2017-08-18 12:00 | カテゴリ:科学技術研究開発家電
■「世界よ、これが日本の移動体だ」と言わんばかりの携帯可能・世界最小電気自動車「WalkCar」

 世界初のカバンに入れて携帯できる「持ち運べるクルマ」というコンセプトのハードウェア「WalkCar(ウォーカー)」が日本発、世界に向けて飛び立とうとしています。

 WalkCarがいかに画期的でクールなのかは、以下のムービーを見れば一発で分かります。

カバンに入るクルマ | WALKCAR ウォーカー | COCOA MOTORS.Inc.
2015/07/15公開 2:18


 WalkCarは東京の渋谷に本拠を構えるcocoa motorsが開発する世界最小の電気自動車。2015年10月にクラウドファンディングサイトKickstarterで予約販売を受け付ける予定です。

 セグウェイよりもある意味クールな移動体「WalkCar」が世界を席巻するのか、Kickstarterプロジェクトの動向に要注目です。


■トヨタの体重移動で自由自在に走行が可能なモビリティ「Winglet(ウィングレット)」

 カラーバリエーションは全5色。オレンジ・グリーン・ブルー・エメラルドグリーン・パープル。いずれも非常にきれいなメタリックで近未来的なデザインです。

トヨタ「Wingle(ウィングレット)」の操縦方法はこんな感じ
2013/10/01公開 1:06


 ウィングレットの操作のコツは、ハンドルではなくステップ。ハンドルでも操作可能ですが、ステップに神経を払って操縦する方が安定します。

 ウィングレットには「ショートタイプ」と呼ばれるハンドルなしのモデルも用意されいます。ショートタイプはステップの体重移動のみで操作します。

 ウィングレットは家庭用の100Vのコンセントから充電可能です。

 ウィングレットは最高時速6キロメートルで走行が可能で、1時間の充電で約1時間およそ4キロメートルの距離を走ることができます。なお発売は未定となっています。


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://temyg3.blog.fc2.com/tb.php/3144-2d93cef1