2017-08-19 14:42 | カテゴリ:韓国
■韓国はもはや「内戦」状態… 北朝鮮が全半島を支配する日

2017年8月19日 DIAMOND

櫻井よしこ(200x272) 5月に誕生した文在寅(ムン ジェイン)政権によって、韓国は今後、大きな方向転換をしていく可能性が高い。これにより、同国内にはかなりの混乱が引き起こされるだろう。北朝鮮をも巻き込んだこの動きは、日本にとっても他人事ではない。一体何が起きているのだろうか? 最新刊『頼るな、備えよ――論戦2017』が発売された櫻井よしこ氏が語った。

◆北朝鮮が全半島を支配する日

 「韓国は革命前夜だ」と言ったら、韓国人の洪ヒョン(ホン ヒョン ※ヒョンは火火の下にわかんむりと火)氏が「前夜ではありません。すでに内戦です」と反論した。

 憲法裁判所が朴槿恵(パク クネ)大統領弾劾訴追を承認して、罷免の決定を下したのが今年3月10日だった。保守派はこの判断を合憲だとは認めず、「国民抵抗権」の旗印の下に「国民抵抗本部」を設置し、街頭に出て弾劾を弾劾すると気勢を上げる。

 憲法裁判所の判断を暴力によって覆そうとする試みを法治国家の枠組みのどこに位置づけ得るのか。洪氏はこう説明する。

 「韓国憲法は、国家が正常に機能しない場合、国民抵抗権で立ち上がることを認めています。これは韓国が北朝鮮と対峙して生まれた国家だからこそ設けられた、憲法で保証された国民の権利なのです。北朝鮮の支配下で、ルールだからといって従えば、韓国の自由や民主主義が死んでしまう。そのときに立ち上がる権利を保障したのです」

 いま国民抵抗本部に集まる人々が増えているという。組織の中心軸を構成するのが韓国の陸・海・空の退役軍人の会だ。現役の軍人を除く軍関係者が勢揃いしていることの意味は大きい

 保守派の人々の抱く強い危機感は、5月9日の大統領選挙で文在寅(ムン ジェイン)氏が当選する可能性が高いと言われていた時点から強まっていた。そして実際、文氏は韓国の大統領になった。洪氏はかつてこう語っていた。

 「文氏が大統領になれば、大韓民国は事実上、消滅し、北朝鮮が全半島を支配するようになります

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-08-19 12:00 | カテゴリ:中国
■まるで童話の世界「中国で最も美しい駅」は日本人の手で建てられた=中国報道

2017-08-17 Searchhina

中国の駅_まるで童話の世界日本人が建設(470x470)

 中国は広大な国土を持ち、全土に鉄道網が張り巡らされており、そのため中国には数え切れないほどの駅が存在する。中国にある鉄道の駅舎の形は日本と同じでそれぞれ異なるが、中国メディアの今日頭条は10日、「中国で最も美しい駅は日本人によって建設されたものだった」という記事を掲載した。

 記事が「中国で最も美しい駅」として紹介したのは、内モンゴル自治区にある阿爾山(アルシャン)駅だ。1937年に日本軍が駐屯した際に建設されたものだという。記事によれば、駅舎は「とんがり屋根の2階建て建築」で、1階の外壁は花崗岩を切って敷き詰めた石壁で赤褐色の屋根をしていて、「東洋の風格を持つ日本式の建物」らしい。

 「中国で最も美しい駅」とされる阿爾山駅だが、誰がどのように評価したものかは不明だ。だが、中国では確かに「中国で最も美しい駅」と呼ばれているようだ。今でこそモルタルで補修されているが、この駅舎には銃弾が貫通して出来た穴があり、戦いの名残があるという。

 内モンゴル自治区ヒンガン盟の秘境にある駅だが、「黄昏時に駅から夕日を眺めると、童話の世界に紛れ込んだように感じることができ、それが中国の駅舎の中で最も美しい駅舎の1つ」とされる理由とのことだ。

 記事は、「阿爾山市には、駅舎以外にも、阿爾山国家森林公園、阿爾山天池、石塘林、松葉湖、鹿鳴湖、玫瑰峰、摩天岭などの非常に美しい景色が見られるところがたくさんある」ことを紹介しており、駅も含めて訪れる価値のある場所だと伝えている。

 記事に取り上げられた駅舎が、かつての日本軍によって建設されたことに対しては賛否両論あるだろうが、建築物に罪はない。冬は寒さが厳しそうな場所だが、今の季節は非常にさわやかな風が吹いていて、観光にはちょうど良いことだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)13544322342/123RF)

