2017-07-03 13:34 | カテゴリ:国内
■【都議選投開票】都民圧勝「小池勢力」で79議席の過半数 自民惨敗、過去最低の23

2017.7.3 産経ニュース

都議選 小池百合子都知事(都民ファーストの会代表)(470x311)
都議選 党派別当選者数(470x399)

  小池百合子都知事:私が対立しているのは都議会自民党であって、自民党本部ではない」と、わざわざ違いを強調。
 民進党の国会議員5人以上が小池氏支持のため離党する方針を固めたことも判明。


 各政党が国政選挙並みの総力戦で臨んだ東京都議会議員選挙(定数127)が2日、投開票され、小池百合子都知事率いる地域政党「都民ファーストの会」が49議席を獲得して第1党となった。

 公明党の23人なども含め、小池氏の支持勢力で過半数の79議席を獲得する圧勝。一方、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の文書問題や、稲田朋美防衛相の失言など国政の問題で逆風となった自民党は、過去最低の38議席を大きく割り込む23議席の歴史的惨敗を喫した。安倍晋三首相の政権運営に影響を与えるのは必至だ。

 公明は7回連続の全員当選を果たし、自民と同数議席の第2党となった。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_



 そのほか共産党は19、民進党は5、日本維新の会と東京・生活者ネットワークは各1、都民推薦の無所属は6。女性の当選者数は計36人で過去最多。

 選挙戦は、小池氏の支持勢力と最大会派の自民が対決する構図となった。小池都政の是非や議会改革、市場移転問題などが論戦のテーマとなったが、国政をめぐる問題が持ち込まれ、都政の明確な争点は浮かばなかった。

 60人を擁立した自民は、告示前から党幹部や閣僚らが積極的に選挙区を回る態勢を敷いた。安倍首相が候補者の集会や街頭で演説したほか、選挙戦後半には人気の高い小泉進次郎衆院議員も街頭演説に投入。懸命にてこ入れを図ったが、逆風をはね返すことができず現職の都議会議長らが続々と議席を落とした。

 「古い都議会を新しく」をテーマに挑んだ都民は50人を公認したほか、民進離党者ら無所属の11人も推薦。2人区や3人区で推薦候補を合わせて2人を擁立するなど、強気の戦略で挑んだ。小池氏は100カ所以上で街頭演説を行って昨夏の都知事選の勢いを加速させ、1人区では島嶼(とうしょ)部を除く6選挙区を制した。

 都選挙管理委員会によると、確定投票率は51.27%で、前回の43.50%を7.77ポイント上回った。期日前投票者数の最終結果は135万5163人で前回より約45万7700人増え、1.5倍となった。

引用:産経ニュース

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://temyg3.blog.fc2.com/tb.php/2961-d5c5d04d