-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-07-31 19:34 | カテゴリ:国内
■籠池前理事長夫妻を逮捕 国の補助金を不正に受け取っていた疑い

2017.7.31 NHK NEWS WEB

写真は地検に向かうため自宅を出る籠池泰典元理事長=31日午後、大阪府豊中市(産経ニュース 前川純一郎撮影)

籠池泰典元理事長(200x270) 大阪の学校法人「森友学園」の籠池泰典前理事長と妻が、国の補助金を不正に受け取っていたとして、補助金適正化法違反の疑いで大阪地検特捜部に逮捕されました。籠池前理事長はこれまでの取材に対し、「反省すべき点はあるが故意ではない」などと説明していました。

 逮捕されたのは「森友学園」の前の理事長の籠池泰典容疑者(64)と、学園が運営する幼稚園の前の副園長で妻の諄子容疑者です。「森友学園」を巡っては、運営する幼稚園で専従の教職員の数や障害がある子どもの数を水増しし、大阪府の補助金を不正に受け取っていた疑いや小学校の建設工事で金額が異なる契約書を国に提出し、補助金を不正に受給した疑いで籠池前理事長が告訴、告発され、大阪地検特捜部は先月、学園の事務所がある大阪・淀川区の幼稚園などを捜索し捜査を進めていました。

 特捜部はこのうち国の補助金を不正に受け取っていたとして、籠池前理事長と諄子前副園長を補助金適正化法違反の疑いで逮捕しました。

 これまでの取材に対し籠池前理事長は「こちらに反省すべき点もあるが故意ではない。金額の異なる契約書の存在はあとから聞いた」などと説明し4日前に行われた特捜部の事情聴取に対しては、「ほぼ黙秘した」などと述べていました。

 特捜部は資金の流れなどについて捜査を進めるとともに、国の担当者が大阪・豊中市の国有地を学園側に鑑定価格より大幅に低く売却し国に損害を与えたとする背任容疑での告発も受理していて今後、詳しい経緯について解明を進めるものと見られます。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_



◆今後の捜査の焦点

 籠池前理事長と妻の逮捕で、大阪地検特捜部の捜査は新たな段階に入りました。今後は森友学園をめぐる一連の疑惑について、どこまで解明できるかが焦点となります。

 特捜部は、当面は逮捕容疑となった小学校の建設工事をめぐる国の補助金の不正受給について、籠池前理事長と妻がどう関わったかや、金額の異なる契約書が作成された経緯などを調べていくと見られます。

 このほか籠池前理事長は、森友学園が運営する幼稚園で、専従の教職員の数や障害がある子どもの数を水増しして、大阪府や大阪市の補助金を不正に受け取った疑いでも告訴されています。こうした疑惑についても捜査が進められるものと見られます。

 そして今後の捜査の焦点は、国有地の売却問題です。

 特捜部は補助金の不正受給の捜査と並行して、近畿財務局の担当者が国有地の売買で国に損失を与えたとする背任容疑での告発を受理し、調べを進めています。

 これまでの特捜部の捜査などによりますと、財務局と学園側は、国有地の売却価格が決まる前の去年3月24日に協議を行い、財務局側が学園側にいくらまでなら払えるのか尋ね、学園側がおよそ1億6000万円だと提示したということです。

 また財務局側もおよそ1億3200円より安く売ることはできないと伝えたということで、実際の売却価格はこの上限と下限の範囲内に収まる1億3400万円に設定されていました。

 特捜部は、近畿財務局の担当者や値引きの根拠となったゴミの撤去費用を算出した大阪航空局の担当者からすでに任意で事情を聴いています。

 今後、国有地の売却の経緯がどこまで解明されるのかが注目されます。

引用:NHK NEWS WEB

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://temyg3.blog.fc2.com/tb.php/3077-0f00cc9c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。