも生まれてくる赤ちゃんに罪はありません。例え育てられない事情があったとしても、出産後に正式に手続きをする方法だってあります。この世に生まれて悲しくもゴミのごとく捨てられてしまう赤ちゃんが世界中から少しでも減るように、そして命の重みを知り責任を持てる大人が増えるよう切に願っています


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://temyg3.blog.fc2.com/tb.php/2101-19c04467
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。