-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-07-30 12:00 | カテゴリ:農業園芸
■アオノリュウゼツラン開花 久喜市2015年

 日本では30年~50年に一度開花するといわれるアオノリュウゼツランが久喜市菖蒲の用水掘りの横に咲きました。ココの場合30年で開花したそうです。

2015/07/31公開 1:04


 黄色い小さな花が集まって咲いています。

 リュウゼツランは、葉が竜の舌のような形をした、熱帯に自生する植物で、テキーラの材料としても知られています。
気候によって差はありますが、日本では30~50年に1度花をつけると言われています。

 リュウゼツランの英語の呼び名は「Century Plant」
成長が遅く、100年(センチュリー)に1度しか咲かないという誤解からついた名前です。


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://temyg3.blog.fc2.com/tb.php/3068-797925b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。