2016-12-23 16:07 | カテゴリ:動画TV映画
■「B29飛来!」驚愕の東京大空襲映像 映画「海賊とよばれた男」渾身VFX映像が伝える“日本人の復興魂

2016.12.23 産経WEST

20161223_B29驚愕の東京大空襲映像 渾身VFX(470x201)
B29が飛来する東京大空襲シーンは圧巻だ(C)2016「海賊とよばれた男」製作委員会 c百田尚樹/講談社

 夜空に銀色の機体を浮かび上がらせた米爆撃機B29が東京上空で次々と焼夷(しょうい)弾を投下していく…。公開中の邦画大作「海賊とよばれた男」のCGを駆使したオープニングの空襲シーンに思わず息をのむ。平成25年のヒット作「永遠の0」と同じ山崎貴監督率いる特撮チームが作り上げた驚愕のCG映像が、新作でも随所に登場する。「永遠の0」では零戦のリアルな飛行シーンなどを再現し、映画ファンを驚かせたが、山崎監督は新作にこう自信を込めた。「我々の特撮技術はさらに進化し続けています」と。山崎監督に“進化”の裏に隠された秘話を聞いた。(戸津井康之)

◆体が震える空襲シーン!

 昭和20年5月。東京上空に“超空の要塞”と呼ばれ恐れられたB29の編隊が飛来。機体下部からおびただしい数の焼夷弾が投下され、東京の街は火の海に包まれていく。一方、B29を迎撃するために日本の夜間戦闘機「月光」のパイロット十数人が滑走路に駆けつけるが、飛べる機体はわずか2機のみ。なすすべもなく茫然とたたずむパイロットたち。「燃料が足りません!」。整備兵の悲痛な叫び声が夜空に響く。離陸できた2機もB29に追いつけないまま、むなしく撃墜される…。

 「オープニングシーンで、これまで見たことのない東京大空襲の映像を再現したいと思ったんです」

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_



 特撮を得意とする山崎監督が、今作へ懸けた並々ならぬ意気込みが、このわずか数分間の冒頭の、細部まで作り込まれたCG映像を見た瞬間に伝わってくる。

 「B29がどの方向から、どれぐらいの高度で、何機の編隊で東京上空へ迫ってきたのか、すべて調べあげたうえで映像を作りました」

 上空から見た燃え上がる東京の情景も一切の妥協なく、忠実に再現したという。「高台から俯瞰(ふかん)して写した当時の東京の写真から、地形データをトレースし、正確に再現していますからね」と山崎監督は自信を見せた。

 圧巻なのはB29から投下された焼夷弾が、どのように東京の街に到達し、どのように火が燃え広がり、そして焼き尽くしていくのか…。残酷なまでに忠実に再現することで、戦争のおそろしさを見る者に伝える

◆プロが見ても嘘と思わせない迫真の映像 世界屈指のVFX軍団

 「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズや、「永遠の0」など、常に妥協のないクオリティの高いCG映像作りを追究してきた山崎監督。この要求にこたえたのは、これらすべての作品でCG製作を手掛けてきた山崎監督の盟友、渋谷紀世子VFX(ビジュアル・エフェクツ)ディレクターをリーダーとする特撮スタッフたちだ。

 かつて、映画「寄生獣」のCG映像を製作中の渋谷さんを取材したとき、彼女が語ったこんな言葉が強く印象に残っている。

 それは「永遠の0」のCG映像について質問したときだった。

 「ミッドウェー海戦で日本の空母『赤城』が米軍機に攻撃されるシーンがありましたね。あのシーンで、観客をスクリーンの中へ、第二次世界大戦中の時代へと引き込むことができなければ、この映画は失敗する…。私はそう決めてあの場面を作ったんです」

 「永遠の0」では、零戦の設計図をもとに実物大のレプリカを2機製作。赤城は艦橋と甲板の一部を実物大で作り、海岸にセットを設置。空母全体をCG映像でつくりあげ、また洋上を進む様子は、海上自衛隊の協力のもと護衛艦の波形を撮影、合成し再現された。

 主人公の零戦パイロット、宮部久蔵(岡田准一)が操縦する零戦が、赤城から発艦し、飛行するシーンを見た現役の航空自衛隊パイロットは、「離陸直後の零戦の飛行の軌道などはまるで本物の映像を見ているようにリアルでした」と絶賛した。渋谷さんがこだわったのは、まさにこのような“プロが見ても嘘と思わせない”迫真の映像だったのだ。

◆渾身のCGが伝える真意

 「海賊とよばれた男」を製作する際、なぜ山崎監督はこの冒頭のシーンにこだわったのか?

 岡田准一演じる主人公は、戦後、日本の復興のために石油産業を支えた実業家、国岡鐵造。モデルは出光興産創業者、出光佐三(1885~1981年)だ。

 東京空襲で家を焼かれた佐三は、何もできない悔しさに空を見上げながらこう決意した。「日本は石油がないから戦争に負けるのだ。これから日本が強い国になるには絶対に石油が必要だ」と。

 冒頭の数分のシーンが、東京大空襲の実態、世界から孤立し石油が途絶えていた当時の日本の苦境、そして佐三がその後、石油産業で日本を復興させようと誓った決意-を鮮明に観客に伝える。

 まさに、これこそが山崎監督と渋谷VFXディレクター、そしてCGスタッフたちが心血を注いで作り上げたCG映像の真意なのだと理解できる。

引用:産経WEST

関連記事 日章丸事件
感動 イランが親日となった歴史的実話!「どうして日本人を愛さずにおれましょう。」
「海賊とよばれた男」日章丸事件の主人公 出光佐三
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://temyg3.blog.fc2.com/tb.php/2200-407cacf9