2017-08-04 14:43 | カテゴリ:北朝鮮
■「米国の北朝鮮攻撃における一番の脅威は日本にいる工作員」青山繁晴議員が自民党ネット番組で解説

2017/8/3 BuzzNews.JP

米国の北朝鮮攻撃で一番の脅威は日本にいる工作員
米国の北朝鮮攻撃で一番の脅威は日本にいる工作員(470x264)

2017/08/02にライブ配信 2:14:04


 8月2日に青山繁晴参議院議員が自民党のネット番組に出演、自身が得た朝鮮半島危機についての情報を明らかにしていました(画像はYouTubeより)。

◆米国の北朝鮮攻撃のリスクは日本に

 これは自民党がYouTubeで配信しているネット番組「山本一太の直滑降ストリーム@cafesta」にゲスト出演した青山議員が山本一太参議院議員との会話の中で自身が米軍などから得た情報を元に、米国が北朝鮮を攻撃するに当たっての最大のリスク要因が日本国内にある、などと話していたもの。

 朝鮮半島において仮に有事となった場合、日本としては拉致被害者を救出しなければならない、という話題を振られた青山議員は「新朝鮮戦争」の可能性が高まりつつあるとの認識を示した上で、GWにワシントンや米軍の太平洋司令部を訪問した際に司令官クラスと話してきたという内容に触れていました。

 青山議員によると米国が北朝鮮との戦争準備を始めたのはオバマ政権末期の2016年10月だと言い、当時から米国内では北朝鮮の核開発を止めるためには戦争しかない、という認識を持っていたそうです。

 山本議員は米軍が北朝鮮を攻撃する場合、最初の一撃でどれだけ壊滅させられるかが問題であり、残存勢力があればこちらも確実に被害を受けてしまう、ソウルが火の海になり日本にも被害が及ぶことが予想される中、米軍は本当に北朝鮮を攻撃できるのかという視点で青山議員に意見を求めていました。

 すると青山議員は自身が国会議員だという立場による縛りがあるとの前提を踏まえた上で日米双方やイギリスまでが考えていること全体をまとめた形で話をするとした上で、米軍側にとって一番の脅威が日本にある、との見解を示したのです。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_



 スパイ防止法もない日本には「武装したコアな北朝鮮の工作員が400~500人レベルを含めて自在に動いている」ため、これらが動き出した時に在日米軍基地や原発を始めとする国内の社会的なインフラがどれほどの被害を受けるかについては米軍でもシミュレーションできない、と青山議員は指摘するとともに「これが実は最大のネックになってるんですよ」と語っていました。

 また、その後も青山議員は米軍が設定しているという北朝鮮の核問題に関する期限についても触れ、5月の段階では2年としていたものが直近の話では更に短縮されていると述べ危機感の高まりを窺わせていましたが、その一方でこうした状況下においても森友学園問題や加計学園問題ばかりに夢中の日本の国会を見て米国は「ビックリ」「よくこんな話を今してるなぁ」と感じているとも明かしていました。

◆青山議員の発言

 青山「実は包括的に攻撃した時の北朝鮮の反撃の度合いっていうのは、今敢えてティラソン国務長官やマティス国防長官がおっしゃってるほどではない、というのがシミュレーションの結果なんですよ。

 でも一番の脅威は、米軍が全然手を付けられない脅威がこの日本にあるのは、御存知の通り日本にはスパイ防止法すらありませんから、北朝鮮の工作員が、実は武装したコアな、おそらく400~500人レベルを含めて、現状でも自在に動いてるわけです。

 それで、警察庁の外事情報部っていうか警察庁の警備部門である程度把握してたりするけれども、実は中に踏み込めないんで、いることはわかってるけれども活動が全部はわからない工作員が世界で一番日本に集中してるわけです。アメリカにもいますし、それから遠いイギリスにもいるんですけれども(山本「もともとスパイ天国ですもんね、日本は」)全くそうです。かつて自由民主党の伊藤宗一郎、衆議院議長になった伊藤さんなんかがスパイ防止法やろうとしたら自民党の中からも足を引っ張られて、僕まだ記者時代でしたけれど。

 以来全然試みもないわけで。それから、今回の国会なんかも北朝鮮も中国も韓国もよく見てて、要するに憲法改正すらまともに出来ない。だからアメリカもそういう意味では同じ懸念というか考えを持ってて、要するにその、半島有事になった時に、今(山本)一太さんがおっしゃった通り、金正恩委員長が例えばアメリカが斬首作戦成功しても、遺体を完全に見せて、オバマ-ビンラディンとは真逆に亡くなっているって見せてもなお、特に日本に潜伏している工作員は予め暗号コードで動くようになってますから。

 でその暗号コードも自由気ままに今もこの辺を、永田町を飛び交ってるし、ネット上も勿論あるし。だから昔と違って無線機使わなくてもネットで簡単に指示できる状況になってて、それが一斉に動き出すと、在日米軍基地、あるいは日本の原子力発電所を始めとする社会的インフラがどんな被害を受けるか。これ米軍はシミュレーション出来ないんですよ。これが実は最大のネックになってるんですよ。」

(中略)

 青山「間に合わないですこのまま行くと。僕が米軍から感じてるのは、出来るだけ戦争したくないのも軍の真実なんです。自分達が死ぬから。いつかはしないと持たないのも本当だけどしたくないのも本当で、でも全部合わせるとWithin Two Years、この2年の間に北の核能力は排除するつもりです最後は戦争に訴えてでも。(山本「それはアメリカってことですか?」)アメリカから見て。でもそのWithin Two Yearsってのは今年の5月の段階で、この夏に僕はまた太平洋司令部へ行くんですけれど、事前に伝わってきてるのは、『Mr.Aoyama、あれはもう(手を広げ期間を圧縮するポーズをしながら)こんなんなったよ』って。『あなたが司令官とか色んな人と話した時の、2年間の間にはやらざるを得ないって言ってた話がね』司令官がそう言ったわけじゃないですよ?そういう印象だったやつが今は(更に両手の幅を狭めて)こんなんなったよ、と。ね?っていうから『要するにあなた方が言いたいのは間に合わないぞって言ってるのか』と言ったら『間に合わない』と。『何とかしてくれ』と。だからもりそばかけそばっていうのはアメリカにとってもビックリなんですよ。よくこんな話を今してるなぁ、と。」

引用:BuzzNews.JP

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://temyg3.blog.fc2.com/tb.php/3090-089dd6b8