引用:Searchhina


2017-08-19 00:00 | カテゴリ:北朝鮮
■今、朝鮮半島では戦争小説でも表現できぬ恐ろしい事態が起きようとしている 邦人脱出計画の立案は間に合うか

2017.8.17 産経ニュース

米原子力空母に着艦するF18戦闘機(470x318)
米韓両軍による合同野外機動訓練「フォールイーグル」で米原子力空母「カール・ビンソン」に着艦するF18戦闘機。朝鮮半島情勢は緊迫の度を増している=3月14日(ロイター)

 しゃべり過ぎる…

 「都民ファースト」を標榜する東京都の小池百合子知事でも、学校法人「森友学園」を一躍有名にした籠池泰典氏でもない。在韓米軍や韓国軍が、唖然とするほど「饒舌(じょうぜつ)」なのだ。

 韓国軍関係者が地元メディアを通し、北朝鮮指導部「除去」を狙った、韓国軍隷下(れいか)に入らない米軍特殊作戦部隊の動きをリークするかと思えば、在韓米軍が北の大量破壊兵器(WMD)施設破壊を狙った秘密訓練を明らかにする。過去の事例に照らせば、朝鮮労働党の金正恩委員長への「警告」と断言するところだが、日を追って現実味を増す朝鮮半島有事を考えると、もはや「警告」の時期は過ぎた。

 むしろ、机上に並ぶ数多の作戦計画を小出しにし、部隊移動はじめ、慌てて防衛態勢を変える北朝鮮・朝鮮人民軍の動きを釣り出しているのではないか。籠池氏は衆議院予算委員会の証人喚問で、「事実は小説よりも奇なりであります。私が申し上げていることが正しゅうございます」と強弁した。今、朝鮮半島では、戦争小説でも表現できぬほどの恐ろしい事態が起きようとしている。

◆「特殊部隊中の特殊部隊」の隠密行動までリーク

 在韓米軍は3月14日、「米陸第66機甲連隊第3大隊によるソウル北郊・京畿道議政府市の米軍基地キャンプ・スタンレーでの、北朝鮮の坑道掃討訓練実施」を公表した。北朝鮮の地下坑道を模した施設に侵入し、敵を片付ける訓練で、特に、大量破壊兵器の発射支援施設や貯蔵施設を破壊したり、地下坑道で息を殺す金正恩氏を含む指導部の主要幹部を除去したりする作戦が念頭にある。

 秘匿すべき具体的担任部隊名や訓練地、訓練目的まで事細かに説明する念の入れようだ

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-08-18 16:56 | カテゴリ:韓国
■文大統領の「徴用工に個人請求権」発言に日本メディア反発

2017/08/17 朝鮮日報

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が17日、就任100日を迎えた記者会見で、日本の植民地時代に強制徴用された被害者たちの個人請求権は消滅していないと発言したことについて、日本メディアは一斉に反発した。

 文大統領は会見で「(韓日)両国間の合意が個々人の権利を侵害することはできない」として「両国間の合意にかかわらず、強制徴用された個人が三菱をはじめとする企業などに対して持つ民事的権利は残っているというのが韓国の憲法裁判所と韓国の最高裁の判断」と述べた。

 韓国の最高裁は2012年、強制徴用被害者らの損害賠償請求訴訟で、個人請求権は消滅していないとの判断を示している。

 これについてNHKは「日本政府は韓国との財産請求権問題について、1965年の日韓請求権協定で『完全かつ最終的に解決済み』との立場」と指摘した。

 東京新聞も「韓国最高裁の判例を政府の立場だと明言するのは初めて」だとして「日本政府は、同協定で個人請求権は消滅し、解決済みとの立場。文大統領の発言に反発するものとみられる」との見方を示した。

 TBSも「文大統領は17日、行政の首班として初めて徴用問題について『未解決』との立場を表明した。徴用工問題が今後の韓日関係により大きな影響を及ぼすだろう」と指摘した。

 読売新聞は「韓国政府はこれまで、徴用工への補償について、1965年の日韓請求権協定によって解決済みとしてきた」と指摘した上で「(文大統領の発言は)韓国政府のこれまでの見解を覆すもので(徴用工問題が)日韓関係の懸案となるのは必至だ」との見方を示した。

 時事通信は「韓国最高裁は2012年5月、徴用工の賠償請求訴訟で『(日韓請求権協定では)原告個人の請求権までは消滅していない』と判断したが、文大統領が同じ見解を示したことで、日本企業に賠償を求める動きが今後さらに活発化する可能性もある」との見通しを示した。

