-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-12-08 17:28 | カテゴリ:韓国
■仰天スクープ 韓流ブームの落とし穴「ヨン様」韓国ツアーで“レイプ強盗”続発!

2004/12/06 日本が好きなだけなんだよ

週刊実話_2004年10月7日号(200x280) 「実は、日本では報道されていませんが、韓国国内で、日本人の女性観光客をターゲットにした犯罪が多発しているんです」

 つい先日も、こんな事件があった。前出の日本人ジャーナリストが続ける。「9月12日の早朝、大邱(テグ)の3ツ星ホテルに宿泊していた24歳のOLの部屋に、ホテルの従業員が合鍵を使って侵入。彼女をナイフで脅して現金を奪ったあと、無理やりレイプした疑いで逮捕されています。被害にあった女性は、女友だちといっしょに、『冬のソナタ』のロケ地を観光めぐりするために韓国を訪れていたそうです。容疑者も、その後の取り調べで、彼女が部屋に1人で泊まっているのを知っていたから狙った、と供述していると聞いています」

◆韓国旅行で妹がレイプされた!!

15: 名無しさんの冒険  2004/12/06(Mon) 23:17
聞いてください
 この間、ソウルに旅行に出かけた妹が、見知らぬ男たちに輪姦され、ボロボロになって帰ってきました。妹は今でもショックで家に閉じこもったままです。彼女の話によると、ソウルで買い物していると、日本語で優しく声をかけてくる男が現れ、安い店を教えてやろうというのでついて行ったところ、変な所に連れ込まれ、集団でレイプされて有り金を巻き上げられ、ビデオにまで撮られたそうです。妹は警察に駆け込みましたが、驚くほど冷たい対応で、あげくに「歴史教科書を 歪曲するおまえら倭豚が悪い!」と罵られたそうです。そこで妹は日本大使館に救いを求めて、そこでようやく日本人女性を狙った同様のレイプ事件が多発していることを知ったそうです。

 大使館の人の話によると、韓国の警察は日本人が被害者だとまったく捜査しないそうです。レイプ犯たちもそれを知っててやりたい放題で、「日本人レイプもの」と銘打ったビデオがマーケットで堂々と出回っているそうです。なぜこんなことがまかり通っているのに、日本では報道されないのか?私は不思議に思ってテレビの報道局に勤めている友人に尋ねました。すると、韓国と韓国人について少しでも否定的な報道をすると、明らかに組織的と思われる数千人、否数万人?規模の電話やファックスによる抗議活動や 経営者宅に対する暴力団等による脅しが行われ、例えば2日間抗議が続くと年間の売上が1%も低下するので、やむを得ず「友好を促進する」報道以外しないという暗黙の了解がマスコミ各社に出来ているのだそうです。

 みなさん、こんなヒドい話があるでしょうか? こういう事件が表にでないせいで、私の妹は今も廃人同様です。悔しくて仕方ないですが、少なくとも、皆さんは自衛を心がけて韓国旅行に行ってください。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_



◆韓国でのレイプ体験(Yahoo掲示板より )

 8年ほど前にソウルに友人6名と旅行に行きました。とある旅行会社のパックツアーだったのですが自由時間が多く往復の飛行機などの交通手段とホテル以外では他のパックツアーの方々とはお会いすることはなかったです。ソウルでの二日目に東大門に行きました。一通りショッピングを楽しんだ後、友人4名はそのままショッピングを続け、私はもう一人の友人と梨泰院に向かう為、別行動を取ることとなりました。私達二人は梨泰院に向かう前に休憩を取ることにしたのです。 雑踏を少し外れた路地に伝統的な佇まいの喫茶店を見つけました。私と友人は、薄暗い喫茶店の中、韓国茶を楽しみながら今後の経過を打ち合わせていました。店内には私達以外には7、8名の韓国人の男性グループが一組いただけでした。

 彼らは日本語でしゃべっている私達を椅子に座ったまま振り返るように眺めながら何事かを話し合っているようでした。その時は、私と友人のスタイルに見とれているのかしら?ぐらいにしか思っていませんでした。そろそろ梨泰院に向かおうということで席を立とうとした瞬間、あたりのただならぬ雰囲気に気がついたのです。今考えると馬鹿なことですが、私は行く手をさえぎるように立っている若い韓国人男性を見たとき、もしかして、これが旅の素敵な出会いになるのかしらと一瞬思ってしまったのです。彼らは、韓国語で何かを叫びながら私達二人を力ずくで押し倒し、私はテーブルの上に、友人は床の上にそれぞれ体を押さえ込まれてしまいました。両手両足の自由を奪われ、衣服を剥ぎ取られながら、私は日本語で助けを求めながら店内を見渡したのです。

 ところが、店主も店の従業員の女性達(!)も薄笑いを浮かべながらただ私達を見ているだけでした。とても長い時間、韓国人達は代わる代わる私の上に体を合わせてきました。薄笑いを浮かべ、時折韓国語で何かを話し掛けてきました。また、時には唾を顔に吐きかけられました。もちろん、避妊などしていません。三人目が体を合わせてきてから後は良く覚えていません。ただ、私は、早くこの時間が終わってほしいと考えていました。床に押し倒されている友人の姿は見えませんでした。ただ、友人はずっとすすり泣きながら「止めて」を繰り返していたのを覚えています。私達が開放されたとき、既にあたりは真っ暗でした。私と友人はフラフラになりながらやっとの想いでホテルにたどり着きました。ホテルでは友人達が心配そうに私達の部屋に駆けつけてきました。「どうしたの?」「心配してたんだよ」と口々に気遣いの言葉をかけてくれました。 でも、私達は決して何があったかを喋ることはありませんでした。ツアーの残りの日程、私と友人は体調不良を理由に全ての日程をキャンセルし、二人だけでホテルで過ごしました。私は、もう二度と韓国に行く気にはなりません。それどころか日常やテレビなどで韓国語を耳にするだけで体が震えてしまいます。

引用:日本が好きなだけなんだよ

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://temyg3.blog.fc2.com/tb.php/3593-25dd3246
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。