2017-08-12 16:52 | カテゴリ:韓国
■韓国 弟子に人糞を食べさせ暴行した「人糞教授事件」が話題になっている

 韓国らしいね!

2017/08/07 KNSニュース通信(機械翻訳)

人糞教授事件、「弟子に対する常習的な苛酷行為...求刑結果は?」再照明

 「求刑」が世間の話題として浮上している。

 7日、「求刑」が主要なポータルサイトのリアルタイム検索語ランキングの上位に浮上し、過去の求刑と判決事例に対してネチズンたちの関心が集まった。

 京畿道の大学教授として在職していたチャン某氏は弟子が仕事が出来ないという理由で、2013年3月から2年余りの間、人糞を食べさせて数十回暴行した疑いなどで、2015年8月に拘束起訴されて社会的な波紋を呼んだ。いわゆる「人糞教授事件」は、大衆に大きな衝撃を与えた。

 当時、水原地裁城南分院は、2015年11月に開かれた判決公判で、京畿道某大学の元教授チャン某氏に懲役12年を宣告した。

 裁判部は被害者の大小便を被害者に強制的に飲ませ、顔にビニールをかぶせて催涙ガスを撒くなど手法が極悪で、被害者が自殺を試みた後も犯行を続けたのは、人間の尊厳を害した重大な犯罪と宣告の理由を明らかにした

 これに先立ち、検察は犯行を主導した「人糞教授」チャン某氏に懲役10年を求刑した。検察は求刑の理由について、「社会的な地位を利用して弱者の被害者に長期的に野球のバットなどで暴行を加え、人糞を与えるなどの苛酷な行為を行い罪質が悪い」と述べた。

 判決当時、「人糞教授」チャン某氏に検察の求刑である懲役10年よりも長い懲役12年が宣告され、注目を集めた。

 しかし、2016年8月に最高裁3部が暴力行為処罰法違反などの疑いで起訴されたチャン某氏に懲役8年を宣告してネチズンたちの目を引いた。

引用:KNSニュース通信(機械翻訳)


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://temyg3.blog.fc2.com/tb.php/3122-5bf8deb9