2017-10-07 14:46 | カテゴリ:国内
■「外国人参政権に大反対」中国出身の帰化日本人からのメッセージ

2017年10月02日 大紀元

 「帰化人として外国人参政権大反対。中国民主化支持。中共がいる限り、日中友好は日本人の片思いにすぎない。 在日中国人永住も帰化も勇気を出して声をあげよう。人間として少しでも良識が残っているなら、中共をかばってはいけません!」

 これは、フォロワー5700人以上、毎度のツイートは数百回転載されている、注目Twitterユーザの地蛋(ジダン)さんのプロフィール文章の一部。地蛋さんは、日本に帰化した中国出身者。十数年前に中国を出て日本の中部地方に渡り、今は日本企業に勤めている。

 地蛋さんは、報じられることのない中国国民たちの「生きづらさ」を数十秒~数分の短い動画とメッセージとともに、伝え続けている。

 紹介される動画は、苦境にあえぐ中国国民の日常を映している。当局の強制土地収用に遭い、抵抗したため血まみれになるまで殴られる老人。横暴な警官により屋台を破壊されてしまう露天商。武装警察と丸腰の市民との対峙。地方から来た陳情者でごった返す、北京中心地にある陳情受付事務所(信訪局)など。

 情報統制の厳しい中国国内はもちろん、日本国内でも、こうした中国国民の声はあまりマスメディアは取り上げていない。

 「とても貴重な映像だ、中国の真実が映っている」「どうして中国はこんな風になってしまったのか」「日本は中国と付き合っていけるのか」と動画を見た日本のTwitterユーザたちは、隣国の状況を憂えている。

 なぜ、中国国内の様子を訴え続けるのか。大紀元の取材に応じた地蛋さんは、複雑な想いを語った。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_



◆無知と無関心ではいけない

 「世の中、無知と無関心はとても怖いものです。本質を知った以上、伝える必要があるんです」地蛋さんはこう述べた。

 中国では、共産党当局に「不都合」と見なされた社会現象は封殺されていく。たとえば2015年の夏、人権弱者を擁護し続けた300人以上の弁護士たちが、全国で大量拘束された事件は記憶に新しい。中国国内の閉塞感を世界にさらした。

特集:「709」人権弁護士一斉弾圧

 情報封鎖の厳しい中国国内だが、義憤に駆られた有志者は、ネットを利用して、共産党統治下の中国における問題を伝え続けている。地蛋さんもその一人で、中国のソーシャルサイトの専門グループに所属し、共産党が情報統制する対象となるような動画を、いち早く収集して編集し、拡散させている。

 暴走する警察車両が女性を轢いたり、老人にさえ暴力の手を緩めない警官。目に余る動画もある。「本当に嫌な気持ちにはなります。でも良心をもった人権弁護士らは勇気を示しています。彼らだけではなく、民主主義を求める人は大勢います」。

 「声を上げ続けている人たちに、とても影響されました。私たちは黙っていてはいけない、言わなければなりません」。

 動画や情報の拡散活動は、おもに中国国内のネットで中国人向けに行っている。やがて、日本でも報道されない中国の姿であることに気づき、半年前から、日本人と在日中国人向けにも情報拡散を始めた。

◆公安の脅しを受ける情報拡散メンバー

 「言葉狩り」の激しい中国での活動には、リスクがある。地蛋さんが所属していたグループメンバーにも、公安から恐喝されたとの声が上がった。

 数カ月前のことだ。「ある(中国国内)メンバーは、突然、自宅に警官が立ち入り、ネットでの活動を止めるようにとの警告を受けました。奥さんに泣かれて『もう怖い思いをしたくない、やめてほしい』と懇願されたそうです。上海在住の他のメンバーは、職場に警官が来て『これ以上続ければ仕事を辞めさせるぞ』と恫喝された、と聞きました」

 近年、中国のネット言論の検閲は非常に厳しくなっている。中国問題を風刺して人気を博したブロガーたちのぺージはほとんど閉鎖された。ソーシャルサイトは実名制が今年10月1日から施行され、ハードウェアには監視システムがあらかじめ導入されている。実際、ネットの発言で逮捕されるケースもある。2016~2020年の「第13次5カ年計画」には、新しく「ネット世論の管理、コントロールの強化」が盛り込まれた。