キム・ヘギョン記者

引用:朝鮮日報

◆朝日新聞と毎日新聞も調べてみました

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-08-18 14:43 | カテゴリ:慰安婦問題
■【痛快!テキサス親父】韓国の慰安婦資料は疑惑だらけだゼ! 米国立公文書記録管理局職員が指摘した「捏造の疑い」

2017.8.18 産経ニュース

マラーノ氏(手前)は、米国立公文書記録管理局で徹底調査した
テキサス親父_米国立公文書記録管理局調査(470x318)

 ハ~イ! みなさん。俺と親友のシュン(=テキサス親父日本事務局の藤木俊一氏)は先週予告したように、ワシントンDCにある米国立公文書記録管理局に行ってきたぜ。(夕刊フジ)

 ソウル市とソウル大学人権センターが「慰安婦の強制性を示す新たな証拠が見つかった」として公開した資料を調査するためだ。それは、(1)慰安婦と思われる女性7人と中国人と思われる男性5人が映っている18秒の無音声映像(2)日本軍がホテルを慰安所として使い、韓国人女性を性奴隷としていたと説明しているという無音声映像(3)公文書2ページ-だ。

 俺たちは公文書記録管理局には何度も来ている。顔見知りの職員も数多くいる。彼らの紹介で、韓国の調査チームに対応した職員が手伝ってくれた。問題の映像も探し出してくれたぜ。

 まず、(1)の映像だが、全体で10分間ほど、音声のないものだ。デジタル化されており、8分24秒あたりから18秒間程度、韓国側が公表した部分が見つかった。

 驚いたことに、この映像には音声だけでなく、文書などの付属的記録が一切存在しない。つまり、音声も文書記録もない映像に、一方的なナレーションや説明が付けられ、証拠のようにデッチ上げられた可能性があるということだ。

 俺は、韓国側の主張を職員に伝えて、「これは重大なミスか、捏造(ねつぞう)の疑いがあると理解していいか?」と聞いた。すると、職員は「そう考えるしかないな」「何もないところに付け加えたのだから」という返事だった。

 もう1つ、「日本軍が慰安所にしていたホテル」という(2)の映像には、映像番号があり、付属の説明も見つかった。そこには、「以前、日本が使っていた芸者がいたホテルで、現在は、中国軍の補給物資の倉庫になっている」と書いてあった。

 「慰安婦」という文字も説明も一切なかった。つまり、慰安婦とは無関係ということだ。思った通りの結果だった。

 残念なことに、(3)の公文書2ページは現在、デジタル化のために、別の場所に移動していた。作業は11月までかかるという。職員は「特別に探してみて見つかれば、早めに公文書のコピーを送る」と約束してくれた。入手できたら、みなさんにお知らせしようと思う。

 それにしても、職員の指摘通りに「重大なミスか捏造の疑いがある」とすれば、これは大問題だ。韓国メディアは検証した方がいいぜ。

 米国人ジャーナリスト、マイケル・ヨン氏も証言しているが、慰安婦に関する公文書は出尽くしている。そして、一切の強制した証拠がないんだ。いつまで、韓国側はこんなことをするつもりなんだろうな。

 親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。韓国は他国を批判するより、ベトナム戦争での韓国軍による民間人虐殺や強姦事件について調べた方がいいぜ

 では、また会おう!

 ■トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。サラリーマンを定年退職後、動画サイト「ユーチューブ」などで連日、評論活動を行っている。世界のあらゆる“悪”と戦う「プロパガンダ・バスター」でもある。大変な親日家であり、日本でも圧倒的ファンを獲得している。自著・共著に『テキサス親父の「怒れ! 罠にかかった日本人」』(青林堂)、『日本は、世界の悪を撃退できる』(産経新聞出版)など。

引用:産経ニュース


2017-08-18 12:00 | カテゴリ:科学技術研究開発家電
■「世界よ、これが日本の移動体だ」と言わんばかりの携帯可能・世界最小電気自動車「WalkCar」

 世界初のカバンに入れて携帯できる「持ち運べるクルマ」というコンセプトのハードウェア「WalkCar(ウォーカー)」が日本発、世界に向けて飛び立とうとしています。

 WalkCarがいかに画期的でクールなのかは、以下のムービーを見れば一発で分かります。

カバンに入るクルマ | WALKCAR ウォーカー | COCOA MOTORS.Inc.
2015/07/15公開 2:18


 WalkCarは東京の渋谷に本拠を構えるcocoa motorsが開発する世界最小の電気自動車。2015年10月にクラウドファンディングサイトKickstarterで予約販売を受け付ける予定です。

