2017-08-13 14:46 | カテゴリ:歴史
■【歴史戦】ソウル・竜山駅前にやせ細った「徴用工像」設置 仁川の三菱工場跡にも さらなる設置計画も

2017.8.12 産経ニュース

 韓国は有りもしない捏造で「慰安婦像」や「徴用工像」を次々作っている割には読売新聞社と韓国日報社の共同世論調査で、今後の日韓関係について
 日本では「良くなる」は5%、続いて「悪くなる」が20%、「変わらない」が70%で最も多かった。
対する韓国では「良くなる」が56%と過半数を占め、「変わらない」32%、「悪くなる」7%の順だ。
日本5%vs韓国56%…なぜ韓国人は「日韓関係は今後良くなる」と考えるのか、不思議だ!


12日、ソウルの竜山駅前に設置された労働者像(共同)
ソウルの竜山駅前の労働者像(470x705)

 【仁川=名村隆寛】日本の朝鮮半島統治時代に「強制された」という「徴用工の像」が12日、韓国国内で初めてソウル市内と近郊の仁川(インチョン)市内に設置され、除幕式が行われた。

 ソウル・竜山(ヨンサン)駅前の像はやせ細った男性の姿。仁川の公園内に置かれた像は徴用工の父娘をイメージしたもので、造兵廠で他の徴用工らと労働争議をし獄中生活を強いられたという男性(故人)と、実在の女性がモデルになっている。

 韓国メディアによれば、仁川の現場一帯には戦前、三菱の軍需工場があったという。現場の公園には「慰安婦像」も設置されている。

 韓国では市民団体や労組などが、ソウルの日本大使館や釜山(プサン)と済州(チェジュ)島の各日本総領事館の前に徴用工像を設置する計画をそれぞれ進めている。また、「慰安婦の日」の14日には各地で、慰安婦像の新たな設置や関連行事が予定されている。

引用:産経ニュース


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://temyg3.blog.fc2.com/tb.php/3125-32f4a74f