2017-08-08 14:31 | カテゴリ:科学技術研究開発家電
■EV電池 走行距離2倍 GSユアサ、ガソリン車並みに

2017/8/8 日本経済新聞

 GSユアサは電気自動車(EV)が1回の充電で走れる距離を2倍に伸ばす新型電池の量産を2020年にも始める。現行の一部EVはフル充電でもガソリン車の半分程度の距離しか走れなかった。新型電池で走行距離をガソリン車に近づける。EVは充電設備の少なさが課題とされている。技術革新によりEVの実用性が高まり、普及が加速する可能性がある。

電気自動車の電池の充電

 三菱商事などと共同出資する電池製造会社、リチウムエナジージャパン(LEJ)が開発する。20年にも滋賀県のLEJの工場で量産し国内や欧州の自動車メーカーに供給を始める。価格は現行製品並みにしたい考え。

 LEJ製のリチウムイオン電池を搭載する三菱自動車のEV「アイ・ミーブ」の走行距離は約170キロメートル。新型電池の容量は2倍となり同サイズの電池を載せた場合、約340キロメートルに伸びる。ガソリン車が1回の給油で走る距離に近くなる。

 リチウムイオン電池は正極と負極の間をリチウムイオンが行き来することで電気を取り出したり充電したりする。新型電池では正極材と負極材の素材の配合を変えて多くのリチウムイオンをためられるようにして容量を増やした。

 GSユアサは車載リチウムイオン電池で世界4位。世界首位のパナソニックを含め日本の車載電池メーカーは品質や性能で先行する。ただ中韓勢も追い上げてきており、価格競争に巻き込まれないためにも電池の性能向上が欠かせない。

 英国やフランスが40年にはガソリン車やディーゼル車の販売を禁止する方針を表明するなど、世界中でEVの需要拡大が予想されている。GSユアサも新型電池を軸に供給先の拡大を図る考えだ。

引用:日本経済新聞


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://temyg3.blog.fc2.com/tb.php/3106-dd7075d2