 セグウェイよりもある意味クールな移動体「WalkCar」が世界を席巻するのか、Kickstarterプロジェクトの動向に要注目です。


■トヨタの体重移動で自由自在に走行が可能なモビリティ「Winglet(ウィングレット)」

 カラーバリエーションは全5色。オレンジ・グリーン・ブルー・エメラルドグリーン・パープル。いずれも非常にきれいなメタリックで近未来的なデザインです。

トヨタ「Wingle(ウィングレット)」の操縦方法はこんな感じ
2013/10/01公開 1:06


 ウィングレットの操作のコツは、ハンドルではなくステップ。ハンドルでも操作可能ですが、ステップに神経を払って操縦する方が安定します。

 ウィングレットには「ショートタイプ」と呼ばれるハンドルなしのモデルも用意されいます。ショートタイプはステップの体重移動のみで操作します。

 ウィングレットは家庭用の100Vのコンセントから充電可能です。

 ウィングレットは最高時速6キロメートルで走行が可能で、1時間の充電で約1時間およそ4キロメートルの距離を走ることができます。なお発売は未定となっています。


2017-08-18 00:00 | カテゴリ:韓国
■韓国軍艦島生存者「映画は淡泊であるべき…想像が行き過ぎている」

2017年08月17日 中央日報

 軍艦島の強制徴用被害者チェ・チャンソプさんが映画『軍艦島』を見終わった後、「映画には想像が足されていたようだ」と評した。

 先月26日、チェさんは政府が軍艦島生存者と遺族50人余りを招待した席に参加し、映画『軍艦島』を観覧した。

 その後、今月12日に応じた韓国日報とのインタビューで、チェさんは「強制徴用で連れられて来られた朝鮮人はほとんどが幼い少年だった」とし、映画に登場したソヒのような少女はいなかったと明らかにした。

 また、米軍の爆撃で死亡した朝鮮人の死体を一カ所に集めて燃やす場面に関しては、日本人は韓国人の死体をきちんと処理した後に韓国に帰していたと伝えた。チェさんは「それだけは日本は実に手厚くやってくれた」と回想した。

 チェさんは映画『軍艦島』で、朝鮮人強制徴用者らが協力しあって日本の管理人と相対して戦い、脱出を敢行する内容に関し「全く不可能だ」と断言した。日本人の前では死んだように頭を下げなければならならず、少しでも反対の意を示せば骨すらも残すことができなかったというのがチェさんの証言だ。

 チェさんは「映画はもう少し淡泊であるべきだった」とし「日本人は彼らがやったことそのままに、韓国人もまた彼らがやったとおり映画にするべきだった」として残念な気持ちを表現した。

引用:中央日報


2017-08-17 16:58 | カテゴリ:韓国
■「朝鮮半島問題、韓国が主導的に解決」…ベルリン構想を再確認

2017.08.16 ハンギョレ

南北関係
韓米同盟が安保の礎としながらも「朝鮮半島での軍事行動は大韓民国だけが決定できる」
戦争に対する国民の不安感をなだめながら朝米に対し平和的解決を表明
「北朝鮮の崩壊・吸収統一は望んでいない」

韓国72周年光復節記念式典(470X285)
今月15日午前、ソウル世宗文化会館で開かれた72周年光復節記念式典に出席した文在寅大統領夫妻と出席者たちが、国旗に対する敬礼をしている。同式典には日帝強制占領期強制動員被害者や「慰安婦」被害者ハルモニも出席した=大統領府写真記者団//ハンギョレ新聞社

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が15日に行った光復節記念式典での演説には、行き詰まった南北関係を突破する新しい提案は盛り込まれなかった。代わりに、朝鮮半島危機の平和的解決の意志を強調し、北朝鮮の核問題など、複雑に絡み合った朝鮮半島状況の解決に向けた基本原則などが再確認された。最近、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射と国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議案の採択、北朝鮮の「グアム包囲射撃」の威嚇などで一層険悪になった朝鮮半島の安保の現実を反映したものと見られる。

◆「すべてをかけて戦争を防止する」意志を表明

 文大統領は、朝鮮半島の危機を韓国が主導的に克服していくという意志を明確に示した。グアムをめぐる朝米間の衝突が朝鮮半島に飛び火しかねない状況で、積極的に乗り出して平和を守っていくということだ。文大統領は、これまで北朝鮮の核問題や朝鮮半島の分断を克服する過程が平和的な手段によって成し遂げられるべきと何度も明らかにしてきた。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-08-17 14:35 | カテゴリ:軍事国防
■日本が太平洋戦争に総額いくらを費やしたか、知っていますか 国家予算の280倍、今で換算すると…

