2017-08-02 00:00 | カテゴリ:国内
■民進党の大西健介議員がTwitterに鍵かけ?理由取り沙汰され「有権者の声シャットアウトか」批判も

2017/7/29 BuzzNews.JP

 民進党の大西健介議員がTwitterに鍵をかけたとして話題になっています。

 この問題は5月17日に大西議員は厚労委で、エステ店が系列の美容外科に顧客を引き渡す悪徳ビジネスが誇大広告で集客している実態について質問。その中で、「大量の陳腐な」テレビCMを流している美容外科があるとして、「皆さんよくご存じのイエス○○クリニックみたいに」と発言した。

 これに対し、高須院長はその発言に激怒し、18日のブログで「高須クリニックはエステで集客しない。誇大広告のチラシもまかない。きちんと落とし前をつけてもらう」と記載した。


 詳しくは「高須克弥院長、大西健介民進議員と蓮舫代表を提訴へ 厚労委の「陳腐」発言で名誉毀損と損賠1千万円」を読んで下さい。

 同じ民進党の原口一博議員が5月24日、Twitterで大西健介議員の「マルマルクリニック」発言について直接会い誠意を持って謝罪すべきだとの見解を示しています。

民進党の大西健介議員のTwitter(470x264)

 7月29日10:00現在、大西議員のTwitterアカウントには鍵がかけられており、発言を見ることが出来なくなっています

 大西議員は高須クリニック院長の高須克弥氏に訴訟を起こされており、7月24日に第1回口頭弁論が東京地裁で開かれたばかりでしたが、民進党側が請求棄却を求めたと報じられており、態度を硬化させる民進党側に対して高須院長は口頭弁論後にこのようにツイートしていました。

 高須「僕がどんなに不快な思いをしたか法廷で丁寧に陳述しました。その後の展開では、謝罪はなく、大西健介議員と蓮舫代表が開き直ったように見えます。嘘のコメントを民進党名で出してますね(怒)開戦しました。全力で戦います。正々堂々としてくださるよう望みます。」

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_



 この問題では民進党側が問題をこじらせているという見方が広がっており、高須院長を支持するという声が多数を占めていますが、7月26日の「情報ライブ ミヤネ屋」における出演者の問題発言について番組側が翌日謝罪すると「全部許すぜ。なう」と高須院長があっさり水に流したことも対立する姿勢を崩そうとしない民進党への批判を増やしているようです。

 また高須院長は7月26日に大西議員も謝罪していたら許していたとの見解をTwitterで示しており、民進党と大西議員への厳しい見方が強まっていました。

 高須「たぶん、大西健介議員がすぐに平謝りしたら許した。何度もチャンスをあげたのに逃げ回って完全シカトだからね 敵がデッドライン越えたら警告どおり攻撃しなけりゃなめられる。ためらわず攻撃するしかない。僕はトランプよりPRIDEが高いんだ。」

 こうした状況における大西議員の「鍵かけ」が注目を集めるのは当然と言えますが、今回、大西議員がTwitterに鍵をかけた件が高須院長との係争と関係しているかどうかは定かではありません。

 しかし、国会議員である大西議員に対しては高須院長との係争に関わりがないとしても「有権者の声をシャットアウトするのか」という指摘が出るなど鍵をかけるという行為に対しては否定的な反応が多く出ているようです。

 民進党では当時の野田幹事長が5月22日の会見で高須院長に対し「誠実に真意をご説明していく」と述べていました(関連記事参照)。

コメント

・「国会議員のくせに鍵垢とかウケる」
・「公式マークついたアカウントなのに鍵なの?」
・「おいおい堂々としてられないのか?」
・「大西健介が鍵かけてて笑った」
・「大西議員逃亡~!!」
・「国民の声をシャットアウトとか議員にあるまじき態度」
・「政治家がTwitterに鍵wwwww」
・「議員の鍵垢って珍しい初めて見た」
・「国会議員がTwitterに鍵ってマジ?」
・「これは選挙区の有権者怒らないの?」

引用:BuzzNews.JP

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://temyg3.blog.fc2.com/tb.php/3080-1e2abaf7