2017-08-13 12:00 | カテゴリ:DIY
■自宅の電動芝刈機が壊れた リョービ LMR-2300

 この電動芝刈機は2011年8月にハンズマンで買った「リョービ LMR-2300」です。

 庭の芝刈りをしている途中で全く芝が切れなくなった。モーターの回転音はしている。
ひっくり返してみると、回転刃が回転していない????

 バラしてみるとモーターの回転軸と回転刃の回転軸がずれている、どうも、減速機が付いているようです。

芝刈機修理01(470x352)

 このように一見ブラックボックス化しているような造りの場合は中の部品は半永久に壊れないようにしておかねばなりませんが壊れました。

さらに減速機をバラしてみると(バラすのが大変だった)

芝刈機修理02(470x324)        ------切れていたベルトの残骸。

なんと、ベルトが切れている。

 早速、ハンズマンへ行きベルトの注文を入れると、今は盆休みだから休み明けの21日にメーカーと話をしてみますとのこと。

ええぇ 21日、長い盆休みだな~

くううぅ~

 このリョービの電動芝刈機は2011年8月に買ったので、まだ6年前。以前はナショナルの電動芝刈り機を20年ほど使っていたが、そろそろ買い換えようと思い買い替えたのでした。

 ナショナルの芝刈機よりちょっと安かった。アハハ o(^▽^)o
 ナショナルでは20年間別に問題はなかった。

 6年でベルトが切れるということは次に切れるのはさらに6年後(12年)で部品は無いかもしれません。

関連記事 DIY 修理
自宅の電気グリル鍋が壊れた、修理に282円


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://temyg3.blog.fc2.com/tb.php/3124-07533e7d