2017/08/16 週刊現代

太平洋戦争_軍隊(470x165)

 毎年、この時期になると太平洋戦争に関する話題がメディアで取り上げられる。あの戦争については様々な解釈が存在しているが、そのほとんどが政治的な視点か軍事力によるものであり、経済的な視点での議論は多くない。

 だが歴史を振り返ると、戦争と経済は切っても切れない関係にあり、経済力は戦争遂行能力そのものであるというのが現実だ。経済という切り口で太平洋戦争を振り返った時、何が見えてくるだろうか。

◆国家予算の280倍をどう用意したのか

 戦争に多額の費用がかかることは多くの人が認識しているが、実際にどの程度の金額が戦争に費やされるのかについて詳しく知る人は少ない。

 突出して規模の大きかった太平洋戦争には、いったいいくらの戦費が投入されたのだろうか。実は、太平洋戦争における戦費の実態はよく分かっていない。戦争中といっても、日本政府は毎年予算を組み、記録も存在している。それでも金額がはっきりしないのには主に二つの理由がある。

 ひとつは軍部が暴走し、東南アジアの占領地域において軍票(手形の一種)や独自の現地通貨を乱発し、この財源をもとに資金を現地調達したため、その分の金額がはっきりしないことである。

 もうひとつは、太平洋戦争が日本経済の基礎体力を完全にオーバーした戦争であり、これによって激しい財政インフレが発生。戦争期間中からすでに日本円の貨幣価値がかなり毀損してしまったからである。

太平洋戦争_海戦(470x313)

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_

2017-08-17 12:00 | カテゴリ:生物動物ペット
■日本兵と心を通わせた豹「ハチ」の物語

2017.08.15 NEWSポストセブン

成岡正久小隊長に拾われた豹「ハチ」(470x617)

 人類史上最悪の死者6000万人という犠牲者を生んだ第二次世界大戦。だが、犠牲となったのは人間だけではない。人間以上の悲劇が生まれていたのが、動物の世界だった。戦場で出会い、深い絆で結ばれ、ともに戦った“同志“でさえも、「人間の都合」で次々に殺されていく。中国大陸に進出したある日本兵部隊と雄豹の2年6か月の物語が、人間の根源的な優しさと戦争の悲惨さを、痛いほどに伝えてくる――。

 30人を超える小学生が、大きな豹の剥製を前に、身じろぎもせず聞き入っている。

「寝る時も、お風呂の時も、“この子”は常に兵隊さんと一緒でした。夜の見張りで心細い兵隊さんを訪れ、勇気づけました」

 語りかける声に真剣に耳を傾け、次の言葉を待つ子供たち──。

 8月15日の終戦記念日を間近に控えた7月30日の昼下がり、高知市の「子ども科学図書館」で、ある紙芝居のイベントが開かれた。画用紙30枚に描かれたのは、一匹の豹の物語。読み手の指導員が紙をめくるごとに、水玉模様の豹が躍動する。

 人間に救われ、人間とともに生きたその豹の生涯に、子供たちは胸をときめかせる。だが、終盤が近づくにつれ、その表情は徐々に悲痛なものへと変わっていく。74年前、第二次世界大戦真っ只中の日本で、人間と動物を巡る悲しい出来事があった。

 酷暑で知られる高知の夏。太平洋高気圧と南からの湿った空気に覆われ、例年、猛暑日が20日以上続く。

 その中心地である高知市の市街地に、「はりまや橋」と呼ばれる一本の橋が架かっている。わずか10mのその赤い橋のすぐそばには、4月に亡くなった歌手のペギー葉山さん(享年83)直筆の記念碑が置かれ、鯨のモニュメントが川縁を泳ぐ。

 観光客が入れ替わり立ち替わり写真を撮っていく橋の真ん中で、日傘を差してじっとたたずんでいる高齢女性がいた。話を聞くと、東京から1泊2日で来たという。

「私が小さな頃、ペギーさんの『南国土佐を後にして』という歌が大流行しまして。その歌の縁の地である高知は、死ぬまでに一度来たかった。予想以上の暑さに参っていますけど(苦笑い)」

 75才という年齢で初めてこの地を踏んだ彼女は、時折水を飲みながら喜々として話す。その時、記念碑のスピーカーから大音量で『南国土佐を後にして』が流れてきた。

 橋の人々の会話が聞こえなくなるほどの大音響である。1日13回、決まった時間に流れるという。

記事の続き有り 「>>続きを読む」からどうぞ ~( ^-^)_