2017-08-12 00:00 | カテゴリ:報道問題
■TBS「ビビット」が「人の皮を被った化け物」と報じたホームレスを直撃 男性の意外な素顔とは…

2017.8.11 産経ニュース

調布市の多摩川河川敷のホームレス(200x247) 多摩川河川敷に住み、犬を多頭飼いするホームレスの男性(70)について、TBSが「犬男爵」「人間の皮を被った化け物」などと報じた。TBSは「やらせ」や不適切な表現があったことを謝罪したものの、男性に付いたイメージを払拭するものではない。果たしてどんな人物なのか。この男性を直撃してみると、意外な素顔が垣間見られた。(社会部 天野健作、写真も)

(4月4日に掲載した【ウワサの現場】を再掲載しています)

◆竹やぶに住むホームレス

 東京都調布市の多摩川河川敷の竹やぶの中に目指す場所はあった。周囲は公園で、ジョギングする人や弁当を広げ談笑する家族連れもいた。電話などでアポが取れるはずもなく、直撃するしかない。

 ワン、ワン、ワン。ごみなどが散乱した竹やぶに一歩足を踏み入れると、盛んに犬が吠え始めた。

 すみません-。入り口とおぼしき板の前で声をかけるも、音沙汰なし。さらに踏み入れると犬の吠え声が一層大きくなった。すると、帽子をかぶって汚れた服装の男性が出てきた。こちらが名乗って話を聞きたいと告げると、「ちょっとそちらへ出ましょうか」。すんなり取材を受け入れてくれた。竹やぶから少し離れると、犬の吠え声がぴたりとやんだ。

 「報道は自由ですが、そういう取材は許されないことです。私は頭がよくないから、相手が『怒鳴ってくれ』と言うので、それに応じました

 男性はTBSの取材姿勢に怒りを表すとともに、やらせの実態を訥々と語り出した。穏やかで丁寧な口調で、報道との落差にがくぜんとした。そのTBSの報じ方とはどういうものだったか。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_



◆TBSの陥った過ち

 TBSの朝の情報番組「白熱ライブ ビビット」は1月31日、多摩川河川敷に住むホームレスの現状について特集を報じた

 多摩川に住むホームレスを「リバーサイドヒルズ」と表現した上で、「犬の予防接種の義務を放棄し、多頭飼育する新たな問題が浮上」と問題提起した。

 冒頭、リポーターが現場を取材していたところ、この男性が「何やってんだ!勝手に入りやがって」と怒鳴る場面があった。そこに「犬たちを束ねる長(おさ)、その名も犬男爵」とテロップ。「人間じゃないんだ」「人間の皮を被った化け物」という周辺住民のインタビューも紹介される。リポーターがわざとらしく、マネキンのような首の部分につまずいて転ぶ場面もあった。

 問題はやらせだ。冒頭の男性が怒鳴る場面は、男性が事前に、コンビニの缶コーヒーを飲みながらスタッフと撮影を打ち合わせていたという。

 TBSの武田信二社長は3月29日の定例会見で、「不適切な内容だった。視聴者や関係者に改めておわびしたい」と謝罪した。

 TBS広報部に見解を聞くと、今回の報道についてホームページに公表した通りだという(既に削除)。それによると、「犬の多頭飼育の問題点を伝えると同時にそうした暮らしをせざるを得なくなっている男性の境遇や心情にも迫ろうとした」と番組の趣旨を説明。しかし、批判を受けたことから放送内容と制作過程を改めて検証した結果、「取材した男性を傷つける表現や取材手法に不適切な点があった」と認めた。やらせ報道についても認めた上で、「男性をすぐに怒鳴り散らす粗暴な人物と印象づける結果となり、不適切な手法だった」と謝罪した。

◆福島出身、娘も孫も存在

 「今は福島に帰りたいと思ってます」。男性は福島県郡山市出身で、小学校の頃は「理科が好きだったが、勉強は嫌いだった」。中学3年まで福島にいた後、東京都世田谷区に引っ越した。<

 建設現場でコンクリートを打つ仕事などをしていた。エンジニアをしていたこともあり、福島の原発問題にも関心がある。15年ほど前に事業に失敗し、ホームレスになった。以前は東京都狛江市の河川敷にいたが、3年ほど前に調布市の多摩川河川敷に移ってきた。

 東京都内に娘や孫もいる。「ある程度、娘とかにきちっとしてあげたい。犬がいるから世話になれない。これだけの犬がいるので。花火のときには娘たちもここにくる。どこへ行ったって、ホームレスは迷惑をかけるもの」と寂しそうに話した。

 普段は空き缶を拾って換金して生活しているという。飼っている犬は11匹。犬の餌を買いに行く毎日だという。

 取材中、尻尾を振ってマルチーズらしき犬が駆け寄ってきた。「さくら!外出たらダメでしょ」。首を下に向けたままのチワワもトコトコと歩いてくると、男性は抱き上げた。「虐待されたかもしれない。首が上がらなくなっている」。頭を優しくなで上げた。

 11匹の中には、盲目の犬もいる。なぜ犬をそんなに飼うのかと聞くと、「とにかく命ですよ。この子たちは私の財産」と言った。ほとんどが、飼えなくなって持ち込まれた犬だという。

◆退去警告、悩む市

 しかし河川敷に居住を設けることは違法である。調布市によると、これまで一帯にはホームレスが4人いたが、この男性以外の3人は施設に入ってもらうなどして退去が完了したという。

 残った男性に対しては、市が現場に退去を促す「警告板」を掲げたが、市緑と公園課は「話し合いを続けているが、犬もいるし、なかなか難しい」と弱り顔だ。

 この男性については法政大の学生が昨年、取材し映像作品を残している。取材した女子学生は「私が2カ月間取材した男性の人物像と報道内容が全く違うのでびっくりして、心を痛めた」と話した

 学生の作品は「気難しいが、大好きで傷ついたペットを見捨てられない男性」と位置付け、男性の率直な心の内面まで描写していた

 指導した水島宏明・上智大教授(テレビ報道論)は「今回のTBSの報道は人権に関わる。ホームレスは確かに不法占拠しているが、人としてプライバシーを保って生活する権利がある。それが取材で乱暴な形で破られている。襲撃を誘発しかねない報道だった」と指摘した。

               ◇

 「白熱ライブ ビビット」 TBS系列で平成27年3月から平日午前8時~9時55分に生放送されている情報番組。司会は、人気グループTOKIOの国分太一さんと、女優の真矢ミキさん。曜日代わりでお笑い芸人や漫画家らがコメンテーターを務めている。

 TBSの武田信二社長は3月29日の定例会見で、1月31日放送の「白熱ライブ ビビット」で「犬男爵」などと表現したことについて、「不適切な内容だった。視聴者や関係者に改めておわびしたい」と謝罪した。放送後、「差別や偏見を招く」と批判が寄せられ、同番組は今月上旬、公式サイトなどで謝罪していた

引用:産経ニュース

■TBSでまたヤラセ! 番組のせいでホームレスの男性に被害が!?
2017/02/27公開 8:24


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://temyg3.blog.fc2.com/tb.php/3119-3e207d8c