 TwitterやFacebookなど海外SNSならば、中国当局が「好ましくない」とみなす動画であっても拡散は容易だ。ツイートが消されることも、批判を浴びることも少ない。しかし、「中国の場合はとても大変です。動画は数十分もしないうちに(検閲され)削除されてしまうし、愛国者を自称するユーザには『デマを拡散するな』と罵声を浴びせられます」と地蛋さんは述べる。

 中国のネットには、「五毛党」と呼ばれる共産党が雇用する言論統制・世論煽動のためのアルバイトがいるとされる。書き込み手数料が一回につき5毛(0.5元)の小銭であることが、工作員の名称の由来だ。地蛋さんは、彼らが拡散動画を通報し、削除に動いているとみている。

◆助言をしても罵声が返ってくる…モラルの低さ

 地蛋さんは、現代中国人のモラルや法意識の低さにも警鐘を鳴らす。「他人の忠告に耳を傾けようとしません。あなたの乗っている船は沈みそうです、逃げてください、と言っても、お前は何を言っているんだ、沈むのはそっちだ、と逆に機嫌を悪くして、聞く耳を持ちません」。

 こうした現代中国人の精神のゆがみには、中国共産党が「愛国心」「民族主義」を煽りたて、暴力性を引き起こして国内外で闘争を頻発させ、誠実さや希望を奪ってきたことが、一因といわれている。大紀元は社説『共産党についての九つの評論』の第六評:中国共産党による民族文化の破壊で、中国伝統の精神は儒、仏、道三家の教えにより、天人合一や仁義礼智信、慈悲済度が重んじられてきたが、20世紀はじめに無神論を掲げる共産主義、中国共産党が全土を暴力と拝金主義で国民を支配し、腐敗、反目、暴力性、虚言が横行したことで、伝統的な思想は打ち砕かれていったと解説する。

◆帰化人として外国人参政権に反対

 日本は9月末、衆議院解散とともに選挙期間に入った。日本の政党のなかには、政策として、在日外国人に対して参政権の付与を掲げる政党もある。いっぽう、地蛋さんは、プロフィールに「外国人参政権反対」と主張する、有権者の一人だ。

 「あたりまえです。参政権は、日本国民が国に貢献して、国が国民を保護する仕組み。外国人が持つ権利ではありません。例えば、アカの他人が貴方の家の中に入ってきて、リフォームや設計にあれこれ注文をつけても、家族は聞き入れないでしょう?それと同じです」。

 「でも在日の中国人の多くは、帰化を選ばず、永住権を選んでいます。彼らには日本への帰属意識はない。日本社会にいるのに、日本を良くしたいという意識もない。『中国に帰ったらいい』と言っても『帰りたくない、日本がいい。でも参政権は欲しい』と言うのです。おかしな話です」。

 外国人が参政権をもてば、日本の国益を優先せず、出身国の利益のために、日本の税金を源泉にして活動できる外国人議員の誕生を許可することになる。

 日本では、永住権取得には10年以上の滞在、国籍取得には5年以上の滞在と、法務大臣の許可や書類審査を通過しなければならない。日本は二重国籍を認めていないため、中国人が帰化するならば中国籍を放棄することになる。中国メディアによると、中国人が比較的容易な帰化を選ばないのは、中国で不動産購入ができなくなりビジネスが難しくなることや、日中関係が悪化すれば、反日思想の影響で、日本で疎外感を感じたり、中国人から罵声を受けることになるからだと伝えている。

 しかし、地蛋さんはこうしたリスクを踏まえて、日本国籍取得を選択した。「日本に来て、私は初めて人権を手にしました。現代社会で、自由であり、人間らしい生活を送れるということは、人権を手に入れることです。これは中国や北朝鮮では実現できないのです」

 「人の自由意志を尊重できる自由主義の法治国家でなければ、本当の人権意識は生まれません」。

 人権迫害と自由な生活を虐げられた中国の人々の声を、今日も、地蛋さんは伝え続けている。
(文・佐渡道世)

引用:大紀元


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://temyg3.blog.fc2.com/tb.php/3347-7e5a2827